本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 JSB1000

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどJSB1000に関する情報をお届けします。

Rd.09 11月3日 鈴鹿

RACE DATA

■大会名称:2013全日本ロードレース選手権シリーズ第9戦鈴鹿大会(最終戦)
■カテゴリ:JSB1000
■開催日:2013年11月3日(日)
■会場:鈴鹿サーキット(5.821Km)
■レース距離:第1レース14周/第2レース15周
■観客数:14,000人
■天候:くもり ■コース:ドライ
■FL(第1レース):柳川 明(Kawasaki/2分06秒776)
■FL(第2レース):高橋巧(Honda/2分07秒067)

REPORT

中須賀克行が鈴鹿連勝で2年連続4度目のチャンピオン獲得!!

中須賀克行が最終戦MFJ-GPで、レース1、レース2を制して、大逆転でチャンピオンを獲得。中須賀にとって2年連続4度目のJSB1000のチャンピオンとなった。

予選Q1、Q2で最速タイムをマークし、Q2ではコースレコードを樹立した中須賀は、レース1、レース2ともにポールポジションスタートとなった。

レース1で中須賀は、秋吉耕佑(ホンダ)、津田拓也(スズキ)、柳川明(カワサキ)、高橋巧(ホンダ)らと激しいトップ争いを展開。10周目の逆バンクでトップの秋吉を攻略した中須賀は、ここから一気にペースアップすると、見る間に後続を引き離して独走優勝。鈴鹿サーキットフルコースで初めて優勝を遂げた。

レース2は、ポールシッター中須賀が好スタートを切るが、S字までのライン取りで秋吉がトップに立つ。しかし、中須賀をはじめ柳川、高橋が秋吉をマークし、この4人がトップグループを形成する。

5周目の西コースで雨が降り始め、ここで上位陣はペースダウンする波乱が起きる。そしてこの間に渡辺一樹(カワサキ)がトップに立ち独走。これに素早く反応したのが中須賀で、ペースを上げると渡辺を猛追。5周目終了時でトップ渡辺と中須賀には3秒6の差があったが、6周目に0.596秒差となり、7周目に中須賀はトップに浮上。そしてその後は独走で優勝。スポーツランドSUGOから4連勝、今季5勝目を記録すると、2年連続4度目のチャンピオンを獲得した。

RESULT Race.1

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 中須賀 克行 ヤマハ・YSP・レーシング・チーム Yamaha 29’47.503
2 柳川 明 TEAM GREEN Kawasaki +3.158
3 津田 拓也 ヨシムラスズキレーシングチーム Suzuki +3.241
4 秋吉 耕佑 F.C.C.TSR Honda Honda +3.520
5 高橋 巧 MuSASHiRTハルク・プロ Honda +4.114
6 山口 辰也 TOHO Racing with MORIWAKI Honda +19.201
7 渡辺 一樹 TEAM GREEN Kawasaki +19.253
8 酒井 大作 Team Motorrad39 BMW +33.757
9 出口 修 エヴァRT初号機シナジーフォースTRICKSTAR Kawasaki +39.077
10 今野 由寛 MotoMap SUPPLY Suzuki +44.898
11 藤田 拓哉 DOG FIGHT RACING・YAMAHA Yamaha +48.679
12 吉田 光弘 Honda熊本レーシング Honda +1’08.646
13 寺本 幸司 MotoMap SUPPLY Suzuki +1’12.282
14 北口 浩二 Honda鈴鹿レーシングチーム Honda +1’19.828
15 西中 綱 HondaDREAMRT和歌山 Honda +1’20.060
16 久保山 正朗 Honda浜友会浜松エスカルゴ Honda +1’20.783
17 中村 知雅 チーム トモマサ Honda +1’43.000
18 田村 武士 テイクアップ OIRF Suzuki +1’43.403
19 原田 洋孝 RS-ガレージハラダ姫路 Kawasaki +1’44.463
20 鈴木 大五郎 BKRS☆ファクトリーヒロ Suzuki +1’45.001
21 戸田 隆 F☆Sヒノマル食堂GTRIBE BMW +1’56.667
22 塩原 弘志 S・SUPPLY&おやじ組 Suzuki +1’57.979
23 北折 淳 Honda緑陽会熊本レーシング Honda -1Lap
24 大橋 靖洋 Honda緑陽会熊本レーシング Honda -1Lap
25 須貝 義行 チームスガイレーシングジャパン Ducati -4Laps

