本文へ進みます

モトクロス世界選手権 MXGP

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどMXGPクラスに関する情報をお届けします。

モトクロス世界選手権 MXGP

FIM(国際モーターサイクリスト連盟)が、1957年にスタートさせたモトクロスの世界最高峰レース。当初は500ccのみだったが、1962年に250cc、1975年に125ccが設立された。その後、車両の4ストローク化などに伴いクラス設定が変更され、近年はMXGP(旧250cc/MX1)とMX2(旧125cc)の2クラスで開催されている。

この中でMXGPは、ヨーロッパを中心に世界中からトップライダーが集う最高峰クラス。4ストローク450cc以下/2ストローク250cc以下のマシンを使用。1大会2ヒートで行われ、全レースのポイントを合算してランキングを決定する。各グランプリは3〜9月に行われ、2018シーズンは19戦が行われ、タフで過酷な戦いが繰り広げられる。

ヤマハは1971年のテスト参戦を経て、1972年からモトクロス世界選手権へ本格的に参戦を開始。ここの年、250ccと500ccで優勝を果たすと、翌1973年には、ハカン・アンダーソンが250ccで初のチャンピオンをヤマハにもたらした。

その後も着実に勝利を積み重ね、2000年代に入ってからは、ステファン・エバーツが2003シーズンから4連覇。2008シーズンはアントニオ・カイローリ、2009シーズンはデビッド・フィリッパ―ツ、そして2015シーズンにロマン・フェーブルがチャンピオンを獲得し、最高峰クラスではMXGP(旧250cc・MX1を含む)で、通算12回目のライダータイトルを獲得している。

ライダー紹介

ページ
先頭へ