本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 JSB1000

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどJSB1000に関する情報をお届けします。

全日本ロードレース選手権 JSB1000

国内最高峰の二輪ロードレースとして1967年からスタート。その最高峰クラスは、F750、GP500、スーパーバイクと、時代とともに変遷を続け、2003年にJSB1000となった。現在の全日本ではこのJSB1000を筆頭に、J-GP2、ST600、J-GP3が開催されている。

JSB1000では、各メーカーのスーパースポーツ(4気筒:600~1000cc、3気筒:750~1000cc、2気筒:850~1200cc)をベースに、レギュレーションに準じてモディファイを加えた専用マシンを使用。その性能は高く、最高速は300km/hを超えるなど、世界選手権に引けをとらないエキサイティングなレースが展開される。近年は、予選にノックアウト方式の採用、セミ耐久レースの開催、1大会2レース制の採用など、より見応えのある演出がなされている。

ヤマハは、GP500で3連覇を果たした平忠彦、藤原儀彦をはじめ、スーパーバイクでは吉川和多留、芳賀紀行がチャンピオンを獲得。そしてJSB1000では、2016シーズンに最高峰クラスにおいて、前人未到となる5連覇、通算7度のチャンピオンを獲得している中須賀克行ら、多くのチャンピオンを輩出している。

ライダー紹介

中須賀 克行

YAMAHA FACTORY RACING TEAM

野左根 航汰

YAMAHA FACTORY RACING TEAM

藤田 拓哉

YAMALUBE RACING TEAM

チーム

2017シーズンは、チャンピオン獲得をめざす「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」と、「YAMALUBE RACING TEAM」が参戦する。

「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」は、元ヤマハファクトリーライダーの吉川和多留監督を中心に、ヤマハのエンジニア、メカニックなどでチームを形成。チャンピオン獲得とともに、先進技術の獲得を目指しシーズンを戦う。
ライダーは、昨シーズン、全日本ロードレースの最高峰クラスで前人未到の5連覇、通算7度目のチャンピオンを獲得した中須賀克行。昨年は後一歩で全勝チャンピオンを逃したが、今シーズンは、「YZF-R1」で自身の記録を更新するとともに、全勝チャンピオンに期待がかかる。

そして、昨年ランキング5位となった野左根航汰が、ユースチームからステップアップしファクトリーの一員として「YZF-R1」で参戦。チームメイトであり、最大のライバルでもある中須賀に迫り、国内最高峰での初優勝に挑む。

「YAMALUBE RACING TEAM」は、元ヤマハファクトリーライダーの難波恭司が監督を務め、若手育成を担うユースチーム。ライダーはこのチームで3年目を迎える藤田拓哉。野左根に続きさらなるステップアップをめざし、表彰台獲得などブレークスルーが期待される。

マシン

YZF-R1(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)

「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の「YZF-R1」は、市販車をベースとしながら、定められたレギュレーションのなかで、戦闘力アップ、先進技術の獲得をめざし開発したエンジンや電子制御システムなど、専用パーツの採用やチューンアップを施したファクトリーマシン。
「YAMALUBE RACING TEAM」の「YZF-R1」は、育成チームという位置づけから、ストックを基本に、JSB1000のレギュレーションに準じたモディファイを行ったマシンである。

YZF-R1(YAMALUBE RACING TEAM)

ページ
先頭へ