本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

レース情報



ロードレース世界選手権 MotoGP(モトGP)

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどMotoGPクラスに関する情報をお届けします。

Rd.05 5月16日 フランス

RACE DATA

■大会名称:MotoGP第5戦フランスGP
■開催日:2021年5月16日(日)決勝結果
■開催地:ル・マン/フランス(4.185km)
■周回数:27周(112.995 km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:17度 ■路面温度:31度
■PP: F・クアルタラロ(1分32秒600/ヤマハ)
■FL: F・クアルタラロ(1分33秒048)

REPORT

Monster Energy Yamaha MotoGPのF・クアルタラロがホームGPで3位獲得
PETRONAS Yamaha Sepang Racing TeamのV・ロッシとF・モルビデリは11位と16位

天候変化によりフラッグ・トゥ・フラッグ・レースとなった第5戦フランスGPで、Monster Energy Yamaha MotoGPのF・クアルタラロが苦手のウエット・コンディションを克服して3位を獲得。チームメイトのM・ビニャーレスはドライ・コンディションの序盤でレースをリードしたが、雨が降り出したところでミスがあり10位でフィニッシュ。

PETRONAS Yamaha Sepang Racing TeamのV・ロッシとF・モルビデリはそれぞれ11位と16位だった。

F・クアルタラロが3位表彰台獲得しランキングトップへ

Monster Energy Yamaha MotoGPのライダーふたりがフロントローに並んだとき、ル・マン・ブガッティ・グランプリ・サーキットの上空には灰色の雲が垂れ込めていた。今にも雨が降り出して路面コンディションが変化し、難しくまた危険ですらある展開が容易に想像された。

ポールポジションからスタートしたクアルタラロは初め3番手につけ、その後ビニャーレスとJ・ミラー(ドゥカティ)をパスしてトップに浮上。しかしまもなく雨が降り出したため、残り22ラップでピットに戻り、ウエット用マシンに乗り換えて3番手でコースに復帰した。

前方を走る2台が転倒したため2ラップ後には再びトップに立ったが、それも長くは続かず、4ラップ後にはミラーに先行されて2番手に後退。またマシン交換の際にピットを間違えたことによるロングラップ・ペナルティを科されていたが、これはスムースに対応して2番手を維持した。このあとしばらくはポジションを維持して単独走行。しかし終盤で再び路面が乾き始めると、フロントに装着したソフト・コンパウンドのレインタイヤのグリップが低下し、残り6ラップではJ・ザルコ(ドゥカティ)にも先行を許すこととなった。このあとも苦しい状況が続いたが、最後までコントロールして走り切り、トップから14.468秒差の3位でチェッカー。ホームGPで表彰台に上った。

チームメイトのビニャーレスはグリッド2番手からスタートし、ポジションを維持して第1コーナーへ。そしてクアルタラロ、ミラーと競り合いトップに立った。ところがまもなく雨が降り出し、コーナーではらむ間に5番手へ後退。さらにウエット用マシンに交換してコースに復帰したときには9番手まで順位を下げていた。

ウエット・コンディションでは、それまでのような良いフィーリングが得られず、また終盤でドライ・ラインが現れると、前後ソフト・コンパウンドのレインタイヤがオーバーヒートして苦戦を強いられた。それでもトップ10を目指して懸命にプッシュを続け、最終的にはトップから40.577秒差の10位でチェッカーとなった。

この結果、クアルタラロはチャンピオンシップで合計80ポイントとなり、2位に1ポイント差でランキングトップを奪回。ビニャーレスは合計56ポイントで5位につけている。ヤマハは合計107ポイントでコンストラクターズ・ランキング2位、Monster Energy Yamaha MotoGPもまた、合計136ポイントでチーム・ランキング2位となっている。

次回、第6戦は5月28~30日、イタリアはムジェロ・サーキットで開催される。

V・ロッシが11位獲得、F・モルビデリは転倒から挽回して16位

ロッシはグリッド9番手から好スタートを切り、オープニングラップでふたつ上げて7番手につける好調ぶり。しかし第11コーナーでは他車の転倒を避ける間に13番手に後退してしまった。

その後、雨が降り始めると5ラップを走り終えてからピットに戻り、マシンを乗り換えて12番手で復帰。ハイペースをキープして12ラップ目までに10番手まで上がり、1ラップ後にはもうひとつ上げたが、路面が再び乾き始めるとペースを維持できなくなり、11番手に後退してチェッカーを受けた。チャンピオンシップでは合計9ポイントでランキング19位となっている。

チームメイトのモルビデリはグリッド4番手からスタート後、8番手に下げて第1コーナーを通過。ロッシと競り合いながらオープニングラップを走行していたが、第11コーナーで他車と接触してコースアウトしてしまった。これで大きく順位を下げたモルビデリはマシン交換後のチャンスに賭けたが、懸命の挽回にもポイント圏内への復帰はかなわず16位でレースを終えた。チャンピオンシップでは合計33ポイントでランキング8位をキープしている。

RESULT

LAP CHART

RIDERS RANKING

CONSTRUCTORS RANKING

COMMENT

Monster Energy Yamaha MotoGP
F・クアルタラロ選手談(3位)

