本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

レース情報



ロードレース世界選手権 MotoGP(モトGP)

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどMotoGPクラスに関する情報をお届けします。

Rd.13 9月13日 サンマリノ

RACE DATA

■大会名称:MotoGP第13戦サンマリノGP
■開催日:2015年9月12日(金)2日目結果
■開催地:イタリア/ミサノサーキット(4.226km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:25度 ■路面温度:39度

REPORT

Movistar Yamaha MotoGPの2人がダブル・フロントロウを獲得

午前中に行われたフリープラクティスで自己ベストを更新したMovistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソ。午後からの公式予選でも好調をキープし、ポールポジションを獲得した。チームメイトのV・ロッシも見事なペースで走り切って予選3位。ふたりが揃ってフロントロウに並ぶこととなった。

ロレンソはいつものように、セッション開始とともに早々にコースイン。素早くペースを上げて最初のアタックで1分32秒357を記録。2回のピットインを予定していることから、5分後にはピットに戻ってタイヤ交換を行い、1分足らずでコースに復帰してアタックを続けた。準備が整ったロレンソはすぐさまタイムを更新して1分32秒146。またもサーキット・レコードを塗り替え、2位との差を0.443秒に拡大した。残り4分を切ったところで2回目のピットイン。3分強を残してコースに戻り、最後のアタックに臨んだ。ここではラップタイムの更新はかなわなかったもののトップをキープし、2位に0.106秒差をつけてポールポジションが決定した。

一方のロッシは、ライバルたちに追われる様子を描いたスペシャル・ヘルメットを公開。最後尾でコースに入り、最初のアタックで1分33秒190を記録して4位。その後、ライバルたちがペースアップしたため一時は9位に後退したが、さらに2ラップを走行して1分32秒952へと更新すると5位まで挽回した。そして残り6分強でピットイン。この間にまた7位まで後退したものの、2分半の残り時間で全力を尽くし、1分32秒358へと更新して大勢のファンを熱狂させた。この結果、トップに0.212秒差まで迫り、予選3位を獲得した。

スミスがセカンドロウを獲得

モンスター・ヤマハ・テック3チームのB・スミスは、フリープラクティス第3セッションで7位を獲得してQP2へ進出。フリープラクティス第4セッションでもチームとともに作業を続け、自信を持って予選セッションに臨んだ。15分間のタイムアタックが始まると、徐々にスピードを上げてゆき、6ラップ目で1分32秒801のベストラップを記録。チェッカーが振られた時点で6位となり、グリッド2列目の最後尾獲得が決定。同時にサテライト勢のトップに立った。明日の決勝では好スタートからファクトリー勢に近づき、少しでも多くのポイントを獲得することが目標となる。

スミスのチームメイトのP・エスパルガロはQP2の開始早々に転倒という不運。明日の決勝は4列目からスタートすることとなった。午前中に行われたフリープラクティス第3セッションでは1分33秒012のタイムで9位を獲得。QP2に進出し、グリッドの好位置獲得を目指して積極的に攻めていった。ピットレーンを離れて1周目で1分33秒222を記録。しかし、さらにペースを上げようとしたところ、第10コーナーで転倒。マシンに大きなダメージはなく走行は可能だったが、エスパルガロとマーシャルたちがマシンを再スタートさせることができず、そのまま時間切れとなってしまった。それでも最初に記録したタイムでグリッド4列目の最後尾を獲得。しかもスミスとの差はコンマ4秒に留まっていた。スタートの巧みさで知られるエスパルガロ。明日の決勝では一気に集団を抜き去り、トップ6のバトルに加わりたいところ。

L・バズが予選16位、オープンクラスでは1番

フォワード・レーシングのL・バズが、今季2度目となるオープンクラスのポールポジションを獲得。昨日のフリープラクティスではオープンクラス2位につけたバズ。いくつかのモディファイを行って予選セッションに臨み、総合16位を獲得した。チームメイトのC・コルティは24位。

