本文へ進みます

全日本ロードレース選手権

ヤマハの参戦ライダー、マシンなど全日本ロードレース選手権に関する情報をお届けします。

全日本ロードレース選手権

国内最高峰の二輪ロードレースとして1967年にスタート。その最高峰クラスは、F750、GP500、スーパーバイクと時代に合わせて変遷を続け、2003年にJSB1000となった。現在の全日本ではこのJSB1000を頂点にST1000、ST600、J-GP3が開催されている。

JSB1000は各メーカーのスーパースポーツ(4気筒:600~1000cc、3気筒:750~1000cc、2気筒:850~1200cc)をベースに、レギュレーションに準じてモディファイを加えたレース専用マシンを使用する。その性能は高く、最高速は時速300キロとエキサイティングな戦いが展開される。

2023年からは、世界のモビリティ産業がカーボンニュートラルに向け動き出していること、また持続可能なスポーツを目指し100%非化石由来の燃料(ハルターマンカーレス社「ETS Renewwablaze NIHON R100」 )が導入される。

2023年の全日本は8大会が設定されているが、JSB1000は筑波大会を除く7大会で行われる。このうち第1戦もてぎ、第2戦鈴鹿2&4、第3戦SUGO、第6戦オートポリス、第8戦鈴鹿が2レースとなり、全12レースが開催される。

最高峰クラスでヤマハ発動機は、GP500で3連覇を果たした平忠彦、藤原儀彦をはじめ、スーパーバイクでは吉川和多留、芳賀紀行がチャンピオンを獲得。JSB1000では、前人未到となる通算11度のチャンピオンを獲得する中須賀克行ら、多くのチャンピオンを獲得してきた。

ST1000は、1000ccプロダクションクラスが世界的に主流となっている現状を受け、JSB1000 やMotoGP世界選手権のMoto2などで通用するライダーの輩出を目的に、2020年に新設されたクラス。JSB1000とベースマシンは同様だが、改造範囲が狭く、ダンロップのワンメイクレースとなっているなど、ライダーの技量で争う育成的な側面を持っている。2023シーズンは5大会・6レースが行われる。

ST600もマシンの改造範囲が狭く、ブリヂストンによるワンメイクなどが採用され、若手ライダーの育成的な役割を担い、ST1000へのステップアップなどが目的となる。過去には、デチャ・クライサート(2012)、横江竜司(2015)、前田恵助(2017)、岡本裕生(2018・2020)の4人がチャンピオンに輝いている。今シーズン、ST600は5大会・6レースが実施される。

ライダー紹介

#1 中須賀 克行

YAMAHA FACTORY RACING TEAM

#3 岡本 裕生

YAMAHA FACTORY RACING TEAM

チーム

2023年の「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」は、新たな挑戦をスタートする。その一つが、参戦マシンとなるYZF-R1に、市販化を目指したキットパーツを採用し、その開発を行いながらチャンピオンを目指すこととなる。これは同時に、高性能なキットパーツを開発して市場に導入し、お客様へより充実したサーキットライフを提供する挑戦でもある。

また今シーズンからJSB1000は、世界のモーターサイクルレースに先駆けてカーボンニュートラル燃料が採用されるが、チームでは各種データの収集に努め、YZF-R1で参戦するプライベートチームに展開するなど、競争力を高めながら新フォーマットの定着に貢献していく。

これらのミッションに臨むのは、昨年、2年連続でシーズン全勝を達成、23連勝という大記録とともに通算11回目のチャンピオンを獲得した中須賀克行と、昨年はJSB1000のルーキーイヤーながら、ランキング3位という好成績を残した岡本裕生だ。

この2人をサポートするには、元ヤマハファクトリーライダーで、中須賀、野左根をチャンピオンライダーに導いた吉川和多留監督。さらにヤマハのエンジニアやメカニックがこれを支え、チーム、ライダー、マシンともに日々進化を重ねながら様々なミッション達成に挑む。

マシン

YZF-R1(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)

ヤマハ発動機のMotoGPマシン「YZR-M1」の技術思想を織り込み、サーキット最速のポテンシャルをめざして開発。200馬力の出力性能に加え、高度な制御技術によりライダーが走りに集中できる高次元なハンドリングと走行性能を提供するスーパースポーツのフラッグシップモデル「YZF-R1」。

「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の「YZF-R1」は、この市販車をベースに、JSB1000のレギュレーションの範囲内で改造を行ったマシン。市販化を目指すキットパーツを織り込み、開発を行いながらも戦闘力を大きく引き上げ、2018年以来続くJSB1000での6連覇に挑む。

ページ
先頭へ