本文へ進みます

AMAスーパークロス

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどAMAスーパークラスに関する情報をお届けします。

AMAスーパークロス

起伏のある地形を利用して行う伝統的なモトクロスレースとは異なり、野球などのスタジアムに土砂を運び込み、タイトコーナーと多数のリズム&ジャンプセクションで構成する特設コースで行うオフロードレース。

1月初旬から5月初旬までの期間、北米を舞台に全17戦が設定され、毎戦数万人もの観客がスタジアムを埋める人気のモータースポーツイベントである。

クラスは使用する車両の排気量で「450SX」と「250SX」に分かれている。最高峰クラスの「450SX」はFIM世界選手権シリーズとして行われ、アメリカを中心に世界中からトップライダーが集うスーパークロスの世界最高峰だ。

今シーズンより、450SXはセミファイナルが廃止され、新しい予選システムが採用された。まず、2組のヒートレースでそれぞれ1〜9位に入った18名がメインイベントへと進む。これに入れなかった者はラストチャンス・クオリファイヤーにまわり、この上位4名が、22人で争われるメインイベントに出場することができる。そしてメインイベントは、20分+1周で行われる。

一方の「250SX」は、「450SX」への登竜門として位置づけられ、若手ライダーが中心に参戦している。開催されるエリアで「West」と「East」という2つのシリーズ戦が設けられており、それぞれでチャンピオンを決定する。予選システムは450SXと同様で、メインイベントは15分+1周となっている。

ライダー紹介

クーパー・ウェブ

Monster Energy/Yamaha Factory Racing Team

ジャスティン・バーシア

Monster Energy/Yamaha Factory Racing Team

チーム

AMAスーパークロスには「Monster Energy/Yamaha Factory Racing Team」が参戦する。ライダーは、2016シーズンに250SX(ウエスト)と250MXの2冠を達成、2017シーズンに最高峰450SXにデビューし、今年2シーズン目を迎える若手トップライダーの一人、クーパー・ウェブ。そして2015年以来のヤマハ復帰となるジャスティン・バーシアが参戦。マシンは、モデルチェンジを行ったばかりの2018年型YZ450Fをベースにモディファイした専用車両を用い、2009年以来となるAMASX最高峰のチャンピオン獲得を目指す。

マシン

YZ450F

後方排気の第3世代として、水冷・4ストロークエンジン、バイラテラルビームフレームなど、多岐にわたって新設計を施した2018年型YZ450Fをベースに、タイトターンとリズムセクションが特徴のスーパークロスコースへの最適化。さらに、ライダーの好み合わせたモディファイも施して戦闘力アップを図った「Monster Energy/Yamaha Factory Racing Team」の専用マシン。

ページ
先頭へ