本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 ST600

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどST600に関する情報をお届けします。

Rd.05 9月27日 岡山国際

RACE DATA

■大会名称:2009全日本ロードレース選手権シリーズ第5戦岡山大会
■カテゴリ:ST600クラス
■開催日:2009年9月27日(日)
■会場:岡山国際サーキット(3.703km)
■観客数:12,800人(2日間合計) ■天候:曇り ■コース:ドライ ■周回数:15周
■PP:手島 雄介(Honda//1分34秒551)
■FL:小西 良輝(Honda/1分35秒128)

REPORT

佐藤が5位入賞!
中冨が7位、武田は9位でフィニッシュ!

好スタートを切ったYSP・レーシング・チームの佐藤裕児が厳しいレース展開の中で5位入賞を果たした。

予選7番手の佐藤は、絶妙なタイミングでスタートを切り、第1コーナーまでに3位へと大きくジャンプアップを果たす。その後も佐藤は、前を行く手島雄介(ホンダ)と清水直樹(カワサキ)をピタリとマークして、ポジションアップのチャンスをうかがう。しかし、4周目を迎えるメインストレートで、佐藤は小林龍太(ホンダ)に先行を許すと、さらに7周目には小西良輝(ホンダ)にも逆転されてしまう。

レース終盤になると、小西がトップ手島を追い詰めて、最終ラップのヘアピンで逆転に成功。トップに立った小西はそのまま優勝のチェッカーを受け、手島が2位でゴール。さらに小林、清水と続き、レース中盤から終盤でタイムを上げることができなかった佐藤は5位の座をキープしてフィニッシュ。6位の野田弘樹(ホンダ)を挟み、HiTMAN RC甲子園ヤマハの中冨伸一が7位、中冨のチームメートの武田雄一は9位でレースを終えた。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 小西 良輝 MuSASHi RTハルクプロ Honda 24'03.636
2 手島 雄介 TSR with ALT Honda 24'03.927
3 小林 龍太 MuSASHi RTハルクプロ Honda 24'04.214
4 清水 直樹 RS-ITOH&KAZE Kawasaki 24'04.383
5 佐藤 裕児 YSP Racing Team Yamaha 24'07.748
6 野田 弘樹 テルル・ハニービーレーシング Honda 24'08.969
7 中冨 伸一 HiTMAN RC甲子園ヤマハ Yamaha 24'09.307
8 岩田 悟 TSR Honda 24'12.552
9 武田 雄一 HiTMAN RC甲子園ヤマハ Yamaha 24'12.969
10 生形 秀之 エスパルスドリームレーシング Suzuki 24'15.356
11 寺本 幸司 PLOT FARO パンテーラ Suzuki 24'16.251
12 渡辺 一馬 TEAM PLUS ONE Honda 24'16.301
13 関口 太郎 Team TARO&PLUS ONE Honda 24'16.579
14 高橋 江紀 KeihinKoharaR.T. Honda 24'17.282
15 新庄 雅浩 RACINGSUPPLYwithAUTOBOY_&優匠 Suzuki 24'20.295
19 東浦 正周 プラスミューレーシングチーム Yamaha 24'27.428
21 秋谷 守 K-max Racing Yamaha 24'38.726
25 中本 郡 SP忠男レーシングチーム Yamaha 24'46.009

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 手島 雄介 Honda 72
2 小西 良輝 Honda 53
3 小林 龍太 Honda 49
4 武田 雄一 Yamaha 45
5 佐藤 裕児 Yamaha 42
6 中冨 伸一 Yamaha 42

COMMENT

佐藤裕児選手談(5位)

「スタートは決まったのですが、レース中盤以降でタイムが伸びず、勝負ができないまま悔しいレースでした。マシンは前回のSUGOから方向性を少し変えていて、いいフィーリングになっているのですが、詰め切ることができなかったという感じです。次のツインリンクもてぎは、2007年のST600で優勝しているので、何としても勝ちたい」

菅信明監督談(YSP松山東社長)

「ここまで9位、7位と順調に順位をのばしていたので、今回一緒に来た28人のお客さまとともに大いに期待していた。スタートでは7番手から一気に3番手に上がり、期待通りの立ち上がりをみせてくれ、順位を落としてからも諦めずに踏ん張り、最後まで勝負を続けてくれた。私と28人のお客さま、そしてここに集まった多くのファンを多いに楽しませてくれた。今回は5位ということで、次回はさらに上位が期待される。十分にその実力を持っているライダーなので、次回は表彰台に立ってくれることだろう」

平忠彦チームマネージャー談

「今回はオートポリス、SUGOでの反省を生かし、予選からレースをしっかりと組み立てることができた。このコースでの自己ベストを更新したし、目標だった2列目グリッドは逃したものの7番手。そして決勝でも好スタートから3番手を確保することができた。順位を落としてからも粘りの走り、さらにもう一度挽回しようという積極性の見え、成長を示してくれたことは大きな収穫だ。残り2戦では本人のモチベーションも高く、多くのファンの期待に応えたいと奮起しているので、開幕以来の表彰台を狙えるはず。チームも佐藤選手のモチベーションをより高めていけるようにバックアップしていきたい」

ページ
先頭へ