本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 JSB1000

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどJSB1000に関する情報をお届けします。

Rd.02 4月14日 鈴鹿

RACE DATA

■大会名称:2013全日本ロードレース選手権シリーズ第2戦鈴鹿2&4
■カテゴリ:JSB1000クラス
■開催日:2013年4月14日(日)
■開催地:鈴鹿サーキット(5.821km)
■周回数:15周
■天候:薄曇り ■コース:ドライ ■気温:15.5度
■観客数:29,000人
■PP:秋吉 耕佑(ホンダ/2分07秒322)
■FL:秋吉 耕佑(ホンダ/2分07秒008)

REPORT

左肩の痛みを堪えて中須賀克行が5位でレースを終える

開幕戦ツインリンクもてぎでは、転倒により肩を痛めながら、雨というコンディションもあって3位の表彰台に立つことができたヤマハ・YSP・レーシング・チームの中須賀克行。その開幕から2週間後に行われた鈴鹿サーキットでの第2戦は、やはり左肩の痛みとの戦いとなり、5位でレースを終えた。

開幕戦のツインリンクもてぎは、ストップ&ゴーというコースレイアウトから、ブレーキング時に襲う肩の痛みに堪えればよかったが、高速コーナーや切り返しのコーナーが多い鈴鹿サーキットでは、常に痛めた左肩に負担がかかってくるのだ。

こうした状態で、中須賀は予選5番手からスタートし、オープニングラップを終えたとき、秋吉耕佑、高橋巧(ともにホンダ)、柳川明(カワサキ)、津田拓磨(ヨシムラスズキ)に次ぐ5番手で、予選でのポジションをキープ。

しかし、そのオープニングラップの200Rで転倒したマシンのパーツがコース上に散乱。これでペースカーが導入され、6周目からレースが再開される。そしてその6周目、加賀山就臣(スズキ)がリスタートで一気に4番手へとポジションアップ。同じく6周目に中須賀は津田に抜かれて6番手にポジションダウンするが、7周目のダンロップコーナーで津田を抜き返すと、今度は加賀山、柳川との3位争いを展開する。だが、10周目にタイムを上げた加賀山がこの集団を抜け出すと、トップ秋吉、2番手の高橋とともに単独走行。中須賀は、最後まで柳川を追うが、レース終盤ではタイムが伸びず、単独走行になった柳川に次ぐ5位でチェッカーとなった。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 秋吉 耕佑 F.C.C.TSR Honda Honda 35’26.134
2 高橋 巧 MuSASHiRTハルク・プロ Honda +4.107
3 加賀山 就臣 Team KAGAYAMA Suzuki +7.001
4 柳川 明 TEAM GREEN Kawasaki +8.195
5 中須賀 克行 ヤマハ・YSP・レーシング・チーム Yamaha +12.189
6 津田 拓也 ヨシムラスズキレーシングチーム Suzuki +16.855
7 山口 辰也 TOHO Racing with MORIWAKI Honda +21.522
8 安田 毅史 Honda鈴鹿レーシングチーム Honda +25.215
9 今野 由寛 MotoMap SUPPLY Suzuki +26.473
10 藤田 拓哉 DOGFIGHTRACING・YAMAHA Yamaha +32.031
11 酒井 大作 SWEETS LABO Motorrad 39 BMW +39.919
12 稲垣 誠 Team橋本組 Suzuki +54.638
13 吉田 光弘 Honda熊本レーシング Honda +1'00.548
14 東村 伊佐三 RS-ITOH&ASIA Kawasaki +1'01.497
15 清水 郁巳 ホンダドリーム高崎B'WISE R.T Honda +1'02.005
16 中津原 尚宏 Honda浜友会浜松エスカルゴ Honda +1'06.840
17 西中 綱 Honda DREAM RT 和歌山 Honda +1'07.361
18 鈴木 大五郎 BKRS☆ファクトリーヒロ Suzuki +1'13.030
19 原田 伸也 TEAM Tras BMW +1'14.424
20 水澤 保 山科カワサキKENRACING Kawasaki +1'18.889
21 大内田 実 DOGFISHオーテックスズカ Honda +1'20.217
22 清水 祐生 浜松チームタイタン Suzuki +1'26.287
23 秋元 翼 DOGFISHオーテックスズカ Honda +1'40.752
24 樋口 耕太 DOGHOUSE&Higuchi legal office Suzuki +1'41.321
25 北島 大和 磐田レーシングファミリー Yamaha +1'41.651
26 岩谷 圭太 DOGHOUSE&Higuchi legal office Suzuki +1'49.039
27 栗林 剛 Honda EG RACING Honda +1'52.197
28 三木 章宏 Jr's Club HD和歌山RT Honda +1'52.629
29 野田 達也 モトラッド豊田・ナガサカR BMW +1'53.889
30 権隨 廉 Jr'S Club Honda +2'08.733
31 大貫 貴彦 ロケットケロタン+ラグーナ Honda +2'18.110
32 山下 広 Honda 狭山レーシングチーム Honda -1Lap
33 大樂 竜也 KTM HAMAGUCHI BAKUON RACING KTM -1Lap

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 秋吉 耕佑 Honda 50
2 高橋 巧 Honda 44
3 中須賀 克行 Yamaha 36
4 柳川 明 Kawasaki 36
5 加賀山 就臣 Suzuki 35
6 山口 辰也 Honda 30
10 藤田 拓哉 Yamaha 21

COMMENT

中須賀克行選手談(5位)

「言い訳になってしまいますが、とにかく左肩が動かずレース終盤では本当に厳しく、タイムを上げることができなくなりました。もちろん表彰台を狙っていたので、5位という結果は満足できるものではありませんが、鈴鹿サーキットは、改めて厳しいサーキットだと痛感しました。次のレースは、地元九州での開催だし、これから約1ヵ月のインターバルがあるので、この間にしっかりと肩を治して、優勝を狙える状態に戻します」

酒井克宗監督談(YSP富山中央)

「初めて全日本ロードレースのスターティンググリッドに立ちましたが、言葉にならない緊張感がありました。中須賀選手は、ケガの状態を考えれば、5位という成績はベストだったと思います。実は、途中でリタイアするのではないかと思っていたので、完走できたこと、5位という結果を残せたことは良かったと思います。レースでは、攻めて行きたいシーンでも自制している状態ですが、今後はしっかり肩を治して、思う存分にサーキットで暴れてほしいです。今回、約40人の応援団を結成しましたが、中須賀選手は肩をケガしているにもかかわらず、応援団のサインや写真撮影に快く応じてくれて、みんなとても喜んでいました。ありがとうございました。そしてこれからも中須賀選手をはじめチームスタッフのむみなさんのご活躍を応援していますので、がんばってください」

ページ
先頭へ