本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

レース情報



全日本モトクロス選手権

ヤマハの参戦ライダー、マシンなど全日本モトクロス選手権 IAに関する情報をお届けします。

全日本モトクロス選手権

「第1回日本グランプリ」として1964年にスタートした国内最高峰のモトクロスレース。現在は、国際A級ライセンスを持ったライダーによるIA1とIA2、国際B級ライセンスを持つライダーが出場するIBOPEN、そしてレディースなどが行われている。

この中でIA1は、各メーカーのファクトリーライダーを中心とするトップライダーが参戦する国内最高峰クラス。そしてIA2はトップライダーをめざす若手や国際B級から昇格したばかりのA級ルーキーが、IA1や世界を見据え腕を磨くクラスである。

マシンは市販競技用モデル(一部ファクトリーマシン・開発車両)を使用し、IA1が4ストローク290cc~450cc/2ストローク175cc~250cc。IA2は4ストローク175cc~250cc/2ストローク100cc~125ccの排気量の車両を用いる。

基本的なレースフォーマットは両クラスとも30分+1周×2ヒートであるが、近年は15分+1周を3ヒート行う「トリプルヒート」がIA1・IA2の一部の大会で導入された。またレディースは、15分+1周の1ヒート制が基本であるが、2021年から1大会2ヒート制が導入されている。

ヤマハは、1964年の「第1回日本グランプリ」から出場しており、国際A級(旧セニア)では鈴木忠男、鈴木秀明、鈴木都良夫、光安鉄美、小池田猛、成田亮といったライダーとともに、多くのチャンピオンを獲得。また、全日本参戦を通し、市販競技用モデル「YZシリーズ」の開発も行っている。

ライダー紹介

#2 富田 俊樹(IA1)

YAMAHA FACTORY RACING TEAM

#4 渡辺 祐介(IA1)

YAMAHA FACTORY RACING TEAM

#16 ジェイ・ウィルソン(IA2)

YAMAHA FACTORY RACING TEAM

チーム

2022年は最高峰クラスのIA1と若手が中心のIA2に、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」が参戦する。元ヤマハファクトリーライダーの増田智義監督を中心、ヤマハのエンジニア、メカニックで構成され、レースでの勝利とともに、技術開発を行っていくファクトリーチームだ。

IA1には、2013・2015年にIA2チャンピオンを獲得、2016年から4年間にわたりAMAモトクロス・450MXに参戦し、2020年に全日本に復帰して2年連続でランキング2位となった富田俊樹。2017年にIA2チャンピオンとなり、2018年から2年間、AMAモトクロス・250MXに参戦、2020年全日本に復帰しランキング3-4位としている渡辺祐介が参戦。2人はともにファクトリーマシン「YZ450FM」をかり、2011年以来となるチャンピオン獲得を目指す。

IA2にも久々に「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」が出場。ライダーには2021年の第7戦MFJ-GPに出場して両ヒートで優勝を遂げたオーストラリアのトップライダーであるジェイ・ウィルソンを起用し「YZ250F」で参戦する。IA2に参戦する若手ライダーの目標となり、実戦を通して成長を促しながら、技術開発も行う幅広い役割をこなしながらチャンピオン獲得を目指す。

マシン

YZ450FM(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)

スムーズかつコントローラブルな出力特性によりパワフルで扱いやすく、自由度の高いハンドリングにも寄与する軽量・コンパクトなエンジン。縦・横・捻れ各方向の最適な剛性を追求し、路面からのインフォメーションをより豊富にライダーにもたらすアルミ製バイラテラルビーム・フレームを採用した2022年モデル「YZ450F」。
YAMAHA FACTORY RACING TEAMの「YZ450FM」は、市販YZをベースとするものの、随所にファクトリースペックを織り込み戦闘力のアップを図りチャンピオン獲得を目指したファクトリーマシン。さらに先行技術を折り込みながら、市販車へのフィードバックをめざした開発も行っている。

ページ
先頭へ