本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 ST600

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどST600に関する情報をお届けします。

Rd.04 8月30日 SUGO

RACE DATA

■大会名称:2009全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦SUGO大会
■カテゴリ:ST600クラス ■開催日:2009年8月30日(日)
■会場:スポーツランドSUGO(3.7375km)
■観客:12,800人(2日間合計)■天候:曇り ■コース:ドライ ■周回数:15周
■PP:手島 雄介(Honda/1分35秒067)
■FL:中冨 伸一(Yamaha/1分33秒385)

REPORT

武田雄一が2位表彰台を獲得!
佐藤裕児は7位でフィニッシュ

レース序盤から激しいトップ争いが展開され、予選5番手からスタートしたHit MAN RC甲子園ヤマハの武田雄一が今季初の2位の表彰台に立った。

予選2番手の小西良輝(ホンダ)のホールショットで始まった決勝レースだが、レース序盤は小西、手島雄介(ホンダ)、宮崎敦(ヤマハ)、小林龍太(ホンダ)がトップグループを形成する。しかし、6周目頃から武田がこのトップグループに急接近。7周目のSPコーナーで宮崎が転倒すると、武田は4番手に浮上する。

その後、13周目の第1コーナーで武田は小林をパス。さらに14周目の馬の背では手島を攻略して2番手に躍り出る。さらに武田はトップ小西を僅差にまで追い詰めるが届かず、0.473秒差の2位でチェッカーとなった。また、17番手グリッドからスタートしたHit MAN RC甲子園ヤマハの中冨伸一は、大きく順位を上げて5位入賞を果たした。

一方、YSP・レーシング・チームの佐藤裕児は、12番グリッドからスタート。レース終盤で激しい追い上げを見せると、5つ順位を上げ7位でチェッカーを受けた。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 小西 良輝 MuSASHi RTハルクプロ Honda 23'35.344
2 武田 雄一 HiTMAN RC甲子園ヤマハ Yamaha 23'35.781
3 手島 雄介 TSR with ALT Honda 23'35.886
4 小林 龍太 MuSASHi RTハルクプロ Honda 23'36.678
5 中冨 伸一 HiTMAN RC甲子園ヤマハ Yamaha 23'36.773
6 野田 弘樹 テルル ハニービーレーシング Honda 23'40.724
7 佐藤 裕児 YSP Racing Team Yamaha 23'42.674
8 関口 太郎 Team TARO&PLUS ONE Honda 23'45.732
9 生形 秀之 エスパルスドリームレーシング Suzuki 23'45.919
10 清水 直樹 2009/PI RS-ITOH&KAZE Kawasaki 23'47.556
11 岩田 悟 TSR Honda 23'47.789
12 DECHA KRAISART PetronasYamahaThailand Yamaha 23'48.105
13 渡辺 一馬 TEAM PLUS ONE Honda 23'48.141
14 中津原 尚宏 研友会栃木PGレーシング Honda 23'50.154
15 高橋 江紀 Keihin Kohara R.T. Honda 23'50.623
18 津田 拓也 チームOSG&モトスポーツ Yamaha 23'58.871
20 佐竹 隆幸 チームOSG&モトスポーツ Yamaha 24'00.861
22 東浦 正周 プラスミューレーシングチーム Yamaha 24'04.693
24 大楽 竜也 伊藤レーシングGMDスズカ Yamaha 24'11.561
36 高田 昌明 RSR+539soko Yamaha 24'52.695
37 中本 郡 SP忠男レーシングチーム Yamaha 25'07.103

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 手島 雄介 Honda 55
2 武田 雄一 Yamaha 38
3 小林 龍太 Honda 34
4 小西 良輝 Honda 33
5 中冨 伸一 Yamaha 33
6 佐藤 裕児 Yamaha 31

COMMENT

武田雄一選手談(2位)

「マシンが2年目なので、かなりの部分でいい仕上がりを見せている。レースウイークに入ってからは、大きな変更はしていない状態。今回は、いけるところまで全力で走ろうと決めていたが、2位という結果を出すことができて良かった。トップグループに追いつくまでは大変だったけれど、追いついてからは、いいリズムで走ることができた」

佐藤裕児選手談(7位)

「スターティンググリッドが4列目のイン側で、スタートしてもインを走らざるをえなくて、第1コーナーの大渋滞にはまってポジションアップができなかった。予選からの組み立ての重要性を痛感したが、すぐに岡山国際でレースがあるので、この経験を次戦に生かして戦いたいと思う」

千葉達士監督談(YSP弘前店長)

「今年はまだ本来の力を出せていないようだが、12番グリッドという厳しい状況から5人をかわし7位。予選で苦戦しながらも気持ちを切り替えて積極的なレースをみせてくれたことはさすがだ。YSPという看板を背負って戦うことは大きなプレッシャーになるだろうが、それを受け入れ、前に進んでいく姿に今後も期待したい。また残り3戦あるが、これからもすべてのレースでファンに感動を与えられる素晴らしい走りをみせてほしい」

平忠彦チームマネージャー談

「予選では上位を目指していたのだが、タイムアタックの際にクリアラップがとれず、12番グリッドと厳しい状態で決勝を迎えることとなった。決勝では5人をかわし7位となったが、ヤマハのトップチームのライダーとしてはもう一歩。課題としては予選順位を上げること。そして、今日も序盤はトップグループに匹敵するタイムで走りながら、中盤にタイムを落としたのだが、これをなくすことだ。十分にトップで争えるポテンシャルを持っているライダーなので、今後はこの課題の克服に取り組んでほしい。もちろんチームとしてもそれを全力でサポートしていく」

ページ
先頭へ