本文へ進みます

モトクロス世界選手権 MXGP

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどMXGPクラスに関する情報をお届けします。

Rd.08 5月20日 ドイツ

RACE DATA

■概要
■大会名称:2018年第8戦ドイツGP
■カテゴリ:MXGP
■開催日:2018年5月20日
■開催地:トイチェンタル(1540m)
■天候:晴れ/気温25℃
■観客数:30,000人

REPORT

ロマン・フェーブルが総合5位

FIMモトクロス世界選手権第8戦はドイツのトイチェンタルで開催された。Monster Energy Yamaha Factory Racingのロマン・フェーブルとジェレミー・ファン・フォルベークはそれぞれ5位と14位という結果に終わった。

第1ヒートでファン・フォルベークとフェーブルはターン1にトップ5圏内で進入する。1周目、フェーブルは4位にあがるべく、チームメイトを強引にパスしようとした。ファン・フォルベークは、押し出されるようにラインを外れ、C・ドゥサル(カワサキ)A・カイローリ(KTM)の先行を許してしまう。フェーブルは腕を負傷していたが、前を行くG・ポラン(ハスクバーナ)との差を詰めてゆく。フィニッシュまで残り2周となったところで、フェーブルはG・ポランより1.5秒速いラップタイムで猛追するが、これをパスするには時間が足りず、そのまま4位でフィニッシュした。トイチェンタルは、そのタイトでツイスィなレイアウトで追い抜きが難しいサーキット。Wilvo Yamaha Official MXGPのジェレミー・シーワーは第1ヒートを11位でフィニッシュした。

第2ヒート,3台のYZ450Fは、驚異的なスタートを見せた。すべてがトップ7内で1コーナーを通過し、フェーブルは4位につける。ジェレミー・シーワーははじめ4位を走行していたが、ターンでバイクをストールさせてしまう。ファン・フォルベークは7位にいたものの、ヒルサイドのヘアピンでバランスを崩し、他のライダーに側方からからんでしまう。フェーブルは、第1ヒートを再現するかのようにポランを追撃するが、残り2周となったところで転倒。ハンドルバーを曲げてしまう。それでもフェーブルは再走して7位でレースを終え、総合結果では5位に入った。ファン・フォルベークは痛みによりレースに復帰することはなかった。シーワーは11位でフィニッシュ。総合10位となった。

GP第9戦(全19戦)は英国、ウインチェスターのマターリー・べイシンで6月3日に開催される。

RESULT Race.1

RESULT Race.2

RIDERS RANKING

CONSTRUCTORS RANKING

COMMENT

Monster Energy Yamaha Factory Racing

ロマン・フェーブル選手談(4位/7位:総合5位)

「このレースでは可能な限り多くポイントを獲る、という目標を持って臨みました。腕がまだかなり青くて硬直しているので結果についてはあまりポジティブにはなれなかったからです。何度かうまい追い越しをして、4位につけたのは良かった。あと一歩で表彰台にも上がれたはずです。表彰台にはすごく上がりたかったけど、最後にポランを捉えようとした時、ジャンプの着地のところにあったわだちで転倒してしまいました。バイクが曲がってしまって、僕自身も足を痛めた。でも、腕の負傷もあったにも関わらず、多くのポイントを獲ることはできたと思っています。」

Wilvo Yamaha Official MXGP

ジェレミー・シーワー選手談(11位/10位:総合10位)

「トイチェンタルとはいつもすごく良い感じです。ここではたくさんのいい思い出があるし、たくさんの素晴らしいファンもいます。彼らには感謝しています。ただ今日は自分にとってすごくフラストレーションの溜まる一日だった。スタートはあまり良くなくて、両方のヒートでクラッシュしてしまいました。すごくフラストレーションが溜まる週末だったけど、どうにかトップ10内でフィニッシュできました。英国とフランスにモチベーションを高めて行くよ」

ページ
先頭へ