本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 JSB1000

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどJSB1000に関する情報をお届けします。

Rd.01 3月31日 もてぎ

RACE DATA

■大会名称:2013全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦もてぎ大会
■カテゴリ:JSB1000クラス
■開催日:2013年3月31日(日)
■開催地:ツインリンクもてぎ(4.801km)
■周回数:16周
■観客:6,000人 ■天候:雨 ■コース:ウエット ■気温:6.9度
■PP:秋吉 耕佑(Honda/1分50秒385)
■FL:秋吉 耕佑(1分59秒563)

REPORT

怪我で満身創痍の中須賀克行が苦しみながらも3位表彰台!!

ヤマハ・YSP・レーシング・チームからヤマハYZF-R1を駆りJSB1000クラスに参戦する中須賀克行が、2013年の全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦ツインリンクもてぎで、3位表彰台に立った。

中須賀は、3月に行われた鈴鹿サーキットでのテストで転倒し、左肩を脱臼。そして今大会の予選でも転倒し、全身を打撲。メディカルチェックの結果、出場が決まり、決勝日の朝に行われるフリー走行に出走。しかし、身体の痛みとともにウエットコンディションも手伝って、タイムを伸ばすことはできなかった。

決勝レースは、ウエット宣言が出されたことと、ウォームアップラップで転倒者が出てコースチェックが行われたことから、3周減算の16周で行われることになった。

決勝レースでスタートダッシュを決めたのは、ポールシッターの秋吉耕佑(ホンダ)。そしてオープニングラップは、この秋吉を先頭に柳川明(カワサキ)、山口辰也(ホンダ)、そして中須賀の順で終える。その後、トップ秋吉はペースを上げると、早々に独走体制を固めて、後続を17秒引き離して優勝を遂げる。2位には、レース序盤でラップタイムの上がらなかった高橋巧(ホンダ)が、徐々にペースを上げ、6周目に2位に上がると、そのポジションをキープしたままチェッカーを受けた。

そして3位のポジションを巡って、山口、柳川、中須賀が激しいバトルを展開。山口が主導権を握る形でレースは進行するが、11周目に柳川をパスして4位に浮上した中須賀が、15周目の第1コーナーで山口をパスすると、その後は後続を引き離し、単独3位でチェッカーとなった。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 秋吉 耕佑 F.C.C.TSR Honda Honda 32'21.387
2 高橋 巧 MuSASHiRTハルク・プロ Honda +17.446
3 中須賀 克行 ヤマハ・YSP・レーシング・チーム Yamaha +26.583
4 柳川 明 TEAM GREEN Kawasaki +31.223
5 山口 辰也 TOHO Racing with MORIWAKI Honda +31.776
6 加賀山 就臣 Team KAGAYAMA Suzuki +57.481
7 安田 毅史 Honda鈴鹿レーシングチーム Honda +1'05.062
8 今野 由寛 MotoMap SUPPLY Suzuki +1'06.270
9 津田 拓也 ヨシムラスズキレーシングチーム Suzuki +1'11.784
10 渡辺 一樹 TEAM GREEN Kawasaki +1'24.181
11 藤田 拓哉 DOGFIGHTRACING・YAMAHA Yamaha +1'46.233
12 清水 郁巳 ホンダドリーム高崎B'WISE R.T Honda -1Lap
13 須貝 義行 チームスガイレーシングジャパン Ducati -1Lap
14 清水 祐生 浜松チームタイタン Suzuki -1Lap
15 吉田 光弘 Honda熊本レーシング Honda -1Lap
16 中沢 孝之 DOG FIGHT RACING・YAMAHA Yamaha -1Lap
17 原田 洋孝 RS-ガレージハラダ姫路 Kawasaki -1Lap
18 久我 剛仁 Sサプライ+市原2りんかん Suzuki -1Lap
19 中根 裕 中村エンジン研究所 Yamaha -1Lap
20 佐藤 慎一郎 佐藤家レーシング Suzuki -1Lap
21 本田 恵一 HONDA EG RACING Honda -1Lap
22 菊地 敦 TEAM・WILD☆HEART Honda -1Lap
23 中村 勇志 レンタルバイク横浜・丸富オート KTM -1Lap
24 井上 健志 炎R Honda -2Laps
25 大橋 靖洋 Honda緑陽会熊本レーシング Honda -2Laps
26 山中 正之 HondaQCT明和レーシング Honda -2Laps

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 秋吉 耕佑 Honda 25
2 高橋 巧 Honda 22
3 中須賀 克行 Yamaha 20
4 柳川 明 Kawasaki 18
5 山口 辰也 Honda 16
6 加賀山 就臣 Suzuki 15
11 藤田 拓哉 Yamaha 10

COMMENT

中須賀克行選手談:

「身体的に厳しい戦いで、今回は、6位に入れれば上出来と思っていただけに、3位になれたのはうれしいし、最低限ではありますが、結果を残すことができて安心しています。レース終盤で、山口選手をパスすれば表彰台だと、少しドキドキしましたが、うまく自分をコントロールして走ることができました。チャンピオンシップを考えると、とにかくノーポイントレースだけは避けなければならないし、表彰台に立てるか立てないかも、大きな差になってくるので、3位という結果には本当にホッとしています。

2週間後に鈴鹿2&4レースがありますが、この間に劇的に身体が良くなるとは残念ながら思えません。しかし、できる限りのことをして次戦を迎えたいし、秋吉選手、高橋選手ともに鈴鹿は速いのですが、この2人にとって、楽な展開にはさせたくないですね」

岸直美監督(YSP三郷)談:

「身体の調子が悪いのが見て取れる状態でありながら、40人の応援団との集合写真撮影に参加してくださり、中須賀選手の人となりは本当に素晴らしいし、感謝しています。今回のレースは、身体的に本当に厳しい状態で、無理せずにと送り出しましたが、素晴らしいレースを見せてくれて、3位の表彰台に立ってくれました。優勝よりも尊い3位で、とても感動したし、涙が溢れました。中須賀選手、そしてチームスタッフのみなさん、本当にありがとうございました」

ページ
先頭へ