本文へ進みます

ロードレース世界選手権 MotoGP(モトGP)

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどMotoGPクラスに関する情報をお届けします。

Rd.16 10月17日 オーストラリア

RACE DATA

■大会名称:MotoGP第16戦オーストラリアGP
■開催日:2010年10月16日(土)予選結果
■開催地:オーストラリア/フィリップアイランド(4.445km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:11度 ■路面温度:22度
■PP:C・スト―ナー(1分30秒107/ドゥカティ)

REPORT

J・ロレンソとB・スピースが2、3番手フロントロウ

断崖の上に作られたフィリップアイランドのコースで、フィアット・ヤマハ・チームのJ・ロレンソが今季15回目のフロントロウを獲得。チームメイトのV・ロッシはセッション終盤で不運もあり、8位に留まった。モンスター・ヤマハ・テック3のB・スピースとC・エドワーズは、それぞれ3位と5位。

フリープラクティス初日とは異なり、太陽に恵まれた2日目。しかし依然として強風と寒さがライダーたちに襲いかかり、大きな試練となった。そのなかでロレンソは、午前中のセッションでタイムが伸びなかった第4セクションの攻略に集中して一定の成果を獲得。これでタイムを更新して一時トップに立ったが、その後C・ストーナー(ドゥカティ)に逆転されて2位となった。

一方のロッシは、ウイーク初日から常に乗りやすさを追求してセッティングを進めてきたが、決勝ペースでは依然としてライバルたちに届かない。フロントロウ獲得を目指して公式予選に臨んだものの、ブリヂストン製ソフトタイヤでタイム更新を狙った3ラップは、いずれもツキに恵まれなかった。1度目は遅いライダーに、2度目はコース上の転倒車に、そして3度目は、残り3分で振り出した雨に邪魔されることとなり、その結果、明日の決勝は3列目の真ん中からのスタートとなった。

モンスター・ヤマハ・テック3のスピースは午前中のセッションでも3位を獲得。午後からの公式予選では、リアグリップの向上を目指してサスペンションのセットアップに取り組みながらも、好タイムをマークして終始3位以内をキープした。19分経過時点では1分31秒387を記録するとトップに浮上。さらに1分31秒386に更新してトップをキープしたが、終盤に雨が降り出してからはリスクを避けてペースを緩めた。これで3位に後退したが、フロントロウ獲得には十分なタイムだった。

チームメイトのエドワーズも好調な走りを見せ、午前中は2位を獲得していた。公式予選前半は10位あたりにつけていたが、マシンのモディファイによって旋回性が向上すると、すぐさまコンマ5秒を短縮。残り8分の時点で1分31秒521を記録し、それまでの8位から4位へと浮上した。その次のラップではさらにコンマ1秒を短縮して1分31秒415としたが、その後M・シモンチェリ(ホンダ)に抜かれて5位となった。スピースとの差は0.1秒。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 C・スト―ナー Ducati Marlboro Team Ducati 1'30.107
2 J・ロレンソ Fiat Yamaha Team Yamaha 1'30.775
3 B・スピース Monster Yamaha Tech 3 Yamaha 1'31.386
4 M・シモンチェリ San Carlo Honda Gresini Honda 1'31.402
5 C・エドワーズ Monster Yamaha Tech 3 Yamaha 1'31.415
6 N・ヘイデン Ducati Marlboro Team Ducati 1'31.530
7 R・ド・ピュニエ LCR Honda MotoGP Honda 1'31.554
8 V・ロッシ Fiat Yamaha Team Yamaha 1'31.627
9 A・ドビツィオーゾ Repsol Honda Team Honda 1'32.018
10 M・メランドリ San Carlo Honda Gresini Honda 1'32.367
11 A・エスパルガロ Pramac Racing Team Ducati 1'32.542
12 M・カリオ Pramac Racing Team Ducati 1'32.816
13 青山博一 Interwetten Honda MotoGP Honda 1'33.190
14 A・バウティスタ Rizla Suzuki MotoGP Suzuki 1'33.224
15 D・ペドロサ Repsol Honda Team Honda 1'33.384
16 H・バルベラ Paginas Amarillas Aspar Ducati 1'33.390
17 L・カピロッシ Rizla Suzuki MotoGP Suzuki 1'34.269

COMMENT

J・ロレンソ選手談(予選 2位/1分30秒775/25周)

