本文へ進みます

世界耐久選手権 EWC

ヤマハの参戦ライダー、マシンなど世界耐久選手権に関する情報をお届けします。

最新情報

18/09/16 Rd.01フランス決勝

2018年09月17日レースリザルト

世界耐久選手権 EWC

FIM(国際モーターサイクリスト連盟)が開催する世界選手権のひとつ。鈴鹿8耐やル・マン24時間、ボルドール24時間など、歴史と伝統を持つレースが多く、またそのレースの長さから、世界で最も過酷なロードレースの一つとして人気の選手権だ。

レースはスプリントとは異なり、現在は8時間と24時間が設定され、一台のマシンを最高3人のライダーが乗り次ぎ、また給油やタイヤ交換を重ねながら順位を競う。

マシンは、市販スーパースポーツをベースに、レース仕様へとモディファイした車両を使用。ただその過酷さ故に、耐久性や信頼性を重視したパーツ、スピーディーなタイヤ交換や給油を行える特殊装備、さらに夜間走行のためのヘッドライトなど、耐久ならでは仕様になっている。しかしながら、マシンの性能は高く、例えば鈴鹿8耐ではスプリント仕様と同等レベルで、8時間のスプリントレースといわれるほどだ。

シーズンの流れは、2つの年をまたいでおり、2018-2019シーズンは、2018年9月に開幕戦、2019年は、7月末の鈴鹿8耐を最終戦に4戦が行われ、計5戦の獲得ポイントでチャンピオンを決定する。

ヤマハからは、欧州のヤマハオフィシャルチームがフル参戦するほか、母国開催となる鈴鹿8耐は、スポットでファクトリーチームが参戦してきた。シリーズチャンピオンは、2004年、2009年、2014年、そして2017年の4回獲得。鈴鹿8耐では、2015-2018年の4連覇を含め8勝している。

ライダー紹介

ブロック・パークス

YART Yamaha Official EWC Team

マービン・フリッツ

YART Yamaha Official EWC Team

ニッコロ・カネパ

YART Yamaha Official EWC Team

チーム

2018-2019シーズンは、欧州の現地法人「ヤマハ・モーター・ヨーロッパ(YME)」がサポートする「YART Yamaha Official EWC Team(YART)」がヤマハのトップチームとして参戦する。

オーストリアを拠点するYARTは、2001年、元ライダーのマンディ・カインツが設立し、2002年より本格参戦を開始。2005年にランキング3位を獲得すると、その後も常にチャンピオン争いを繰り広げ、2009シーズンにはシリーズチャンピオン、2017-2018シーズンはチャンピオン争いを繰り広げてランキング3位を獲得してきたトップチーム。

ライダーは大ベテランのブロック・パークスを筆頭に、EWC参戦3シーズン目となるマービン・フリッツ、昨年まで同じヤマハチームながらよきライバルとしてしのぎを削ってきたGMT94 Yamaha Official EWC Teamに在籍し、チームのEWC活動休止を受け新たにYARTの一員となったニッコロ・カネパ。2009年以来、ヤマハにとって5回目となるシリーズチャンピオンをめざす。

マシン

YZF-R1:YART Yamaha Official EWC Team

ヤマハのMotoGPマシン「YZR-M1」の技術思想を織り込み、サーキット最速のポテンシャルをめざして開発したスーパースポーツのフラッグシップ。200馬力の出力性能に加え、6軸姿勢センサーを市販二輪車として初搭載、高度な制御技術によりライダーが走りに集中できる高次元なハンドリングと走行性能を提供する。

EWCでは、この「YZF-R1」をベースにレギュレーションに合わせてモディファイを行ったマシンを用いる。長年の参戦で積み上げてきた経験をもとに、長時間を走りきり、スムーズなタイヤ交換や給油が行える独自のモディファイが随所に織り込まれ、戦闘力、耐久性、信頼性なども向上したスペシャルマシンとなっている。

ページ
先頭へ