本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 JSB1000

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどJSB1000に関する情報をお届けします。

Rd.04 6月30日 筑波

RACE DATA

■大会名称:2013全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦筑波
■カテゴリ:JSB1000クラス
■開催日:2013年6月30日(日)
■開催地:筑波サーキット(2.070km)
■周回数:30周
■天候:曇・晴れ ■コース:ドライ
■観客数:17,100人(土・日)
■PP:中須賀克行(ヤマハ/55秒772)
■FL:中須賀克行(56秒066)

REPORT

ポールシッターを獲得した中須賀克行、決勝はマシントラブルでリタイア

前戦オートポリスで今季初優勝を遂げたヤマハ・YSP・レーシング・チームの中須賀克行。怪我をしていた左肩も順調に回復しており、筑波サーキットでの予選では、貫禄の走りで他を抑えて、今季初ポールポジションを獲得した。「肩の調子は、まだ完璧ではないけれど、かなり良くなっていて、マシンを振り回すことができるようになってきた。アベレージタイムもいいし、優勝に向けて手応えはある」と、予選終了後の中須賀。

予選日とほぼ同様のコンディションの下、30周の決勝レースがスタートしたが、スタートを得意とする中須賀を抑えてホールショットを奪ったのは、予選2番手の津田拓也(スズキ)で、中須賀は津田に次ぐ2番手でオープニングラップを終了する。

2周目以降、テールtoノーズの津田と中須賀は、見る間に後続を引き離していき、3周目を終了した時点では、津田と中須賀は、後続をメインストレート半分ほどの距離引き離していた。しかし、6 周目に入ったとき、中須賀のマシンに異変が発生。その状況をピットスタッフに知らせるかのように、中須賀はメインストレートでマシンの下を気にする素振りを見せた。そして7周目にペースダウンしてピットにマシンを戻すと、そのままリタイアとなった。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 津田 拓也 ヨシムラスズキレーシングチーム Suzuki 28'28.579
2 高橋 巧 MuSASHiRTハルク・プロ Honda +2.159
3 柳川 明 TEAM GREEN Kawasaki +5.068
4 加賀山 就臣 Team KAGAYAMA Suzuki +11.157
5 山口 辰也 TOHO Racing with MORIWAKI Honda +11.568
6 渡辺 一樹 TEAM GREEN Kawasaki +13.924
7 今野 由寛 MotoMap SUPPLY Suzuki +36.947
8 藤田 拓哉 DOGFIGHTRACING・YAMAHA Yamaha +37.440
9 吉田 光弘 Honda熊本レーシング Honda -1Lap
10 須貝 義行 チームスガイレーシングジャパン Ducati -1Lap
11 山中 正之 HondaQCT明和レーシング Honda -1Lap
12 中村 知雅 チーム トモマサ Honda -1Lap
13 原田 洋孝 RS-ガレージハラダ姫路 Kawasaki -1Lap
14 木村 芳久 RISING&Fe・BLAST Honda -1Lap
15 戸田 隆 F☆Sヒノマル食堂GTRIBE BMW -1Lap
16 塩原 弘志 S.SUPPLY&おやじ組 Suzuki -1Lap
17 中村 勇志 レンタルバイク横浜・丸富オート KTM -1Lap
18 相川 亨 ARC☆Racin Suzuki -1Lap
19 大橋 靖洋 Honda緑陽会熊本レーシング Honda -1Lap
20 佐藤 慎一郎 佐藤家レーシング Suzuki -1Lap
21 大貫 貴彦 ロケットケロタン+ネオラグーナ Honda -1Lap
22 岡田 しゅうせい Deluxe.RT Ducati -6Laps

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 高橋 巧 Honda 78
2 柳川 明 Kawasaki 76
3 秋吉 耕佑 Honda 72
4 加賀山 就臣 Suzuki 71
5 津田 拓也 Suzuki 67
6 中須賀 克行 Yamaha 61
9 藤田 拓哉 Yamaha 44

COMMENT

中須賀克行選手談(決勝リタイヤ)

「予選は調子が良くて、レースに向けても手応えを感じていただけに、マシントラブルで残念な結果になってしまいました。応援してくれていたみなさんには、最後まで走りきる姿をみせられずに申し訳ありません。これから先、鈴鹿8耐を挟んで全日本後半戦を迎えますが、気持ちを切り替えて、チャンピオン目指して頑張りますので、応援してください」

島田祐介監督談(YSP横浜戸塚)

「中須賀選手は、予選でポールポジションを獲得して調子も良く、本人も気合いが入っていました。そうした状況でしたので我々も優勝を期待していましたが、マシントラブルでのリタイアは本当に残念です。ただ、これもレースなので、今後の鈴鹿8耐や全日本ロードレースのシリーズ後半戦では気持ちを切り替えて活躍していただき、全日本ではぜひともV2チャンピオンを獲得してほしいです」

ページ
先頭へ