RESULT Race.2

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 中須賀 克行 ヤマハ・YSP・レーシング・チーム Yamaha 32'10.576
2 柳川 明 TEAM GREEN Kawasaki +3.922
3 渡辺 一樹 TEAM GREEN Kawasaki +6.162
4 高橋 巧 MuSASHiRTハルク・プロ Honda +9.854
5 秋吉 耕佑 F.C.C.TSR Honda Honda +13.184
6 山口 辰也 TOHO Racing with MORIWAKI Honda +19.211
7 津田 拓也 ヨシムラスズキレーシングチーム Suzuki +21.937
8 酒井 大作 Team Motorrad39 BMW +35.250
9 今野 由寛 MotoMap SUPPLY Suzuki +44.674
10 藤田 拓哉 DOG FIGHT RACING・YAMAHA Yamaha +44.833
11 寺本 幸司 MotoMap SUPPLY Suzuki +1'08.260
12 北口 浩二 Honda鈴鹿レーシングチーム Honda +1'10.485
13 西中 綱 HondaDREAMRT和歌山 Honda +1'13.708
14 吉田 光弘 Honda熊本レーシング Honda +1'18.708
15 久保山 正朗 Honda浜友会浜松エスカルゴ Honda +1'25.811
16 鈴木 大五郎 BKRS☆ファクトリーヒロ Suzuki +1'34.366
17 中村 知雅 チーム トモマサ Honda +1'40.010
18 原田 洋孝 RS-ガレージハラダ姫路 Kawasaki +1'41.329
19 戸田 隆 F☆Sヒノマル食堂GTRIBE BMW +2'00.526
20 北折 淳 Honda緑陽会熊本レーシング Honda +2'03.415
21 大橋 靖洋 Honda緑陽会熊本レーシング Honda -1Lap

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 中須賀 克行 Yamaha 167
2 柳川 明 Kawasaki 166
3 高橋 巧 Honda 158
4 津田 拓也 Suzuki 147
5 山口辰也 Honda 117
8 藤田 拓哉 Yamaha 99

COMMENT

中須賀克行選手(優勝/優勝)

「予選で、鈴鹿最速と言われた秋吉選手の持つコースレコードを塗り替えられたのが、とても自信になりました。レース1は、トップが混戦になりましたが、この自信があったから冷静に走れたし、優勝できた要因だと思います。レース2では、雨のために途中でトップグループがペースダウンする波乱がありましたが、そこを渡辺選手が突っ走っていったので、とにかく追いかけないとと懸命でした。渡辺選手を抜いてからは、単独走行になったので、淡々とラップを刻みました。今年は、肩の脱臼から始まり、筑波でのマシントラブルでのノーポイントなどいろいろありましたが、チャンピオンを防衛できて本当にうれしいです。いつも応援してくれているYSP応援団、チームスタッフやヤマハ関係者、ファンの皆さん、そして家族に感謝します」

関本博司監督談(YSP大阪東)

「今シーズンは、開幕の前のケガに始まり、その後もノーポイントレースがあるなど、中須賀選手にとっては、非常に厳しいシーズンになりました。しかし、この最終戦までに、チャンピオンへ挑戦できる位置まで這い上がり、勝利への執念、諦めない強い気持ちを見せてくれました。最終戦では、4メーカーがチャンピオンを争う、まれに見る激闘ということで、相当のプレッシャーがあったと思いますが、中須賀選手自身が最も強い気持ちを持っていたことは言うまでもありません。レース1、レース2ともに優勝という結果が、それを証明しています。そして、日本のレース文化の聖地とも言えるこの鈴鹿で、勝ってチャンピオンを手にしたこともまた、真の王者に相応しいものだと思います。最後に、YSPを代表して、これまで、応援してくださったすべての方々に感謝いたします。ありがとうございました」

ページ
先頭へ