本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

レース情報



ロードレース世界選手権 MotoGP(モトGP)

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどMotoGPクラスに関する情報をお届けします。

Rd.06 5月30日 イタリア

RACE DATA

■大会名称:MotoGP第6戦イタリアGP
■開催日:2021年5月29日(土)予選結果
■開催地:ムジェロ/イタリア(5.245km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:25度 ■路面温度:41度
■PP:F・クアルタラロ(1分45秒187/ヤマハ)

REPORT

クアルタラロが好調をキープし、ポルトガルGP以来の優勝を目指す

Monster Energy Yamaha MotoGPのF・クアルタラロが、ラップレコードを更新して4戦連続となるポールポジションを獲得。Q1に出場したM・ビニャーレスは、数台の後続車に悩まされ、最終ラップではミスをおかして0.021秒差でQ2に進出することができなかった。決勝は13番グリッドはとなっている。 PETRONAS Yamaha Sepang Racing TeamのF・モルビデリとV・ロッシは、それぞれ10番手と19番手。

クアルタラロが4戦連続のポールポジション獲得

ほとんどのライダーを先に行かせ、十分なクリアスペースをとってからアタックを開始したクアルタラロ。最初のトライで4番手につけ、2回目にはスリップストリームの助けを借りることなく1分45秒481でトップに浮上した。

ここでピットに戻り、残り5分で、またも単独走行の状態でコースに復帰。この時点でトップが入れ替わっており0.170秒差をつけられていたが、トップ奪還を目指してアタックするとすぐさま1分45秒187に短縮。これで2番手以下に0.464秒差をつけ、同時にラップレコードを更新した。最終ラップではそれ以上の更新はならなかったものの、0.230秒差を保って4戦連続のポールポジションを獲得している。

チームメイトのビニャーレスは、午前中に行われたFP3終盤で転倒。幸い怪我はなかったが、最後のアタックのチャンスを逃してQ2に進出することができなかった。

Q1では序盤で5番手につけたものの、次のトライではコース上で流していたライダーに阻まれる間に7番手に後退。ここでピットに戻り、残り5分にQ2進出を賭けて2回目の走行をスタートした。ところがそのテールに数台が続いてきたため、これを回避すべくもう一度ピットレーンへ。この作戦変更によって時間を費やし、またタイヤを暖めるチャンスを逸すこととなってしまった。
依然としてM・マルケス(ホンダ)が後続していたが、あとがなくなったビニャーレスは最後の2ラップに全力を賭ける。そしてその1回目で1分46秒045を記録して2番手に浮上。続く最終ラップでは3つのセクターでタイムを更新していたが、最終コーナーで大きくはらみ、これにより0.121秒差で3番手に後退した。決勝は13番グリッドからスタートする。

PETRONAS Yamaha SRTのモルビデリ、ホームGPを4列目スタート

FP3で1分45秒865を記録し、一時2番手に浮上したモルビデリ。その後はタイムを更新することができなかったが、10番手でQ2進出を決めた。シグナル・グリーンと同時に真っ先にQ2をスタートすると、序盤で7番手につけたあと10番手に下げて1回目の走行を終了。セッション終盤では1分46秒084に短縮したものの順位を上げることはできず、そのまま10番グリッドが決定した。

チームメイトのロッシはFP3でラップタイムを更新したが、厳しい状況は続いており、1分46秒358のベストラップで18位。Q1では最初の走行で第1セクターの自己ベストを更新したものの、このときの記録はコースリミット越えによりキャンセルとなった。最後のアタックでは1分46秒770に短縮して9番手に上げ、グリッド19番手が決定している。

PETRONAS Yamaha Sepang Racing Teamはジェイソン・デュパスキエに心を寄せ、その無事を祈願する。

RESULT

COMMENT

Monster Energy Yamaha MotoGP

F・クアルタラロ選手談(予選トップ/1分45秒187)

「おそらくこれが、私のこれまでの人生のなかのベストラップだと思います。ここはアドレナリンを実感できるタイプのコースなのです。私は至るところで限界ぎりぎりを走っていました。第1セクターではマシンの動きが激しくなりましたが、自分自身を励まして力に変え、しっかりやり遂げました。どうしてもファステストラップを出したかったのです。ラップタイムを見てとても驚きましたし、このラップをエンジョイできました。そして決勝のために、どうしても欲しかったポールポジションを獲得することができました。今日はMoto3で激しい転倒がありましたが、ジェイソン・デュパスキエの無事を祈っています」

M・ビニャーレス選手談(予選13番手/1分46秒045)

「今の状況を理解し、一歩ずつ前へ進むしかありません。開幕戦のカタール以来、道に迷ってしまったような感じです。ル・マンでは光が差すときもありましたが、雨によってそれも失われ十分に輝くことができませんでした。明日は今日より良くなるよう頑張ります。そのためにもう一度マシンを組み立てていかなければなりません。カタールでは非常に素晴らしく、私自身も好調でしたし自分の強みもわかっていました。もう一度、あの状態を達成したいと思っています。Q1は一人で走りたかったのですが、大勢が私の後ろについて来ました。ただそういうことです。明日のことに集中するだけです」

M・メレガリ、チーム・ディレクター談

「チーム内で明暗が分かれました。クアルタラロ選手は初日からずっと好調で、その自信がQ2ではっきり示されました。1分45秒187の記録はラップレコードというだけでなく、それをスリップストリームを使わずに単独で成し遂げたことに大きな意味があります。非常に大きな自信になることは間違いありませんが、それでも依然として、明日の決勝で優勝するのは簡単なことではないと考えています。大勢が勝利を狙ってくるので、新たに導入したスターティング・デバイスが彼を後押ししてくれることを期待しています。その一方で、ビニャーレス選手は残念な結果となりました。まずFP3終盤の転倒によりQ1出場となりました。Q1の2回目の走行では後続車により時間を費やしたことでQ2進出のチャンスを逃してしまいました。グリッド13位は理想的ではありませんが、今はこの状況に対処していくしかありません。私たちの全パワーを注入し、セッティングをさらに煮詰め、フロントのフィーリング向上を実現してラップタイム短縮を目指していきます。それが決勝で役に立ってくれると思います」

PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team

F・モルビデリ選手談(予選10番手/1分46秒084)

「トップを目指してベストを尽くしましたが、今日はどうにも難しい状況でした。午前中のセッションはハイペースで走れていたのですが、午後になると、なぜか同じようにはいきませんでした。 FP3セッションと同様、あるいはそれ以上が出せると思っていたので、原因を探らなければなりません。このような経緯で10番手に留まることとなり、とても残念です。このコースはいつもタフな戦いになりますが、今はより一層、難しくなってします。今夜、チームで話し合い、改善を目指していきます。厳しさを増すMotoGPでトップに立つためには、あらゆる要素をしっかり固めていくしかありません」

V・ロッシ選手談(予選19番手/1分46秒770)

「予選でもう少し上の順位を目指せると考えていました。午前中のFP3セッションではペースが上がり、フィーリングも良くなってきていたのですが、大勢のタイムが接近しており厳しい状況が続きました。ムジェロはタフなコースですし、グリッド19番手では難しい展開になると思いますが、これから少しでも改善して、明日はいいレースができるよう頑張ります」

ページ
先頭へ