本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 JSB1000

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどJSB1000に関する情報をお届けします。

全日本ロードレース選手権 JSB1000

国内最高峰の二輪ロードレースとして1967年からスタート。その最高峰クラスは、F750、GP500、スーパーバイクと、時代とともに変遷を続け、2003年にJSB1000となった。現在の全日本ではこのJSB1000、J-GP2、ST600、J-GP3が開催されている。

国内最高峰となるJSB1000で使用するマシンは、各メーカーのスーパースポーツ(4気筒:600~1000cc、3気筒:750~1000cc、2気筒:850~1200cc)をベースに、レギュレーションに準じてモディファイを加えたレース専用マシンを使用。その性能は高く、最高速は300km/hを超えるなど、世界選手権に引けをとらないエキサイティングなレースが展開される。

今年のJSB1000は、今季から1大会2レース制が5戦(第1戦もてぎ、第2戦鈴鹿、第4戦SUGO、第7戦オートポリス、第9戦MFJGP)となり、合計13レースが開催され、より激しいチャンピオン争いが期待される。

ヤマハは、GP500で3連覇を果たした平忠彦、藤原儀彦をはじめ、スーパーバイクでは吉川和多留、芳賀紀行がチャンピオンを獲得。そしてJSB1000では、2016シーズンに最高峰クラスにおいて、前人未到となる5連覇、通算7度のチャンピオンとなった中須賀克行ら、多くのチャンピオンを輩出している。

ライダー紹介

中須賀 克行

YAMAHA FACTORY RACING TEAM

野左根 航汰

YAMAHA FACTORY RACING TEAM

前田 恵助

YAMALUBE RACING TEAM

チーム

2018シーズンは、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」から中須賀克行と野左根航汰、「YAMALUBE RACING TEAM」からは前田恵介がJSB1000に参戦する。
まず「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」は、元ヤマハファクトリーライダーの吉川和多留監督を中心に、ヤマハのエンジニア、メカニックなどでチームを形成。チャンピオンとともに、先進技術の獲得をめざしシーズンを戦う。

ライダーは、全日本ロードレースの最高峰クラスで前人未到の5連覇、通算7度のチャンピオンを獲得している中須賀。昨年は、最多優勝回数を獲得したものの、前半でノーポイントが続きランキング6位でシーズンを終了した。

一方の野左根は昨年、世界耐久選手権と並行しての参戦ながらも、JSB1000初優勝を含む2勝をあげるなどトップライダーに成長。今シーズンは全日本に集中することから、チームメイトである中須賀と切磋琢磨し、初のチャンピオンがターゲットとなる。

「YAMALUBE RACING TEAM」は、元ヤマハファクトリーライダーの難波恭司が監督を務める若手育成を担うユースチーム。今年は、昨年ST600でチャンピオンを獲得した前田恵助をチームに迎え、野左根、藤田拓哉に続き、さらなるステップアップをめざす。

マシン

YZF-R1(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)

市販車をベースとしながら、定められたレギュレーションのなかで、戦闘力の向上、および先進技術の獲得をめざし開発したファクトリーマシン。

YZF-R1(YAMALUBE RACING TEAM)

育成チームという位置づけから、ストックをベースにJSB1000のレギュレーションに準じたモディファイを行ったマシン。

ページ
先頭へ