本文へ進みます

全日本モトクロス選手権 IA

ヤマハの参戦ライダー、マシンなど全日本モトクロス選手権 IAに関する情報をお届けします。

全日本モトクロス選手権 IA

「第1回日本グランプリ」として1964年にスタートした国内最高峰のモトクロスレース。現在は、国際A級ライセンスを持ったライダーによるIA1とIA2、国際B級ライセンスを持つライダーが出場するIBオープン、そしてレディースの4クラスが行われている。

この中でIA1は、各メーカーのファクトリーライダーを中心とするトップライダーが参戦する国内最高峰クラス。そしてIA2はトップライダーをめざす若手や国際B級から昇格したばかりのA級ルーキーが参戦し、IA1をめざす登竜門的なクラスである。

マシンは市販競技用モデル(一部ファクトリーマシン)を使用し、IA1が4ストローク290cc~450cc/2ストローク175cc~250cc。IA2は4ストローク175cc~250cc/2ストローク100cc~125ccの排気量を持つ車両を用いる。レースは、両クラスともに30分+1周の2ヒート制で行われ、2018年は9戦、18ヒートでチャンピオンを決定する。

ヤマハは、1964年の「第1回日本グランプリ」から出場しており、国際A級(旧セニア)では鈴木忠男、鈴木秀明、鈴木都良夫、光安鉄美、小池田猛、成田亮といったライダーとともに、多くのチャンピオンを獲得。また、全日本参戦を通し、市販競技用モデル「YZシリーズ」の開発も行っている。

ライダー紹介

岡野 聖(IA1)

フライングドルフィン サイセイ with YAMAHA

鳥谷部 晃太(IA2)

YAMALUBE RACING TEAM

大倉 由揮(IA2)

YAMALUBE RACING TEAM

チーム

2018シーズンは、最高峰クラスのIA1に「フライングドルフィン サイセイ with YAMAHA」が参戦。ライダーは、昨年までIA2のトップライダーとして活躍した岡野聖。マシンは「YZ450F」を使用する。ヤマハエンジニアが中心に運営するチームのミッションは「YZの戦闘力証明」、そしてレース参戦を通じ、市販YZのさらなる向上をめざした開発となる。

一方IA2には、若手育成を担う「YAMALUBE RACING TEAM」が参戦。ライダーは鳥谷部晃太と大倉由揮で、鳥谷部は3位表彰台、大倉は4位入賞するなど、昨シーズンIA2で成長を見せた若手ヤマハライダーである。マシンは2018年型「YZ250F」を使用し、シーズンを通じ、チーム内で、ライバルたちと切磋琢磨しながら、ステップアップにつながるさらなる「成長」が目標となる。

マシン

YZ450F

「フライングドルフィン サイセイ with YAMAHA」で使用する「YZ450F」は、後方排気の第3世代として、水冷・4ストロークエンジン、バイラテラルビームフレームなど、多岐にわたって新設計を施した2018年型YZ450Fをベースに、全日本のレギュレーションに準じたモディファイに加えながら、先進技術の獲得をめざした先行開発マシンとなっている。

YZ250F

「YZ450F」の設計思想を受け継ぎ、エンジンを中心にアップデートして、優れた低中速性能と中高速域で群を抜くプリングパワー&パワーフィーリングの両立など、さらなる戦闘力のアップを実現した2018年型をベースに、全日本のレギュレーションに準じたモディファイを行ったマシン。

ページ
先頭へ