本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 JSB1000

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどJSB1000に関する情報をお届けします。

Rd.08 9月29日 岡山

RACE DATA

■大会名称:2013全日本ロードレース選手権シリーズ第8戦岡山
■カテゴリ:JSB1000クラス
■開催日:2013年9月29日(日)
■開催地:岡山国際サーキット(3.703km)
■周回数:24周
■天候:晴れ ■コース:ドライ
■観客数:5,500人
■PP:中須賀克行(ヤマハ/1分29秒341)
■FL:津田 拓也(スズキ/1分29秒354)

REPORT

岡山国際のレースで中須賀克行が3年連続ポールtoウインを達成!!

岡山国際サーキットで開催された全日本ロードレース選手権シリーズ第8戦で、前戦のスポーツランドSUGOに続いてヤマハ・YSP・レーシング・チームの中須賀克行が2連勝を達成。同時に、中須賀にとっては、岡山国際サーキットのレースで3年連続ポールtoウインとなった。

9月28日(土)に行われた公式予選のQ1で転倒した中須賀だが大きな怪我はなく、公式予選Q2では1分29秒341をマークして、岡山国際サーキットで3年連続でポールポジション獲得となった。

決勝レースのスタートでは、第1コーナーまでのマシンの伸びで、中須賀が他を抑えてホールショットを獲得。その後、3周目に柳川明(カワサキ)に交わされた中須賀は、津田拓也(スズキ)と3人でトップ集団を形成するが、7周目頃から津田のラップタイムが落ち始めてしまう。これで柳川と中須賀のマッチレースとなったが、12周目のダブルヘアピンで、狙い澄ましたように中須賀が柳川をパスしてトップに浮上。その後、中須賀はバックマーカーを巧みに抜き去ると、レース終盤までに独走態勢を築き、岡山国際サーキットで3年連続ポールtoウインを達成した。

なお、高橋巧(ホンダ)は4位でレースを終えており、この結果、ランキングでは高橋が118点でトップのまま。そして柳川が116点で続き、中須賀が111点でランキング3位となり、最終戦鈴鹿で逆転チャンピオンを狙える位置に浮上した。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 中須賀 克行 ヤマハ・YSP・レーシング・チーム Yamaha 36'07.671
2 柳川 明 TEAM GREEN Kawasaki +3.999
3 津田 拓也 ヨシムラスズキレーシングチーム Suzuki +8.260
4 高橋 巧 MuSASHiRTハルク・プロ Honda +8.484
5 渡辺 一樹 TEAM GREEN Kawasaki +20.781
6 山口 辰也 TOHO Racing with MORIWAKI Honda +23.808
7 武田 雄一 Team KAGAYAMA Suzuki +49.130
8 藤田 拓哉 DOGFIGHTRACING・YAMAHA Yamaha +1’03.774
9 吉田 光弘 Honda熊本レーシング Honda +1’09.681
10 小島 一浩 Honda熊本レーシング Honda +1’15.160
11 清水 郁巳 ホンダドリーム高崎B'WISER.T Honda +1’23.841
12 寺本 幸司 MotoMap SUPPLY Suzuki +1’27.188
13 久保山 正朗 Honda浜友会浜松エスカルゴ Honda -1Lap
14 原田 洋孝 RS-ガレージハラダ姫路 Kawasaki -1Lap
15 須貝 義行 チームスガイレーシングジャパン Ducati -1Lap
16 中本 郡 リリカAMENA OUTRUN Suzuki -1Lap
17 田村 武士 テイクアップOIRF Suzuki -1Lap
18 太田 達也 グリーンクラブ能塚&R.P.With Kawasaki -1Lap
19 藤本 悦生 TeamFuji111☆L&R Suzuki -1Lap
20 水澤 保 山科カワサキKENRACING Kawasaki -1Lap
21 吉田 和憲 救急救命戦隊!icu rt Yamaha -1Lap
22 今津 比呂志 プラスワンMCRT&ソーラーいちばん Kawasaki -1Lap
23 山崎 茂 山科カワサキKENレーシング Kawasaki -1Lap
24 北折 淳 Honda緑陽会熊本レーシング Honda -1Lap
25 藤枝 稔 バナナハンズ Yamaha -1Lap
26 大橋 靖洋 Honda緑陽会熊本レーシング Honda -2Lap
DNF 村上 雅彦 チームムラカミ&ウッドストック Kawasaki -10Lap
DNF 片平 亮輔 8810Rwith松本クリニック BMW -10Lap

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 高橋 巧 Honda 118
2 柳川 明 Kawasaki 116
3 中須賀 克行 Yamaha 111
4 津田 拓也 Suzuki 107
5 山口辰也 Honda 81
6 藤田 拓哉 Yamaha 72

COMMENT

中須賀克行選手談(優勝)

「今回は、とにかくスタートに集中していて、それでホールショットを獲れましたが、その後に柳川選手に抜かれてしまいました。すぐに柳川選手を抜き返そうと思ったけれど、お互いのマシン特性の違いから、なかなか抜き返すことができなくて、その間にタイヤも消耗してきてしまいました。周回遅れが出始めて、このまま柳川選手の後ろにいると不利になると思ったので、狙っていたダブルヘアピンで仕掛けました。これで、岡山国際サーキットでのレースは、3年連続でポールtoウインになりましたが、レース前にこれを口にすると実現しなくなるような感じがしていたので、あえて封印していました。それと今回は、グランドスタンドに陣取ったYSP応援団がよく見えて、最初から最後まで応援旗を振ってくれ、これも心強かったです。ありがとうございました。チャンピオンを獲るためには残り2戦とも勝つしかないけれど、鈴鹿にはこれまで以上に強い気持ちで臨みます」

三谷謙治監督談(YSP東淀川)

「最高に楽しいレースでした。スタートでうまくトップに立ち、柳川選手に抜かれてからはハラハラドキドキしましたが、きっちりと抜き返して、本当に巧いレース運びだと感心しました。表彰台の中央にも立たせていただきましたが、普通では見ることのできない風景を満喫させていただきました。これで中須賀選手の自力チャンピオンの可能性が出てきたので、次の鈴鹿大会でぜひともチャンピオンを決めてほしいですね。チームのみなさん、そして中須賀選手、頑張ってください」

ページ
先頭へ