本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

レース情報



AMAスーパークロス

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどAMAスーパークラスに関する情報をお届けします。

Rd.04 1月25日 グレンデール

RACE DATA

開催日:2020年1月25日(土)
開催地:アリゾナ州グレンデール
会場:ステートファーム・スタジアム

REPORT

450SX:バーシアがトップ5フィニッシュ、プレシンジャーは9位を獲得

2020年AMAス―パクロス第4戦は、アリゾナ州グレンデールのステートファーム・スタジアムで、トリプルクラウン方式で争われ、Monster Energy Yamaha Factory Racing Teamのジャスティン・バーシアがトップ5フィニッシュ。チームメイトのアーロン・プレシンジャーは、2020年のAMAスーパークロスで自己ベストの総合9位に入った。

最初のメインイベントで、Monster Energy Yamaha Factory Racing Teamの両ライダーはスタート直後に中団グループにつかまってしまう。バーシアは1周目に発生したマルチクラッシュを免れたが6番手。その後、前を行く5番手のライダーとのギャップを詰め、何度かアタックするが6位フィニッシュとなった。プレシンジャーもポジションを上げ7番手とするが、フープスセクションで苦戦し11番手まで後退してレースを終えた。

2つ目のメインイベントではプレシンジャーが素晴らしいスタートを見せて3番手につける。一方、ベテラン、バーシアは再び中団グループに埋もれてしまう。残念ながらプレシンジャーにとってフープスが課題となり順位を落とすこととなるが、バーシアは順位を上げ、終盤にチームメイトをかわすと8位、プレシンジャーは9位でフィニッシュした。

最後のメインイベントも同様の展開に。バーシアはスタートの遅れ、11番手から9番手へと順位を上げる。一方、プレシンジャーは6番手につけるが順位を落とし、4周目、バーシアがフープス手前でプレシンジャーを逆転する。その後、バーシアとプレシンジャーははポジションをキープしていたが、レース終盤、前を走るライダーがクラッシュしたため、両ライダーは順位をひとつずつ上げ、バーシアが7位、プレシンジャーは8位でフィニッシュとなった。

バーシアは3つのメインイベントをそれぞれ6、8、7位で終えて総合結果では5位となり、チャレンジングなレースフォーマットとコンディションの中で貴重なポイントを獲得した。バーシアは13戦を残しトップから11ポイント差、ポイントランキングで3番手となっている。スーパークロス2年目のプレシンジャーは、2020年自己最高位となる総合9位(11位、9位、8位)となった。

AMAスーパークロス、次の第5戦は2月1日、カリフォルニア州オークランドのリングセントラル・コロシアムで開催される。

250SX:フェランディスがポディウムに復帰、クーパーは追い上げてポイントランキングトップを維持

アリゾナ州グレンデールにあるステートファーム・スタジアムで今季初のトリプルクラウン方式で行われたAMAスーパークロスSX250第4戦。Monster Energy Star Yamaha Racingのディラン・フェランディスが3回の2位フィニッシュで総合2位となった。チームメイトのジャスティン・クーパーは最初の2つのメインイベントでのクラッシュから挽回。最終メインイベントで勝利を飾り、総合9位に入って選手権ポイントランキング1位を守った。

フェランディスは走り出しから好調ぶりを見せ、4週連続となるクオリファイングプラクティス1位を獲得。だが最初のメインイベントで、フェランディスはトップのゲートピックを活かすことができなかった。スタートで出遅れたフランス人ライダーだったが、それでも5番手から3番手へとすぐに順位を上げると2番手のライダーとのギャップを詰めてゆく。8周目、フェランディスは2番手に上がる。ライバルもすぐに反撃。しかしフェランディスはポジションを奪還すると、そのままフィニッシュした。

2回目のメインイベントでもスタートがフェランディスの課題となった。9番手に後退したフェランディスは、そこから表彰台を目指して追い上げをしなければならない。フェランディスはチャレンジングなフープスセクションで強さを見せて前を行くライダーをパス。3番手へと順位を上げる。プッシュし続けるフェランディスは2番手のライダーに追いつき、サンドセクションの後にこれをパス。残念ながらレースリーダーを捕らえるには時間が足りなかったものの、見事2位でチェッカーフラッグを受け、最後のメインイベントへと臨んだ。

