本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

レース情報



AMAスーパークロス

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどAMAスーパークラスに関する情報をお届けします。

Rd.09 2月29日 アトランタ

RACE DATA

開催日:2020年2月29日(土)
開催地:ジョージア州アトランタ
会場:メルセデスベンツ・スタジアム

REPORT

450SX:バーシアがアトランタで激闘の末2位表彰台を獲得

ジョージア州アトランタで開催されたAMAスーパークロス第9戦。Monster Energy/Yamaha Factory Racing Teamのジャスティン・バーシアが中団グループからスタートして見事な追い上げを展開し、2位でフィニッシュした。チームメイトのアーロン・プレシンジャーは引き続き進歩を見せ、今シーズンこれまでのベストリザルトとなる7位に入った。

パーフェクトとはいえないスタートで11番手につけるバーシアだったが、そこから懸命な走りを見せる。速さと、そして他のライダーのミスを活かして集団の中で順位を上げて行く。レース終了まで残り4周となったところで、バーシアは高速の左コーナーを4番手で抜けると、サンドセクションに3番手で進入。2番手を行くライダーを追撃するバーシアは、最終ラップのブリッジを過ぎたところでこれをかわすと、そのまま2位でゴール。シーズン3度目の表彰台に立つと共に、AMAスーパークロス450SXシリーズランキングで3位に浮上した。

AMAスーパークロス最上級クラス参戦2年目のプレシンジャーは進化を続けている。レース序盤はチームメイトに続いて周回を重ねていたが、追い越しのチャンスが非常に限られているこのコースで、集団の中で順位を上げるバーシアについて行けない。9番手を堅実に走行していたプレシンジャーだったが、ライバルのミスを活かして順位を上げ、レース終了間際に7番手に上がり、そのままチェッカーフラッグを受けた。

次のAMAスーパークロス第10戦は、3月7日土曜日にフロリダ州デイトナビーチで開催されるデイトナスーパークロス。50回目を迎えるこのレースは、象徴的なデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで開催される。

250SX East:マクエラス、アトランタでポディウムフィニッシュ

Monster Energy/Star/Yamaha Racingのシェーン・マクエラスがジョージア州アトランタのメルセデスベンツ・スタジアムでチャレンジングな状況を乗り越え、表彰台に立ち、250SX Eastで貴重な選手権ポイントを獲得した。

マクエラスはヒートレースではまずまずのスタートを見せて2位でフィニッシュするが、メインイベントはそれほどスムーズには進まなかった。第1ターンへの先陣争いの中でハンドルバーをロックさせ、これにより小さなテクニカルトラブルを抱えてしまい、マクエラスはチャレンジングなレースを戦うことになった。それでもマクエラスは3番手につけて、奮闘を続ける。

数周後、マクエラスは選手権ランキングで直接のライバルをテーブルトップの手前でパスするが、そのすぐ後にサンドセクションで順位を落としてしまう。戦いを続けたマクエラスだったが、最終的に3位でフィニッシュ。チャレンジングなコンディションのもとでの結果としては最高のものであり、タイトル争いでも良い結果となった。

RESULT

RIDERS RANKING

CONSTRUCTORS RANKING

COMMENT

450SX

Monster Energy/Yamaha Factory Racing Team
ジャスティン・バーシア選手談(2位)

「とんでもないレースだった! 中団からスタートして、序盤に多くのライダーをパスしました。中盤は前が詰まって、他のライダーのミスを待つ走りをしている何人かの選手の後ろに続いて走りました。その後、彼らの間に少し間隔ができたので、レース終了近くに2番手に上がれて、すごくしっかりとライディングできました。このコースでは多くのライダーが転倒していました。ここしばらくの間では自分がライディングした中で一番ラフなスーパークロスでしたけど、全体としてすごくいい感触でしたし、バイクは素晴らしかった。一日を通してバイクをうまく変更してくれて、常に僕を信じてくれたチーム全体に対して、いくら感謝しても感謝しきれない思いです」

アーロン・プレシンジャー選手談(7位)

「アトランタはかなり良かったです。今シーズンこれまでで最高のレースだったし、僕らは進歩を続けています。コースはすごくラフで、わだちがすごくできていて、フープスでは多くのライダーが転倒していました。控え目に言っても、すごくハイぺースのレースでしたね。すごく良い感触だったのですが、何周かペースが落ちてしまい、でもそのあと持ち直して7位でフィニッシュすることができました。これにはかなり満足しています。これからフロリダに戻って努力を続けて、高い希望を持ってデイトナに向かいます」

250SX

Monster Energy/Star/Yamaha Racing
ジャスティン・クーパー選手談(3位)

「一日を通して良い感触で、ヒートレースも良かったですね。うまく行くと思っていたメインイベントに向けて、若干バイクに変更を加えたのですが、これは僕の選択でした。コースにはかなり苦労しましたけど、たくさんのことを学んでいます。3位に入るのは大変でした。勝てるはずだったような気がしていました。ですので今週、それらに取り組んで、二度と同じミスを繰り返さないようにします」

ページ
先頭へ