本文へ進みます

モトクロス世界選手権 MXGP

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどMXGPクラスに関する情報をお届けします。

Rd.17 9月3日 アメリカ

RACE DATA

■大会名称:2017年第17戦アメリカGP
■カテゴリ:MXGP
■開催日:2017年9月3日
■開催地:ジャクソンビル

REPORT

ファン・フォルベーク、ジャクソンビルで総合9位を獲得

FIMモトクロス世界選手権第17戦が、アメリカはフロリダで開催された。人工のサンドコースでのレースは極度の暑さと湿気を伴い、予想を超えるタフなものとなった。Monster Energy Yamaha Factory Racingのジェレミー・ファン・フォルベークは暑さに悩まされながらも9位でレースを終えたが、ロマン・フェーブルは第1レースでクラッシュしてリタイア、第2レースも欠場となった。

Monster Energy MXGP of The USAは未知のコースとフロリダ州ジャクソンビルという立地から、独自の魅力を持つグランプリで、コースはGP初開催のために改修されていた。コースを作るために使用されたのは粘土と砂を混ぜたもので、フリープラクティスと計時プラクティスの両セッションで、ライダーたちはコースへの合わせ込みを行い予選に臨んだ。ここで、フェーブルとファン・フォルベークは好位置を獲得。ポイントランキングで上位につけるJ・ハーリングス(KTM)とA・カイローリ(KTM)の後方、3位と4位でフィニッシュした。

ファン・フォルベークは、高温多湿のコンディションのなか、第1レースではスタートで出遅れてしまう。これを挽回するために奮戦し10位でフィニッシュ。フェーブルはトップ4スタートを決めたが、レース序盤に転倒を喫しリタイアとなった。

息が詰まるような暑さはその後も収まることはなく、気温と湿度は第2レースが行われる頃にピークに達しており、第1レースで熱中症に悩まされたファン・フォルベークにとって、今シーズン最も厳しいレースのひとつとなった。再びスタートで遅れたファン・フォルベークだったが、YZ450FMを駆って奮闘し、9位まで追い上げてフィニッシュ。総合成績でも9位となった。

FIM MXGP世界選手権、次戦は来週9月9、10日に世界的に知られるオランダ、アッセンのダッチTTサーキットで開催される。

RESULT Race.1

RESULT Race.2

RIDERS RANKING

CONSTRUCTORS RANKING

COMMENT

ジェレミー・ファン・フォルベーク選手談(10位/9位:総合9位)

「昨日はそれほど悪くなかったけど、今日は2度ともスタートが悪く、9位と10位まで挽回するので精いっぱいだった。暑さと湿気のために両レースともゴール後はヘトヘト。この結果を悔やんでも仕方がないので、次のアッセンに向け集中するだけ」

ページ
先頭へ