本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 ST600

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどST600に関する情報をお届けします。

Rd.03 5月24日 オートポリス

RACE DATA

■大会名称:2009全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦オートポリス大会
■カテゴリ:ST600クラス
■開催日:2009年5月24日(日)
■会場:オートポリスサーキット(4.674Km)
■観客:24,600人(2日間合計)
■天候:晴れ ■コース:ドライ
■周回数:16周 ■参加台数:51台 ■出走台数:42台 ■完走台数:37台
■PP:宮崎 敦(Yamaha/1分55秒957)
■FL:P・リバ(Kawasaki/1分55秒723

REPORT

中冨、武田、宮崎が4?6位入賞!
佐藤は予選順位を大きく上回る9位完走

昨年までスーパーバイク世界選手権に参戦していたHitMAN RC甲子園ヤマハの中冨伸一が、全日本復帰2戦目にして4位入賞を果たした。そして中冨のチームメート武田雄一が5位、ポールシッター宮崎敦(TEAM DAYTONA)が6位、予選18番手からスタートしたYSP・レーシング・チームの佐藤裕児は9位でレースを終えた。

レース序盤は、岩田悟(ホンダ)、小林龍太(ホンダ)、スポット参戦のペレ・リバ(カワサキ)がトップグループを形成。その後、手島雄介(ホンダ)がこの争いに加わるが、10周目の第1ヘアピンで岩田が転倒。さらにレース終盤では小林が遅れはじめ、最終ラップでリバをパスした手島が優勝した。

18番グリッドからスタートし、オープニングラップを17番手で終えた佐藤は、2周目の第2ヘアピン立ち上がりで他車と接触するとコースアウトしてしまう。これで一時は19番手に順位を下げる。ところがそこから着実な挽回を見せると、10周目にポイント圏内の15番手となり、14周目までに9番手に上がるとそのポジションをキープして9位でゴール。
一方、レース中盤以降でペースが落ちたポールシッターの宮崎に代わって、中冨、武田の2人が徐々に順位を上げ、中冨が4位、武田は5位、宮崎は6位でチェッカーを受けた。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 手島 雄介 TSR with ALT Honda 31'19.291
2 P・リバ Vamos ZX-6R Kawasaki 31'19.761
3 小林 龍太 Musashi RTハルクプロ Honda 31'23.151
4 中冨 伸一 HitMAN RC甲子園ヤマハ Yamaha 31'26.067
5 武田 雄一 HitMAN RC甲子園ヤマハ Yamaha 31'27.482
6 宮崎 敦 TEAM DAYTONA Yamaha 31'28.728
7 渡辺 一馬 TEAM PLUS ONE Honda 31'31.739
8 眞子 智実 Team Kiyo&PS-K Kawasaki 31'35.001
9 佐藤 裕児 YSP Racing Team Yamaha 31'36.245
10 生形 秀之 エスパルスドリームレーシング Honda 31'37.342
11 津田 拓也 チームOSG&モトスポーツ Yamaha 31'37.418
12 稲垣 誠 バーニングブラッドRT Honda 31'38.163
13 高橋 江紀 KeihinKoharaR.T. Honda 31'41.774
14 野田 弘樹 テルル ハニービーレーシング Honda 31'43.086
15 東浦 正周 プラスミューレーシングチーム Yamaha 31'52.102
16 清水 直樹 RS-ITOH&KAZE Kawasaki 31'56.883
17 出口 修 PLOT FARO パンテーラ Suzuki 31'57.524
18 大楽 竜也 伊藤レーシングGMDスズカ Yamaha 32'03.048
19 國川 浩道 DyDoミウレーシングチーム Honda 32'03.156
20 新庄 雅浩 RT優匠ピストンズ Suzuki 32'05.008
21 濱本 裕基 SP忠男レーシングチーム Yamaha 32'04.971
24 秋谷 守 K-max Racing Yamaha 32'12.377
35 佐竹 隆幸 チームOSG&モトスポーツ Yamaha 29'54.008(-1Lap)
DNF C・ポラマイ PetronasYamahaThailandR.T. Yamaha 7'28.704 (-11Laps)
DNF D・クライサルト PetronasYamahaThailandR.T. Yamaha 5'36.557 (-13Laps)

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 手島 雄介 Honda 40
2 佐藤 裕児 Yamaha 22
3 中冨 伸一 Yamaha 22
4 小林 龍太 Honda 21
5 武田 雄一 Yamaha 21
6 P・リバ Kawasaki 17
9 津田 拓也 Yamaha 13
12 新垣 敏之 Yamaha 11
13 宮崎 敦 Yamaha 10
17 佐竹 隆幸 Yamaha 4
20 東浦 正周 Yamaha 1
21 C・ポラマイ Yamaha 1

COMMENT

佐藤裕児選手談(9位)

「スタートは悪くはなかったが、決して良くもなかった。2周目の第2ヘアピンで他車と接触してコース外に押し出される形になりペースを乱したけれど、タイヤが温まってからは、うまく追い上げることができた。しかし、予選順位が悪かったことがすべて今日の結果に跳ね返っているので、これを教訓にして次戦からは予選までにきっちりとマシンを仕上げていきたい」

冨松和博監督談(YSP大濠店長)

「18番グリッドからのレースとなり、序盤は混戦の中で苦労していた。しかし中盤以降はトップグループと遜色のない素晴らしい走りで9人をかわして、見ている者をワクワクさせてくれるレースを見せてくれた。我々としては表彰台を期待していたのだが、今回のような追い上げるレースも印象深いものとなった。またお客さまには600ccのバイクを乗っていただいている方が多く、佐藤選手の走りでヤマハバイクのポテンシャルの高さを感じていただけたのではないかと思う。次回は表彰台に立ってヤマハバイクの素晴らしさと感動を届けてほしい」

平忠彦チームマネージャー談

「先週、気温、路面温度が高い中でテストをしてきたのだが、今日はどちらも温度が低く、テストで得たものを予選、決勝で上手く使うことができなかった。また決勝では序盤の混戦で他車との接触もありペースを崩したようだ。しかし中盤以降は徐々にタイムを上げ、最終的には上位陣と同様のペースとして、順位も大きく挽回してくれた。9位という結果は本来、我々が目指す順位とはいえないが、アクシデントがありながらしっかり追い上げてくれたことは評価できる。次戦では開幕戦のように表彰台に上がれるようライダー、マシンともにしっかりと準備をしたい」

ページ
先頭へ