バズは気温が上昇するなかで1分34秒093を記録。明日の決勝ではポイント圏内とオープンクラスでの優勝を目指す。

一方のコルティは昨日の転倒を乗り越えて自信を取り戻し、1分35秒385のベストタイムを記録した。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 J・ロレンソ Movistar Yamaha MotoGP Yamaha 1'32.146
2 M・マルケス Repsol Honda Team Honda 1'32.252
3 V・ロッシ Movistar Yamaha MotoGP Yamaha 1'32.358
4 D・ペドロサ Repsol Honda Team Honda 1’32.434
5 M・ピロ Ducati Team Ducati 1'32.736
6 B・スミス Monster Yamaha Tech3 Yamaha 1'32.801
7 A・イアンノーネ Ducati Team Ducati 1'32.821
8 A・ドビツィオーゾ Ducati Team Ducati 1'.32.934
9 D・ペトルッチ Octo Pramac Racing Ducati 1'33.169
10 A・エスパルガロ Team SUZUKI ECSTAR Suzuki 1'33.187
11 C・クラッチロー CWM LCR Honda Honda 1'33.220
12 P・エスパルガロ Monster Yamaha Tech3 Yamaha 1'33.222
13 S・レディング Estrella Galicia 0.0Marc VDS Honda 1'33.340
14 M・ビニャーレス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki 1'33.439
15 Y・ヘルナンデス Octo Pramac Racing Ducati 1'33.710
16 L・バズ Forward Racing Yamaha 1'34.093
17 J・ミラー CWM LCR Honda Honda 1'34.137
18 H・バルベラ Avinta Racing Ducati 1'34.296
19 S・ブラドル Aprilia Racing Team Gresini Aprilia 1'34.333
20 A・バウティスタ Aprilia Racing Team Gresini Aprilia 1'34.368
21 E・ラバティ Aspar MotoGP Team Honda 1'34.468
22 M・ディ・ミリオ Avintia Racing Ducati 1'34.722
23 N・ヘイデン Aspar MotoGP Team Honda 1'34.732
24 C・コルティ Forward Racing Yamaha 1'35.385
25 K・アブラハム AB Motoracing Honda 1'35.406
26 A・デ・アンジェリス E-Motion IodaRacing Team pART 1'35.684

COMMENT

Movistar Yamaha MotoGP
J・ロレンソ選手談(予選1位/1分32秒146)

「ポールポジションそのものよりも、常に1位や2位にいるということが重要。今回はフリープラクティスの第1セッションを除く、その他のすべてのセッションでトップをキープ。コンディションがどのように変化しようと、また新品タイヤでもユーズドでも常に好調を維持することができた。ウイークを通じて良い仕事ができたので、マシン・セッティングもここまで非常に順調に進んできた。あとは明日の決勝に備えて、最後のわずかな微調整が残っているだけだ。新しい路面がタイヤを摩耗させることになるので、リアのグリップの状態が気になるところ。最後まで同じペースを維持するのは難しいだろうが、ほとんどのライダーが同じ条件で、同じような状態になるはず。好レースを目指し、そのための準備は整っている」

V・ロッシ選手談(予選3位/1分32秒358)

「セッション終盤は前方に大勢のライダーがいたため難しい状況だったが、何とかタイミングを計ってアタックを行うことができた。マシン・セッティングも自分自身のペースも上がっていたので調子は悪くなかったよ。でも昨日からの問題がまだ続いていて、とくに第3セクションについては、明日までに要改善だ。今日もホルヘがとても強く、またもうひとりのライバルも手強いので、フロントロウを獲得できたことはとても良かった。マルクはいつもホルヘについて前に行けるから、オープニングラップの戦いが非常に重要になるんだ。今回は僕のホーム・レースなので、誰もが僕を負かしたい。だからヘルメットに描いた鮫はホルヘ、マルク、そしてドゥカティ勢なんだ。僕は小さな魚。そしてみんなが僕を食べようと狙っているんだけれど、そのなかを必死で逃げ切る。それが明日の目標!」

