本文へ進みます

ロードレース世界選手権 MotoGP(モトGP)

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどMotoGPクラスに関する情報をお届けします。

Rd.10 8月6日 チェコ

 

RACE DATA

■大会名称:第10戦チェコGP
■開催日:2017年8月4日(金)フリー走行、5日(土)予選、6日(日)決勝 

■開催地:チェコ共和国/ブルノ

CIRCUIT DATA

■コース長:5.403km
■サーキットレコードラップ:1分56秒027(2014年:D・ペドロサ)
■サーキットベストラップ:1分54秒596(2016年:M・マルケス)
■2015年の優勝者:C・クラッチロー(ホンダ)

REPORT

Movistar Yamaha MotoGP、夏休みを終えてブルノへ

4週間の夏季休暇が終わり、いよいよシーズン後半戦がスタート。Movistar Yamaha MotoGPは今週末、第10戦チェコGP出場のためサーキットへ戻って来る。

M・ビニャーレスは第9戦終了時点でランキング2位につけ、トップを5ポイント差で追っている。4週間の休暇を家族や友人と過ごしてリフレッシュし、シーズン後半戦でトップへの返り咲きを目指す。チェコGPでは2013年にMoto3で2位を獲得し、MotoGPでは9位が最高位。

V・ロッシも、YZR-M1との再会を楽しみにしている。トップから10ポイント差のランキング4位につけており、後半戦での挽回が期待される。1996年にはチェコGPの125㏄クラスでグランプリ初優勝。1999年には250㏄クラスで、2001年には500㏄クラスでそれぞれ勝利をあげた。MotoGPクラスでは2003年、2005年、2008年、2009年に優勝し、2014年と2015年に3位、2016年に2位を獲得して合計14回、表彰台に上っている。

ブルノで初めてモーターサイクル・レースが行われたのは1930年。それから35年後の1965年にグランプリが開催された。当初は周辺の村々や町の西部を走る13.94kmの公道コースで行われていたが、1980年代になってサーキットを新設。そして1987年、全長5.4 km、6つの左コーナーと8つの右コーナーから成るコースでFIMチェコGPが初開催された。美しい景観と雰囲気の良さに恵まれ、ライダーにもファンにも高く評価されている。

COMMENT

M・ビニャーレス選手談

「夏休みは友達や家族と一緒に過ごし、存分に楽しむことができました。でも今はもう、早くYZR-M1に乗りたい気持ちでいっぱいなんです。シーズン後半戦は今まで以上に厳しい戦いになるので、そのなかでタイトルを目指すのなら、集中力を持ち続けることが大切です。ミスなどする余裕はありません。僕は休みの間もトレーニングを続け、チェコ、オーストリアの2連戦に備えてきました。どちらも大好きなコースなので、きっといい戦いができると信じています」

V・ロッシ選手談

「休みの間は十分にリラックスできました。多くの時間を友達と一緒に過ごしたが、そのなかでも、できるだけ早くトレーニングを再開したことで、今は心身ともに絶好調です。このあとはいよいよM1のもとへ帰り、チームのみんなとともに仕事に取り組むのを楽しみにしています。チャンピオン争いの行方は依然として見えていないが、僕らとしては毎回、表彰台を目指してベストを尽くすだけです。ブルノは大好きなコースで、たくさんのいい思い出があります。今週も良いレースをするために、セッション初日から速さを追求していきたいです」

M・メレガリ、チーム・ディレクター談

「4週間の休暇の間にしっかり休み、またサーキットへ戻るのをとても楽しみにしています。ライダーたちはこの間にもトレーニングをかかすことなく、シーズン後半戦に向けて準備を整えてきました。とくにこのあとは2週連続でレースが行われるため、体調管理が非常に重要です。ここまで実力伯仲の厳しい戦いが続いており、ランキングのトップ4までがわずか10ポイント差のなかにひしめく接近戦です。残りの9戦は一時も集中力を切らすことはできないし、今回も初日から100%の力で挑んでいかなければなりません。ブルノは雰囲気が素晴らしく、ファンにもライダーにも愛される象徴的なサーキットです。早く戦いの場に戻り、充電を終えて生まれ変わった新たな力を試したいです」

ページ
先頭へ