「すごく寒くて、風が強くて、とってもリスキーなコンディションだった。マシンにしがみついていることさえ難しい時だってあったんだ! でもそのなかでの自分のペースには満足しているよ。このコースでは今まで、モトGPであまりうまく走れなかったんだけれど、今日はいい仕事ができたと思う。もちろんポールポジションが欲しかったけれど、この天候と、ケイシーとがそれをさせてくれなかった。彼は実際、とても速かったからね。僕は2位だから問題ない。それに、先週の歓喜のあと、今はとても落ち着いているんだ。明日は雨が降らず、今日と同じか、もっといい天気になってほしい。そうすれば勝ちを目指していけるだろう。もう準備はできている。あとはとにかく楽しみたいんだ」

W・ズィーレンベルグ、チーム監督談

「非常に難しいコンディションだった。しかし当然のことながら、それは誰にとっても平等だ。我々は、午前中のセッションでタイムが伸びなかった最終セクションを改善することだけに集中し、多くの成果をあげることができたけれども、それでもまだ十分ではない。まだいくつかアイディアがあるので、このあとスタッフを集めて話し合うつもりだ。2位は悪くない。最後に雨が降ってきてタイムが伸びなかったが、いずれにしても今日は、ポールポジションを獲ることはできなかっただろう。ケイシーが非常に速かったからね。あとコンマ2、3秒を詰めていかなければならないが、決勝ではどんなことも起こり得る」

V・ロッシ選手談(予選 8位/1分31秒627/27周)

「今日は本当にアンラッキーだったよ。タイム更新を狙っていたソフトタイヤでの3ラップが、すべてうまくいかなかったんだ。1度目は遅いライダーに、2度目はコース上の転倒車に、そしてとうとう雨が降り出した。そういうわけで、終盤に残しておいたタイヤを十分に使い切ることができなかったんだ。明日は3列目からのスタートということになるから、状況は非常に厳しい。とくに決勝用セッティングでのペースがまだあまり伸びていないのだから、なおさらだよ。今晩と明日の午前中、まだまだハードワークが必要になるね。素晴らしいコースなだけに、この悪天候はとても残念。あまりの寒さに、タイヤが暖まるまでにすごく時間がかかってしまうんだ。明日は厳しい戦いになるけれど、そのなかでもベストを尽くすよ」

D・ブリビオ、チーム監督談

「バレンティーノはソフトタイヤを履いたすべてのラップで不運に見舞われ、納得のいくタイムアタックができなかった。しかしそれとは別のところで、我々はまだ十分な準備ができていないのだ。もっとマシンのフィーリングを向上させていかなければならない。スターティング・ポジションは良くないが、マシンさえ改善できれば上位を目指していけるはずなので、明日のウォームアップの状況を見守りたい」

B・スピース選手談(予選 3位/1分31秒386/23周)

「またフロントロウに並ぶことができてとてもうれしいよ! でも実はちょっと驚いているんだ。セッション前半のペースやラップタイムもとても良かったけれど、終盤になってさらに上げていこうというところで雨が降り出した。その時点でタイヤはすでに暖まっていたし、雨粒はわずかで何も問題はなさそうだったんだけれど、次の第1コーナー進入でいよいよプッシュしていこうとした途端、シールドの雨が大量増加。フロントロウを目前にしながらリスクをおかしたくなかったから攻めるのは止めたんだ。僕のこの予選タイムは決勝でもキープできるペースだから、これで十分に満足。まだすべて出し切ったとは思っていないので、もしも明日すべてが揃って、僕のライディングもマシンの状態も良かったとしたら、表彰台を目指していけると思う。ラップタイムでは表彰台に届くところまで来ているけれど、それよりも今は、最後の10周をしっかり走れるマシンを作りたいんだ。もしも明日、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得することができるとしたら、それはもちろん素晴らしいこと。ここまでとっても順調なこのシーズンに、またひとつ項目達成のチェックを入れることができるよ」

C・エドワーズ選手談(予選 5位/1分31秒415/26周)

「もうちょっとで今季ベストの予選結果になったんだけれど…。でもこの5位には満足しているし、フロントロウのベンにかなり近づけたことが決勝への自信を与えてくれる。マシンのフィーリングはとても良くて、午前中のセッションで2位になれたことも大きな励みになった。セッティングも非常に順調だったからほとんど問題はなかったんだけれど、ただ旋回性能だけは、もうちょっと改善したいところだったんだ。でも公式予選はそのままスタートして、午前中と同じくらいのタイムが続いていた。だから最後のリアタイヤを履くときにフロント周りに変更を加えてみたら、一気にコンマ5秒も縮まったんだ。とても楽々と、そして自信を持って走ることができるようになって、思い通りにマシンを操ることができた。決勝用セッティングのペースもとてもいいので、明日は今季ベストの成績を目指したい。天気だけは心配だけど、僕自身はもう準備ができているよ」

ページ
先頭へ