本文へ進みます

全日本トライアル選手権 IAスーパー

ヤマハの参戦ライダー、マシンなど IAスーパーに関する情報をお届けします。

全日本トライアル選手権 IAスーパー

トライアルは、岩場、林の中や沢などを利用して作られたセクションを限られた時間で周回し、減点とクリーン数を争う競技。その国内最高峰が全日本トライアル選手権であり、1973年にスタートした。

この最高峰クラスがIAスーパーで、国際A級ライダーの中でも特にレベルの高い10数人がエントリーし、4時間30分や5時間という持ち時間の中で、他のクラス(国際A級、B級)よりも難易度の高い10前後のセクションを2~3ラップした後、さらにIAスーパー用に設定されたスペシャルセクション(SS)で競技を行い、減点数を主体に順位を決める。使用するマシンに排気量制限はないが、現在は主に250ccの4ストロークマシンが主流となっている。

ヤマハは、全日本選手権がスタートした1973年、木村治男がチャンピオンを獲得。それ以来、最高峰クラスでは通算11回(2006年はヤマハエンジン搭載のスコルパ車)のチャンピオンに輝いている。

ライダー紹介

黒山 健一

YAMAHA FACTORY RACING TEAM

チーム

2018シーズンは、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」から黒山健一が、ファクトリーマシン「TYS250Fi」でIAスーパーに参戦する。チーム体制は従来と変更はなく、監督は元全日本チャンピオンである木村治男、アドバイザーに黒山の弟である黒山二郎、さらにヤマハエンジニアがサポートを行う。

ライダーの黒山は、一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)が公認する全日本選手権で、通算11回ものチャンピオンを獲得してきたトップライダー。2013年以降はチャンピオンこそ逃してきたが、5シーズン連続でチャンピオンを争ってのランキング2位。2018シーズンでは、2012年以来、自身通算12回目となるチャンピオン獲得をめざす。

マシン

TYS250Fi

2006シーズンに投入し4度チャンピオンに輝いた「TYS250F」に変わり、ヤマハ競技用モデルの4ストローク・FIエンジンをベースに、ヤマハの最先端技術を投入して開発したのが「TYS250Fi」。
2016シーズンの第6戦、黒山健一とともにデビューウィンを果たすと、続く第7戦も勝利。2017シーズンも開幕から2連勝を飾るなど、その高い戦闘力を証明したが、ここまでチャンピオンには一歩届かない状況が続いている。3シーズン目となる2018年は黒山、そしてヤマハにとって2012シーズン以来となるチャンピオン獲得を牽引する。

ページ
先頭へ