本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

レース情報



AMAスーパークロス

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどAMAスーパークラスに関する情報をお届けします。

Rd.13 6月7日 ソルトレイクシティ

RACE DATA

開催日:2020年6月7日(日)
開催地:ユタ州ソルトレイクシティ
会場:ライス・エクレス・スタジアム

REPORT

厳しいコンディションとなったソルトレイクシティのライス・エクレス・スタジアムで行われたAMAスーパークロス第13戦。ここで、Monster Energy/Yamaha Factory Racing Teamのジャスティン・バーシアが果敢な追い上げを見せて9位でフィニッシュした。チームメイトのアーロン・プレシンジャーも進歩を見せて11位に入った。

AMAスーパークロス250SX East選手権では、Monster Energy/Star/Yamaha Racingのシェーン・マクエラスがレース序盤に周回遅れのライダーに行く手を阻まれながらも、そこから挽回し、2位でフィニッシュ。チームメイトのコルト・ニコルズも3位に入り、ダブル表彰台を獲得した。

450SX:バーシアが果敢な追い上げを見せトップ10入り

土曜日夜と日曜日早朝の豪雨によってスケジュールが変更になり、プラクティスセッションは1回のみとされた。そしてヒートレースが行われる時間になると太陽が顔を出し、コースコンディションは再び変化することになった。ジャスティン・バーシアとアーロン・プレシンジャーはともに好走し、それぞれ4位と5位でフィニッシュしてメインイベントに向けて好位置につけた。ところが250SXクラスのレース中に再び雨が降り出し、20分プラス1周で争われるメインイベントのコースはチャレンジングなものとなった。

バーシアは思い通りのスタートを切ることができず、コースから押し出されて16番手に後退してしまう。それでもバーシアは集中して前を目指してライディング。周回が進むとバーシアはチームメイト、プレシンジャーに追いつき、これをパスして10番手に上がる。バーシアはさらに、8番手を行くライダーに照準を合わせるが、これを捕らえる前にレース終了時間となり、9位でフィニッシュすることとなった。

プレシンジャーのレースはまた違う展開となった。スーパークロス参戦2年目のプレシンジャーは好スタートを見せてトップ10圏内につけると、さらに順位を上げて7番手へ。そして6番手に上がるべくチャレンジするが、プープスセクションで順位を落とし、その後コンディションに苦戦し始め、後方集団に飲み込まれてしまう。さらに上位を期待していたプレシンジャーだったが、11位でフィニッシュ。厳しいコンディションとなったソルトレイクシティで、これまでのベストリザルトを記録した。

AMAスーパークロス選手権、次の第14戦は6月10日水曜日、ライス・エクレス・スタジアムで開催される。

250SX East:Monster Energy/Star/Yamaha Racingが再びダブル表彰台獲得

メインイベントでゲートが下がると、シェーン・マクエラスはホールショットを奪うには至らなかったものの、タイトルを争うライバルに対してすぐに反撃に転じ、2コーナーでリードを奪った。マクエラスは2位以下とのギャップを広げ始めたが、転倒したライダーの対応のため赤旗が提示される。その後、雨が本降りとなり、レースが再開される頃にはコースはチャレンジングな状態となっていた。

今度はホールショットを奪ったマクエラスは、トップに立つと、後続とのリードを広げようとするが、ライバルである250SX Eastディフェンディングチャンピオンはすぐ後ろに続く。そして6周目、マクエラスは周回遅れのライダーと絡み、転倒。レースに復帰することができたものの、ライバルからは16秒の遅れを喫してしまう。懸命な追い上げを見せるマクエラスはチェッカーフラッグが振り下ろされるまでにその差を半分まで詰め、2位でフィニッシュしシリーズポイントを大量に獲得することができた。この後、シリーズはブレークに入る。残り2戦でマクエラスはライバルを3ポイント差の2位につけている。

コルト・ニコルズは2度目のスタートをうまくまとめ、4番手につける。5周目までに3番手に上がると、そのポジションをキープしてフィニッシュラインを通過。2度目の表彰台に立った。

RESULT

RIDERS RANKING

CONSTRUCTORS RANKING

COMMENT

450SX

Monster Energy/Yamaha Factory Racing Team
ジャスティン・バーシア選手談(9位)

「タフな一日でした。それ以上言えることはあまりありません。思ったようにはいきませんでした。我々はトライし続けているし、ポジティブであり続けているし、前進を続けています。2日後のレースで、事態を好転させることを楽しみにしています」

アーロン・プレシンジャー選手談(11位)

「かなりマッディなコンディションの中でスタートして、プラクティスではすごくうまくいっていましたがヒートレースではかなり苦労しました。コースは乾いてラフになっていましたけど、良いスタートが切れて前に出ることができました。その後、苦戦して5番手まで後退してしまいました。メインでもほとんど同じ展開になりました。前に出て、7番手に上がり、6番手のロクスンに狙いを定めましたが、その後キツくなって、キープできなくなり、11番手まで順位を落としてしまいました。 次のレースまでにバイクに変更を加えるつもりですし、次のラウンドに合わせて調整して、そこに行って、我々が何をやってきたのかお見せできればと思っています。僕は自分が今まで終えてきたものより優れているし、それを見せたこともあります。我々に必要なのは問題が何かを突き止め、そこに飛び込むことだけです」

250SX

Monster Energy/Star/Yamaha Racing
シェーン・マクエラス選手談(2位)

「2位で終えられて良かった! コースはキツかったし、コンディションも非常に厳しかったです。序盤に赤旗が出て、再スタート後にレースをリードしていいたのに転倒したことにはがっかりでしたけど、自分のがんばりには満足しています。ブレークの後に戻って、この選手権獲得を目指してがんばります」

コルト・ニコルズ選手談(3位)

「雨のために今日のコンディションは本当に厳しくて、あらゆることの変化によって周回をまとめるのが本当に難しくなっていました。表彰台に立つことができて、それはいつも素晴らしいことですが、次の2戦に向けていくつかやるべきことがあります」

ページ
先頭へ