M・メレガリチーム・ディレクター談

「非常に好調。ホルヘとバレンティーノのパフォーマンスに満足している。ホルヘはウイークを通じて非常に好調で安定しており、今日もそのハイペースを維持して今季3度目のポールポジションを獲得。バレンティーノも同様に素晴らしく、前方の集団に悩まされながらも、うまく切り抜けて3位まで浮上した。マシンはすでに十分に仕上がっているが、さらに少しでも前へ進むために、今夜も徹夜で作業を続けることになる。明日のウォームアップ・セッションでその成果を試してから、いよいよふたりが決勝に臨む。不安は何もない」

Monster Yamaha Tech3
B・スミス選手談(予選6位/1分32秒801)

「目標としていたセカンドロウをまた獲得できたのだから、今日の仕事ぶりには満足できるよ。このコースはとくに、レイアウトの関係で前のほうからスタートしなければならないからね。明日はもちろん、好スタートが不可欠。第1コーナーへ向かってイン側にいるので、そのことも有利になるだろう。今日はフリープラクティス第4セッションから予選セッションまでの間にマシンを大幅に改良。これを明日のウォームアップ・セッションでもさらに磨き上げ、決勝に備えてセッティングのフィーリング向上を目指してゆく。フロントに厳しいコースなので、ウイーク中も多くのライダーが苦労し、転倒するのを見てきた。明日も難しい戦いになるだろうが、マシンの前後に十分に注意をはらうことが鍵になる。そしてもちろん、何よりも安定性とスムースさを終始、キープすることが重要だ。YZR-M1とタイヤには絶大の信頼をおいており、準備は整っている」

P・エスパルガロ選手談(予選12位/1分33秒222)

「今日の予選については、あまり多くを話すことはできない。でも確かなことは、今は悔しい気持ちでいっぱいで、アンラッキーな一日だったということ。それまでは昨日と同様に気持ちよくマシンに乗れていて、プラクティス中のセッティングもうまくいっていた。昨晩はデータをもとにいくつかモディファイを行っていたので、それを試したら決して悪くはなかった。でもまだ理想のポジションには届いていなかったので、もう少し改善の余地は残っていると感じていたんだ。その後、フリープラクティス第4セッションでは1台のマシンに技術的不具合が発生したため、ピットに戻り、マシンを乗り換えて再スタート。残念ながらマシンを修正する時間がなく、チームもどこに問題があるのか分析しなければならなかった。そういうわけで、Q2には1台で臨み、そして最悪の事態が起きてしまった。1周目を走り終え、2周目のアタックをしていたときに転倒してしまったんだ。転倒しながら、なんとばかげたことをしてしまったのかと後悔。だからすぐに立ち上がってマシンをスタートさせようとしたけれど、それがどうしてもできなかったんだ。ここまでずっと好調にきていたし、僕自身のフィーリングも良く、明日も好レースを期待できていただけに本当に残念。結果的に、4列目の最後尾ということになってしまったので、本当に序盤の頑張りが大事になった。それでも希望は失っておらず、目標のポジションを目指していく」

Forward Racing
L・バズ選手談(予選16位/1分34秒093)

「ここまでとても順調。午前中のセッションでいくつか変更を行い、それがうまくいってマシンのフィーリングがさらに向上していた。もっと速く走ることもできたと思うけれど、気温が急激に上昇し、路面もとても熱くなっていた。ペースもとてもいいので、明日の決勝ではオープンクラスの優勝を目指していけると確信しているよ」

C・コルティ選手談(予選24位/1分35秒385)

「予選の走りには満足している。午前中のセッションでいくつか変更を試み、結果、すべてのセクションで少しずつ速くなっていた。明日の目標は加速でのフィーリングとグリップの向上。今のこの調子をキープしていけばいい。自信はあるんだ」

ページ
先頭へ