本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

レース情報

MotoGP

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどMotoGPクラスに関する情報をお届けします。

Rd.14 9月19日 サンマリノ

RACE DATA

■大会名称:MotoGP第14戦サンマリノGP
■開催日:2021年9月19日(日)決勝結果
■開催地:ミサノ/イタリア
■周回数:27周(114.102 km)
■コースコンディション:ドライ-ウエット
■気温:26度 ■路面温度:29度
■PP:F・バニャイア(1分31秒065/ドゥカティ)
■FL:E・バスティアニーニ(1分32秒242/ドゥカティ)

REPORT

Monster Energy Yamaha MotoGPのF・クアルタラロは全27ラップのゴールラインまで全力で攻め続けて2位を獲得。優勝には0.364秒届かなかったが、貴重な20ポイントを手中にしランキングトップを維持した。F・モルビデリは初のファクトリー・マシンで序盤は果敢にバトルに加わり、長いリハビリ後の復帰戦を最後まで着実に走り切って18位でチェッカーを受けた。

PETRONAS Yamaha Sepang Racing TeamのV・ロッシは、23番グリッドから17位まで挽回。A・ドビツィオーゾは同チームからのデビュー戦を21位で終えた。

Monster Energy Yamaha MotoGPのクアルタラロ、サンマリノGPで2位獲得

クアルタラロは好スタートを切って2番手で第1コーナーへ。その後3番手に後退し、2ラップにわたりJ・マーティン(ドゥカティ)と激しいバトルを繰り広げた。何としても3番手を守りたいクアルタラロは懸命にプッシュ。3ラップ目にはマーティンが転倒したためマージンを築き、さらにトップ2台を追いかけた。

トップのF・バニャイア(ドゥカティ)と同等のペースで、2番手のJ・ミラー(ドゥカティ)との差を詰めていったクアルタラロ。2番手浮上は時間の問題という状況だったが、7ラップ目にミラーがミスをしてはらんだことで、その差はさらに縮まった。そして6ラップ後には絶好のチャンスが訪れ、ミラーをとらえてついに2番手に浮上した。

この時点でトップとの差は約3秒。しかし決して慌てることなく、安定した走行を続けながら着実に近づき、残り4ラップまでに0.6秒差と迫ると、パスのチャンスを窺った。クアルタラロは第1セクターと第4セクターを得意としているが、バニャイアは第3セクターでアドバンテージを発揮する。こうした状況のなかで、じりじりと詰めながら一時は0.151秒差まで迫ったが捉えることができず、0.364秒差の2位でチェッカー。これでフランス人ライダーとしてトップとなる、最高峰クラス19回目の表彰台を獲得することとなった。

一方のモルビデリは16番グリッドからスタート。激しい混戦のなかでオープニングラップを終え、序盤の数ラップで20番手に落ち着くと、その後は安定したリズムで周回を重ねていった。前方でのクラッシュやリタイアにより、いくつかポジションを上げたものの、同時にD・ペトルッチ(KTM)、V・ロッシ、L・マリーニ(ドゥカティ)とのバトルで後退。後半は単独走行となり、まだ完治の状態ではないにもかかわらず、最後までリズムを維持して27ラップを走り切った。最終ラップではマリーニをパスし、5戦ぶりのグランプリを18位で終えた。

この結果、クアルタラロはチャンピオンシップ・ポイントを234とし、48ポイントのリードを保ってランキングトップをキープ。モルビデリは今回はノーポイントとなっているが、第8戦までに獲得した合計40ポイントでランキング17位につけている。Monster Energy Yamaha MotoGPは合計329ポイントでチーム・ランキングトップ、ヤマハは合計262ポイントでコンストラクターズ・ランキング2位となっている。

チームは9月21日と22日の2日間、Misano MotoGP Official Testに参加し、2週間後にはアメリカはテキサス州オースティンのCircuit of The Americasで開催される第15戦に臨む。

ロッシとドビツィオーゾは17位と21位

スタートで出遅れたロッシは集団に追いつくまでに数ラップを擁したが、その後2つポジションを上げるとリズムをつかみ、さらにペースを上げていった。18ラップ目に17位に浮上。しかしレース終盤は前との差を詰めることができず、ポジションをキープしてチェッカーを受けた。チャンピオンシップ・ポイントでは合計28ポイントのランキング21位となっている。

一方、今回からチームに加わったドビツィオーゾは、PETRONAS Yamaha SRTのライダーとしての初レースを順調にスタート。しかし中盤ではコースリミット越えによるロングラップ・ペナルティを受け、その後は集団から離されて挽回はかなわず、約10ヵ月ぶりの出場となったMotoGPを21位で終えている。

RESULT

LAP CHART

RIDERS RANKING

CONSTRUCTORS RANKING

COMMENT

Monster Energy Yamaha MotoGP

F・クアルタラロ選手談(2位)