フェランディスのスタートは最初の2レースよりは良かったものの、まだ課題はあり、5番手に後退。再びフープスで順位を上げるフェランディスは、すぐに3番手まで浮上する。数周後に2番手に上がると、フィニッシュまでそのポジションをキープしたフェランディスは総合結果でも2位となり、今シーズン4回目となる表彰台に立った。望んでいた勝利には届かなかったものの、フェランディスは選手権ポイントランキングでトップを維持するチームメイトとの差を3ポイントまで詰めた。

一方、クーパーにとって最初のメインイベントは厳しいレースとなった。チームメイト同様、好スタートを決めることができなかったクーパーは、1周目、サンドセクションを通過した後にクラッシュしてしまう。選手権ポイントランキングリーダーのクーパーは、再走するために貴重なタイムをロスするが、諦めることなく走り続け、17番手まで追い上げたところでフィニッシュ。トリプルクラウン方式で行われるこの大会の貴重なポイントを得た。 2回目のメインイベントで、ニューヨーカーは好スタートを見せてトップに立つが、残念ながら再び同じ展開に。今回はフープス手前の右コーナーで、またしてもクラッシュを喫してしまう。レースに復帰したクーパーは最後尾から追い上げて9位でフィニッシュラインを通過した。

クーパーは最後のメインイベントで本来の走りを取り戻すこととなった。再び素晴らしいスタートを見せてトップに立ったポイントランキングリーダーは、10分間プラス1周のレースを通してポジションを堅持。そのままレースを制し、総合結果では9位となった。この結果、クーパーはレッドプレートと250SX西地区選手権トップの座を守ることに成功した。

RESULT

RIDERS RANKING

CONSTRUCTORS RANKING

COMMENT

450SX

Monster Energy Yamaha Factory Racing Team
ジャスティン・バーシア選手談(5位)

「走り出しから厳しい一日になりました。コースは時間とともに変化して、ターンとそれからフープスで苦戦しましたが、本当に大変だったのはスタートでした。今夜はフィニッシュで到達すべきポジションまで行くのにすごく頑張らなければならなかったのですが、このようにショートレースでは厳しかったですね。コースはラインがたった1本しかなくて、追い抜きがすごく大変でした。トリプルクラウンはとんでもないですね。皆がすごく速い。好スタートを決めないと、良いポジションにつくのが難しい。今夜はそこら中で飛び出したり、クラッシュしたりするライダーがたくさん居たので、怪我なく無事に終えて良かったです。僕はこれまでよりも賢明で、成熟したライダーになっているので、今夜得られたものを活かします。先週そうしたようにね。まだ第4戦です。良い位置につけているので、コツコツ努力を続けるだけです」

アーロン・プレシンジャー選手談(9位)

「今年最初のトリプルクラウン、グレンデールはかなり良かったですね。クオリファイは15位とあまり良くなかった。最初のメインイベントでは、スタートで中団に埋もれ、そこからレース前半に7番手まで上がったんですが、後半に少し乱れてしまいました。フープスの走りが悪くなって、それで後半少し苦戦しました。2回目のメインでは本当に好スタートを決めることができました。先頭集団と一緒に走っていたのですが、フープスがうまく行かなかった。フープス以外はどこでも速かった。3回目のメインでもスタートは良かった。2回目ほどではなかったものの、猛チャージして、良いポジションにつけるようにトライしましたし、かなり良い位置でフィニッシュしました。全体としては、今シーズンの自己ベストフィニッシュです。これから戻ってもっとやるべきことがあります。来週のオークランド戦が待ちきれないほどですよ」

250SX

Monster Energy Star Yamaha Racing
ディラン・フェランディス選手談(2位)

「悪い一日だったとは言えないですね。もっとひどいことになっていたかもしれないですから。でも勝てなくてちょっとがっかりしています。スタートが悪かったために優勝を逃したように感じていますけど、速さはあったし、何度も追い抜きをしました。どの時点でも疲労は感じていなかったので、身体的なフィーリングは充実していました。ライディングもすごく良く、バイクも素晴らしかった。あとはスタートを改善するだけです。なぜスタートで苦労したのか、今は理解できないですが、チームと協力して変更を加えます。選手権1位と3ポイント差になりました。大きな目標は選手権です」

ジャスティン・クーパー選手談(9位)

「グレンデールは目まぐるしく変化する一日でした。コースコンディションは本当にトリッキーで、トラクションを維持するのがすごく大変でした。3回目のメインで勝利を取り戻して、ポイントランキングでのリードを維持することができました。前向きに、そしてミスから学んで次のレースへと進んで、再び勝利を目指します」

ページ
先頭へ