本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

レース情報



アジアロードレース選手権

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどアジアロードレース選手権に関する情報をお届けします。

アジアロードレース選手権

アジアにおける国際ロードレース選手権として1996年にスタート。運営はマレーシアのTwo Wheels Motor Racing Sdn Bhd。2018年までは600ccと250ccのスポーツバイクによるSS600、AP250、アンダーボーンバイクでのUB150が行われてきた。そして2019年から1000ccマシンによるASB1000が新設され、世界へのステップアップを狙うライダーの成長や、アジア全域のモータースポーツのさらなる発展を担うことが期待されている。

ASB1000は、FIMのスーパーストックレギュレーションが採用され、厳しい改造制限のあるマシンを使用。ライダーは欧州の選手権やMotoGP世界選手権に参戦した経歴を持つ者が参戦するなど、グローバルな顔ぶれが揃い、今後もさらなるレベルアップが期待されている。

SS600は、年齢制限を設けることで育成の意味合い持ち、ASB1000へ、また世界へとステップアップを促進するクラスだ。AP250は、小排気量のスポーツモデルの普及を背景に、2015年に新設されたクラス。SS600よりもさらに若いライダーが参戦し、SS600やASB1000そして世界をめざす登竜門として位置づけられる。UB150も若手が中心となり、マシンはプレミアムなスポーティモペッドをベースとし、レース中の最高速は170km/hを超えることもある。

2021年は、5大会が予定されており各大会、各クラスで2レースが行われる。レースは公式SNSを通じてのライブ配信を見ることが可能できる。

ライダー紹介

参戦体制・ライダーは、決定次第ご紹介いたします。

ページ
先頭へ