「人生最大の、奇妙で難しいレースと言っていいと思います。しかもフラッグ・トゥ・フラッグ・レースは初めての経験でした。雨が降る前、スリック・タイヤでの走行は非常に好調で、マーベリック(ビニャーレス)とミラーがやや慎重に走っているときも、私は"OK! 行けるよ!"と非常に楽観的でした。ところが第9コーナーでは雨がたくさん降っていて、マシンが右に左にと揺さぶられました。このときは"こんな感じでピットに入って行ったとしたら、それはそれですごいな!"などと考えていました。結局、絶好のタイミングでピットに戻ったのですが、まずバスティアニーニのピットに入りそうになり、次にマーベリックのマシンに乗ってしまいそうになりました。大変な混乱でした。それでも最後には表彰台に上ることができました。このような状況のなかで、ここまでやれるとは想像していませんでした。ランキングトップ奪回については、私たちの仕事の結果であり、うれしいですが、まだ14戦も残っているのですから今はあまり考えていません。それよりも、難しい状況のなかで大きくポジションを落とさず、ひとつ上げられたことは良かったと思います。次からも集中し、一歩一歩前進を目指します」

M・ビニャーレス選手談(10位)

「ひとつ明らかなことは、もしもドライ・コンディションが続いていたなら、優勝のチャンスがあったということです。グリッド2番手から好スタートを切り、レースをリードしました。マシンのフィーリングは最高で、開幕戦以来の絶好調だったのです。この時点で勝利をほぼ確信していました。ところが2ラップ後に雨が降り始めると、あまりにがっかりして集中力を失ってしまいました。そしてミスをしてはらみ、大きく遅れてしまったのです。そのあと2ラップはまったくスピードが上がらず、どうすることもできませんでした。しかし良かったところもあります。好スタートは本当に久しぶりで、そのあとすぐにトップに立つことができました。次のムジェロはチャンスだと思っています」

M・メレガリ、チーム・ディレクター談

「予想通り、天候に左右される一日となりました。結局、想像できるあらゆるコンディションを経験することになったのです。ファビオ(クアルタラロ)はウイーク序盤でウエット・コンディションに苦しみ、またフラッグ・トゥ・フラッグ・レースも初めてだったにもかかわらず、決勝ではドライ、ウエット、ミックスとすべてに適応して素晴らしい仕事をしてくれました。しかも手術後わずか1週間しか経っていないというのに、この数日間で、変わりやすいコンディションへの対応力が大幅に上がったのです。
マーベリックも非常に好調で、フロントローから好スタートを決めて1ラップ目でトップに立ちました。しかし雨で集中力を失い、コーナーではらんでしまったのは残念なことでした。その後も残り10ラップくらいでドライ・ラインができ始めると、ソフト/ソフトのタイヤ・コンビネーションに苦戦させられることとなってしまいました。このように今回は誰にとっても非常に難しい状況であり、レースは賭けのようなものでしたが、そのなかでドライ・コンディションでは速さを発揮できたことは大きな収穫です。このことを次のムジェロにつなげたいと思います」

PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team
V・ロッシ選手談(10位)

「前回までの数戦と比べて、今回は良いところがあったと思います。ヘレス・テストのなかで確実に前進し、マシンのフィーリングが非常に向上していたのです。序盤は順調に好位置をキープしていましたし、今回はウエットで好調、ドライでも悪くなかったのに、結局、ふたつが入り混じる難しいコンディションに苦戦することになってしまいました。レースは混乱していましたが、これがル・マンであり、今回も金曜日からずっとそのような状況が続いていたのです。レインタイヤを前後ミディアム・コンパウンドにしていたら良かったのかもしれません。でもあとから言うのは簡単で、終わって初めてわかることでしょう。今は次のムジェロを楽しみにしています。いつも大勢のファンが見に来てくれる大事な大会ですが、今年はそれがないので残念です」

F・モルビデリ選手談(16位)

「1ラップ目にグラベルで転倒してしまいました。体重をかけたときに膝をもう一度ひねったらしく、今もあまり良い状態ではありません。雨が降り出し、ピットに戻ってマシンを乗り換えたときには、チームスタッフが後ろから押して手伝ってくれました。ポイント獲得を目指して再スタートしましたが、残念ながらそこまでたどり着くことはできませんでした。それでも近いところまで行っていましたし、何よりチームに感謝の気持ちを見せたかったのです。このあと膝の治療をして、万全の状態でムジェロに入りたいと思っています。母国に戻ることが楽しみですし、そこでマシンが引き続き好調に走ってくれることを期待しています」

R・ラザリ、チーム代表談

「非常に困難で、独特で、複雑なウイークになりました。誰にとっても決して良いレースではありませんでした。バレンティーノ(ロッシ)はペースをキープして中盤までトップ10につけていましたが、その後、徐々に下げてしまいました。一方のフランコ(モルビデリ)はオープニングラップで転倒。彼自身、ポイント獲得を目指していましたが、残念ながら16位に留まりました。今、最も重要なことは、膝の状態を確認して治療を行い、次回に向けて準備をすることです」

ページ
先頭へ