「最終ラップでバニャイア選手をパスしようと考えていたのですが、今日は彼の走りが素晴らし過ぎました。私も全力を尽くしましたが、どうしても届きませんでした。正直なところ、レース中はチャンピオンシップのことはほとんど忘れていました。そして何度もフロントを滑らせそうになり、すべてを失ってしまうかもしれない状況でしたが、最終的には20ポイントを獲得することができ本当に良かったと思います。今は、明後日のテストが楽しみです。いくつか試してみたいことがあるのです。
残り4戦となりましたが、現時点でほぼ2レース分のアドバンテージを確保しています。それだけにレース後の今、ドライ・コンディションが最後まで続いてくれたことを、とてもありがたく感じています。昨年はチャンピオンシップのことを考えすぎてしまい、それが私のウイーク・ポイントとなりました。でも今日はまったく反対で、あまり考えないまま限界まで攻めることができました。レース後に父が、まるでチャンピオンのような走りだったと言ってくれて、うれしく思いました。今日はペースが素晴らしく、あとわずかと迫ることができたので、2回目のミサノもエンジョイできるよう、また全力でトライします」

F・モルビデリ選手談(18位)

「厳しい戦いでしたが、何よりレースに復帰することができてうれしいです。スタートがうまくいったので初めの数ラップは集団についていき、バトルを楽しむこともできて順調でした。実は午前中の時点では脚に少し違和感があったため、出場は不可能かもしれないと考えていました。でも痛み止めとアドレナリンで、レースを最後まで走り切り、しかも非常に安定したので良かったと思います。マシンのことも少しずつわかってきて良い状態ですし、今はとてもハッピーな気持ちです。セッティングと自分自身のフィーリングを着実に向上させながら、同時に新しいアイテムをトライすることも必要です。このあとのテストがとても重要になるので楽しみにしています」

M・メレガリ、チーム・ディレクター談

「クアルタラロ選手はいつも通りに素晴らしい仕事をしてくれました。スタートでわずかに遅れてしまいましたが、私たちの計算では、ライバルたちが使用していたリアのソフト・コンパウンドは残り10ラップ頃から落ち始めるはずでした。そして、その通りになったのです。クアルタラロ選手はプレッシャーをかけ続けましたが、あとわずかというところで届きませんでした。それでも彼のパフォーマンスは非常に素晴らしく、印象的でした。
モルビデリ選手は久しぶりのレースをエンジョイしていました。未だに手術後の回復過程にあり、そのなかでの27ラップは本当に大変なものだったと思いますが、良い走りを見せてくれました。まだ100%の状態ではないので、ここからひとつひとつ積み重ねていく段階です。怪我の回復に沿って、彼はますます調子を上げていくでしょう。私たちは自分たちの仕事に満足してサンマリノGPを終えることができました。第2ラウンドも楽しみですが、その前にここでテストを行い、次戦COTAに臨みます」

PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team

V・ロッシ選手談(17位)

「昨日のQ1での転倒によって23番グリッドに留まったこともあり、今日は非常に難しい展開でした。第1コーナーでいくつか挽回できたのですが、第4コーナーでは接触があってはじき出され、最後尾まで後退しました。そのあとプッシュし続けるとペースが上がり、何台かパスすることもできましたが、最終的にポイントに届かなかったのは残念です。チェッカーフラッグを受けたあとは観客席の大勢のファンに迎えられ、最後の1ラップを楽しく走ることができました。とても感動的な瞬間でした。今週またテストがあるので、タイヤのテストを含めてセッティング向上を目指します。そして次戦COTAのあとはいよいよ、ここミサノで私にとって最後となるレースが行われます。ポテンシャルを最大限に発揮できるよう頑張ります」

A・ドビツィオーゾ選手談(21位)

「24番グリッドからのスタートには違和感があり、とても奇妙な感覚でした。でも最後まで安定して走り切り、できるだけ多くを学ぶためには良い環境だったと思います。ロングラップ・ペナルティを受けて集団から離されてしまったことは残念ですが、そのあとはいろいろ試しながらマシンへの理解を深めることができました。こうした展開には満足していますし、終盤でベストタイムが出たこと、しかもそれが非常に良い記録だったことに手応えを感じました。マシンに多くの長所が見つかりましたが、それだけにとどまらず、これからチームとともにデータを分析しながら理由を解明し、レース序盤でも同等のフィーリングを得られるよう作業を進めていく必要があります。そのためにも今週また2日間のテストに参加できるはうれしいことです。天候に恵まれることを期待します」

R・ラザリ、チーム代表談

「残念ながらロッシ選手にとって理想通りのホームGPにはなりませんでしたが、彼は間違いなく、最大限の力を尽くしました。大勢のファンとともに長いレースキャリアを祝うチャンスはまだ残っており、来月2回目のミサノがより良い展開になることを願っています。ドビツィオーゾ選手が今回からチームに加わり、今日は約10ヵ月ぶりのMotoGP、しかも2012年以来、約9年ぶりのYZR-M1での出場となりました。そのなかで高いポテンシャルを見せ、ラップタイムも素晴らしく、持ち前のスピードを取り戻すのも時間の問題だと考えています」

ページ
先頭へ