本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 ST600

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどST600に関する情報をお届けします。

Rd.01 4月5日 筑波

RACE DATA

■大会名称:2009全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦筑波大会
■カテゴリ:ST600クラス
■開催日:2009年4月5日(日)
■会場:筑波サーキット(2.070km)
■観客: 15,100人
■天候:晴れ ■コース:ドライ
■周回数:25周 ■参加台数:51台 ■出走台数:30台 ■完走台数:30台
■PP:新垣 敏之(ヤマハ/58秒715)
■FL:手島 雄介(ホンダ/59秒136)

REPORT

佐藤裕児が激戦のなか3位表彰台に立つ!

2007年以来のST600参戦となるYSP・レーシング・チームの佐藤裕児が、激しい争いのなかで3位表彰台に立った。
小西良輝(ホンダ)がホールショットを奪い、予選5番手の佐藤は新垣敏之(ヤマハ)に次ぐ3番手で第1コーナーに進入。そしてしばらくこのポジションが固定するが、5周目に佐藤は手島雄介(ホンダ)にパスされて4番手に順位を下げてしまう。さらにその後、佐藤は岩田悟(ホンダ)にも先行され5番手に。
この後、手島と岩田がトップグループを形成。佐藤は小西と新垣との3位争いのグループを形成した。そして25周レースの24周目に新垣をパスすると、最終ラップの第1コーナーで小西にアタック。横並びのままS字コーナーを立ち上がり、第1ヘアピンで3番手のポジションを確立。そして最後までこのポジションをキープして、手島、岩田に次ぐ3位でチェッカーを受けた。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 手島 雄介 TSRwithALT Honda 24'55.565
2 岩田 悟 TSR Honda 24'55.989
3 佐藤 裕児 YSP Racing Team Yamaha 24'58.992
4 小西 良輝 MuSASHi RTハルクプロ Honda 24'59.505
5 新垣 敏之 TeamARA 虎の穴 Yamaha 24'59.996
6 武田 雄一 HiTMAN RC甲子園ヤマハ Yamaha 25'01.418
7 中冨 伸一 HiTMAN RC甲子園ヤマハ Yamaha 25'02.914
8 津田 拓也 チームOSG&モトスポーツ Yamaha 25'06.368
9 生形 秀之 エスパルスドリームレーシング Suzuki 25'09.964
10 小林 龍太 MuSASHi RTハルクプロ Honda 25'10.613
11 高橋 江紀 KeihinKoharaR.T. Honda 25'10.613
12 佐竹 隆幸 チームOSG&モトスポーツ Yamaha 25'10.699
13 渡辺 一馬 TEAM PLUS ONE Honda 25'11.128
14 清水 直樹 RS-ITOH&KAZE Kawasaki 25'11.580
15 チャランポーニ・ポラマイ Petronas Yamaha Thailand R.T. Yamaha 25'11.980
17 宮崎 敦 TEAM DAYTONA Yamaha 25'15.942
19 ディチャー・クライサルト Petronas Yamaha Thailand R.T. Yamaha 25'18.507
25 豊田 浩史 D;REX Yamaha 25'24.867
26 秋谷 守 K-max Racing Yamaha 25'28.157
27 東浦 正周 プラスミューレーシングチーム Yamaha 25'38.228
28 大楽 竜也 伊藤レーシングGMDスズカ Yamaha -1 Laps

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 手島 雄介 Honda 20
2 岩田 悟 Honda 17
3 佐藤 裕児 Yamaha 15
4 小西 良輝 Honda 13
5 新垣 敏之 Yamaha 11
6 武田 雄一 Yamaha 10
7 中冨 伸一 Yamaha 9
8 津田 拓也 Yamaha 8
12 佐竹 隆幸 Yamaha 4
15 チャランポーニ・ポラマイ Yamaha 1

COMMENT

佐藤裕児選手談(3位)

「スタートはうまく決めることができて、トップの2台の走りを落ち着いて見ることができた。その後、手島選手と岩田選手が迫ってきて、さらにこの二人が集団を抜け出していったけれど、ベテラン二人との3位争いはしびれるものがあった。優勝できなくて悔しいけれど、3位表彰台に立てたのは良かったと思っている。昨年は悔しいレースの連続で、チームスタッフには今大会では優勝をプレゼントしたかったけれど、それは次戦オートポリスで実現したい」

小松伸生監督談(YSP船橋店長)

「佐藤選手にみなぎる自信を強く感じた。第1戦から表彰台を獲得して安心している。4番手で迎えた最終ラップでは第2ヘアピンで前を走る小西選手をかわそうとしていたようだが、第1コーナーではらんだ隙に3番手に浮上した。熾烈な3番手争いを展開しながらも、隙を見逃さなかった佐藤選手に今年の勢いを感じた」

平忠彦チームマネージャー談

「スタートでの飛び出しが良くて5番手から3番手に浮上したのは良かった。その後も冷静に戦況を見ることができたようだ。後半もよく耐えて3番手争いに加わり続けたと思う。そして最終ラップ、小西選手が第1コーナーでオーバーランしたのを見逃さなかったのは佐藤選手が成長した証。1戦1戦を今回のレースのように大切にしていけばおのずと結果はついてくるだろう。木曜日からずっとドライが続いて、セットアップもとても調子が良かった。ただ、2位との差が約3秒ついていたことが少々残念だった」

ページ
先頭へ