本文へ進みます

全日本ロードレース選手権

ヤマハの参戦ライダー、マシンなど全日本ロードレース選手権に関する情報をお届けします。

全日本ロードレース選手権

国内最高峰の二輪ロードレースとして1967年からスタート。その最高峰クラスは、F750、GP500、スーパーバイクと、時代とともに変遷を続け、2003年にJSB1000となった。現在の全日本ではこのJSB1000をはじめ、J-GP2、ST600、J-GP3が開催されている。

国内最高峰となるJSB1000で使用するマシンは、各メーカーのスーパースポーツ(4気筒:600~1000cc、3気筒:750~1000cc、2気筒:850~1200cc)をベースに、レギュレーションに準じてモディファイを加えたレース専用マシンを使用。その性能は高く、最高速は時速300キロを超えるなど、世界選手権に引けをとらないエキサイティングなレースが展開される。

2019年のJSB1000は、全7大会の内、2レース制が5大会(第1戦もてぎ、第2戦鈴鹿、第3戦SUGO、第7戦オートポリス、第8戦MFJGP)あり、合計12レースが開催され、激しいチャンピオン争いが期待される。

ヤマハはGP500で3連覇を果たした平忠彦、藤原儀彦をはじめ、スーパーバイクでは吉川和多留、芳賀紀行がチャンピオンを獲得。そしてJSB1000では、前人未到となる通算8度のチャンピオンを獲得した中須賀克行ら、多くのチャンピオンを輩出している。

ST600は、ベテランから若手までが揃い、特に若手にとってはJSB1000への登竜門的な役割を果たすクラス。マシンは改造範囲が狭く、2015年よりブリヂストンタイヤのワンメイクとなり、イコールコンディションで争われている。2019シーズンは、6大会・7レースでチャピオンを決定する。過去ヤマハはこのクラスで、デチャ・クライサート(2012)、横江竜司(2015)、前田恵助(2017)、岡本裕生(2018)の4人がチャンピオンに輝いている。

J-GP2は600cc/4ストロークのマシンを使用。ST600と比較し改造範囲が広くスリックタイヤを使用するなど、MotoGPのMoto2クラスに準ずるマシンやST600をモディファイした車両を使用。2019シーズンは、ST600と同様に6大会・7レースでチャピオンを決定する。

ライダー紹介

#1 中須賀 克行

YAMAHA FACTORY RACING TEAM

#4 野左根 航汰

YAMAHA FACTORY RACING TEAM

#75 前田 恵助

YAMALUBE RACING TEAM

チーム

2019シーズンは「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」と、「YAMALUBE RACING TEAM」がJSB1000に参戦する。

「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」は、元ヤマハファクトリーライダーの吉川和多留監督を中心に、ヤマハのエンジニア、メカニックなどでチームを形成。チャンピオンとともに、先進技術の獲得をめざした開発作業を行いながらシーズンを戦う。ライダーは昨年、JSB1000で通算8度目のチャンピオンを獲得し、鈴鹿8耐では4連覇を達成した中須賀克行。チームメイトには、7度の表彰台を獲得し自己最高となるランキング4位となった野左根航汰。今シーズンはチームメイト同士でのチャンピオン争いがターゲットとなる。

「YAMALUBE RACING TEAM」は、元ヤマハファクトリーライダーの難波恭司が監督を務める若手育成を担うユースチーム。ライダーは昨シーズンからチームに加入したものの、怪我で数戦を欠場した前田恵助。今シーズンは2年目としてJSB1000でしっかりと成績を残すことが目標となる。

マシン

YZF-R1(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)

「High tech armed Pure Sport」のコンセプトのもと、ヤマハのMotoGPマシンである「YZR-M1」の技術思想を織り込み、サーキット最速のポテンシャルをめざして開発したスーパースポーツのフラッグシップモデル。200馬力の出力性能に加え、6軸姿勢センサーを市販二輪車として初搭載、高度な制御技術によりライダーが走りに集中できる高次元なハンドリングと走行性能を提供する。
「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の「YZF-R1」は、この市販車をベースに定められたレギュレーションのなかで戦闘力を向上するとともに、先進技術の獲得をめざして独自の開発を行うファクトリーマシン。

YZF-R1(YAMALUBE RACING TEAM)

ページ
先頭へ