本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

レース情報



AMAスーパークロス

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどAMAスーパークラスに関する情報をお届けします。

Rd.07 2月15日 タンパ

RACE DATA

開催日:2020年2月15日(土)
開催地:フロリダ州タンパ
会場:レイモンド・ジェームス・スタジアム

REPORT

450SX:バーシアがタンパで4位フィニッシュ

フロリダ州タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアムで開催されたAMAスーパークロス第7戦。そのメインイベントで、Monster Energy/Yamaha Factory Racing Teamのジャスティン・バーシアがトップ10圏外からのスタートという厳しい状況から追い上げて4位でフィニッシュ。その速さがトップランナーに相応しいものであることを証明した。チームメイトのアーロン・プレシンジャーはトップ10圏内を走行していたところで自らのトラブルにより後退し、16位でフィニッシュした。

この日はMonster Energy/Yamaha Factory Racing Teamにとってチャレンジングな一日となったが、シーズンの最初の東海岸ラウンドで、持てるものすべてを出し切ろうと、チームはチャレンジに立ち上がった。バーシアはまたもスタートの問題に直面したが、それで一日を終わらせるつもりなどなかったことは、その最終結果が証明した。1周目を14番手で終えたバーシアは、ひとり、またひとりとライダーをパスし続け、第2戦以降の自己ベストとなる4位でフィニッシュしたのだ。ポイントランキングは依然、僅差の争いが続いており、バーシアは現在、4位に位置している。

ライダーがコースにしっくり馴染まないように見える日もあるが、タンパのプレシンジャーがまさにそれだった。プラクティスこそうまく進んだものの、その後は困難な戦いとなった。メインイベントのスタートゲートが下りると、プレシンジャーはトップ10圏内で飛び出し、好ペースを維持。ところがレース中盤、フープスで転倒を喫してタイムをロス。20番手まで後退してしまう。再走を果たしたプレシンジャーは少しでも多くポイントを獲得すべく奮闘し、16位でフィニッシュした。

チームは、2月22日土曜日、アーリントンのAT&Tスタジアムで開催されるAMAスーパークロス選手権第8戦に向けて、テキサス州へと移動する。

250SX East:シェーン・マクエラスがMonster Energy/Star/Yamaha Racingでの初レースで優勝

Monster Energy/Star/Yamaha Racingは勝利の流れをつないだ。シェーン・マクエラスがフロリダ州タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアムで開催されたAMAスーパークロス250SX Eastで圧倒的なパフォーマンスを見せつけ、優勝を果たした。マクエラスの勝利は自身7度目。次週に向けてレッドプレートを誇らしげに手にした。

マクエラスは250SXのキャリアの大半を西海岸に絞ってきたが、タンパで他を圧倒するライディングを見せつけ、東地区のダートにも対応できることを証明した。コースはチャレンジングで、刻々と変化するコンディションにどう対応するか、ライダーの能力が試されることになった。この夜、マクエラスは、最初に参加したレース、ヒート1で周囲を納得させる走りで勝利を収めた。迎えたメインイベントでは、スタート後すぐにトップに立つと、後続を引き離しにかかる。結局、マクエラスは2位に約3秒の差をつけて勝利のチェッカーフラッグを受けた。

RESULT

RIDERS RANKING

COMMENT

450SX

Monster Energy/Yamaha Factory Racing Team
ジャスティン・バーシア選手談(4位)

「プラクティスでかなり恐ろしいクラッシュをしたのですが、無事に済んで良かったです。トリプルで手がハンドルバーから滑って離れ、投げ出されてしまいました。このコースは難しいコースでした。これほどハードパックだとは予想していませんでした。夜に向けて変更を加え、それは良かったのですが、メインではまたひどいスタートをしてしまいました。集団の中を猛チャージで追い上げて4位に入ることができました。バイクはコース上ですごく良く機能していました。ここは追い越しが難しいんですが、それができました。全体として、今回のように集団の中を行くことに自信が持てるようになりました。テキサスでの次のラウンドの前に、今週、家に帰るのが楽しみです」

アーロン・プレシンジャー選手談(16位)

「プラクティスでは良い感じで、うまく流れました。結果として、ここのダートは自分が思っていたのと大きく異なっていました。もっとたくさんのわだちがあると思っていたんです。良いスタートができなくて、それが響きました。それと、今日はフープスとの相性が悪くて、転倒してしまいました。再走してからは、前を走るライダーと同じペースで走りました。速さがあるのはわかっているんです。ただスタートから良い位置につけることが必要なんです。来週それをやります。トリプルクラウンにワクワクしていますよ。良い変化になるはずです」

250SX

Monster Energy/Star/Yamaha Racing
シェーン・マクエラス選手談(1位)

「正直言って、勝ててすごくほっとしました。シーズンオフの間、着実に作業を進めて来ました。改善できることはどんなことでも取り組みました。自分のレースに関することはすべて変更したので、問題を見つけるのは簡単です。私はそれらの変更を信じなければならなかったし、ここに立つことができると信じる必要がありました。可能な限りのハードワークをして、それが報われました。コースは簡単ではなく、テクニカルでした。でもそれこそ私たちが取り組んできたことで、自分はそれに備えてきたのだと感じることができました」

ページ
先頭へ