本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 ST600

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどST600に関する情報をお届けします。

Rd.07 11月1日 鈴鹿

RACE DATA

■大会名称:2009全日本ロードレース選手権第7戦(最終戦)
■カテゴリ:ST600クラス
■開催日:2009年11月1日(日)
■会場:鈴鹿サーキット東コース(2.243Km)
■観客数:23,000人(2日間合計) ■天候:晴れ ■コース:ドライ
■周回数:20周
■PP:清水 直樹(カワサキ/52秒994)
■FL:岩田 悟(ホンダ/53秒274)

REPORT

YZF-R6を駆る中冨、ST600で今季初優勝!
YSP Racing Teamの佐藤は3位表彰台!

2009年の全日本ロードレース最終戦MFJ-GP。ST600ではHiTMAN RC甲子園ヤマハからYZF-R6を駆る中冨伸一が今季初優勝。YSP・レーシング・チームの佐藤裕児は3位でチェッカーを受けた。

決勝レースは、中冨のホールショットでスタート。佐藤も好スタートから3番手でレースを進めるが、3周目の最終コーナーで小西良輝が転倒するアクシデントにより再レースとなった。

その仕切り直しのレースでは、清水直樹(カワサキ)がホールショットを決めてトップに立つ。しかし、3周目の第1コーナーで中冨が清水をパスしてトップに浮上。その後、中冨、岩田悟(ホンダ)、佐藤の3人がトップグループを形成する。そしてレース序盤では岩田がトップに立つシーンも見られたが、9周目に中冨が再びトップを奪取。その後は中冨と岩田がテール・トゥ・ノーズのバトルを展開するが、そのまま中冨が首位をキープしてチェッカーを受け今季初優勝を飾った。

一方の佐藤は、3番手走行中に第1コーナーではらみ順位を落としたが、上位の2人がそれぞれ転倒とコースアウトで3番手にアップ。その後はトップグループとの差を縮め、後半は僅差の3番手から反撃のチャンスをうかがった。しかし、その機会は訪れないまま3位でレース終了となった。

なお、シリーズチャンピオンは手島雄介(ホンダ)、ランキング2位は中冨、3位は佐藤となった。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 中冨 伸一 HiTMAN RC甲子園 Yamaha 17'58.028
2 岩田 悟 TSR Honda 17'58.136
3 佐藤 裕児 YSP Racing Team Yamaha 17'58.537
4 手島 雄介 TSR with ALT Honda 17'59.499
5 小林 龍太 MuSASHi RTハルクプロ Honda 18'02.367
6 高橋 江紀 KeihinKoharaR.T. Honda 18'08.205
7 國川 浩道 DyDoミウレーシングチーム Honda 18'12.589
8 渡辺 一馬 TEAM PLUS ONE Honda 18'14.115
9 新庄 雅浩 RACING SUPPLY with AUTOBOY_&優匠 Honda 18'14.426
10 佐竹 隆幸 チームOSG&モトスポーツ Yamaha 18'14.964
11 津田 拓也 チームOSG&モトスポーツ Yamaha 18'16.288 1
12 生形 秀之 エスパルスドリームレーシング Suzuki 18'22.165
13 鈴木 慎吾 MOTO WIN RACING Honda 18'23.223
14 清水 直樹 RS-ITOH&KAZE Kawasaki 18'32.551
15 関口 太郎 Team TARO&PLUS ONE Honda 18'35.386
武田 雄一 HiTMAN RC甲子園ヤマハ Yamaha 11'17.980(-8Laps)
DNS 宮崎 敦 TEAM DAYTONA Yamaha

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 手島 雄介 Honda 95.3
2 中冨 伸一 Yamaha 70.3
3 佐藤 裕児 Yamaha 68.7
4 小林 龍太 Honda 65
5 小西 良輝 Honda 59.7
6 岩田 悟 Honda 52.7
7 武田 雄一 Yamaha 49.7
14 津田 拓也 Yamaha 21
16 宮崎 敦 Yamaha 14
18 佐竹 隆幸 Yamaha 13
20 新垣 敏之 Yamaha 11
28 東浦 正周 Yamaha 1

COMMENT

中冨伸一選手談(優勝)

「スタートでは、集団の中に入るとペースが上げられなくなるので、とにかく前に出ることだけを考えていた。赤旗後のレースでスタートを決めることはできなかったが、早い段階でトップの清水選手をパスすることができた。第1コーナーでの進入は誰にも負けていなかったし、最終ラップの第1コーナーにトップで進入して勝利を確信した」

佐藤裕児選手談(3位)

「前を行く2台の速いところと遅いところを見極めて、仕掛ける場所を考えていたけれど、結局、最後まで抜きどころを掴み切れなかった。同じダンロップタイヤを装着する中冨選手に負けたことが悔しい」

並河武監督談(YSP寝屋川マネージャー)

「第6戦までの戦いぶり、前日の予選の結果を含めて、今日の決勝ではやってくれるという大きな期待を持っていた。結果は3位と優勝には届かなかったが、トップに迫る力一杯の走りが本当に素晴らしかった。佐藤選手は、既に十分な才能を見せてくれているが、体力、技術ともに発展途上にあり、今後のレース界を背負っていく逸材。今年1年で経験した良いことも、悪いことも忘れず、常に最高のパフォーマンスを追求して、より高いところをめざしてほしい」

平忠彦チームマネージャー談

「事前テストから、予選、決勝と実に順調に進めていくことができた。大切な予選では3番手を確保して、決勝では優勝には一歩届かなかったが、来年に繋がる3位という結果でシーズンを締めくくることができた。今年は開幕戦以降、苦しいレースが数戦続いたが、後半にかけて攻める走りができたし、気持ちのコントロールもうまくなり、成長の一年だったと思う。しかし、彼はこれからも長いレース人生があるライダー。今回の結果に満足することなく、もっと攻めていく気持ちを全面に出して、邁進してほしい。最後に全戦を通してYSPをはじめ、多くのファンの皆さまに応援をいただき、本当にありがとうございました。来年も変わらず多くの応援をいただけるようにがんばるので、これからも応援をよろしくお願いします」

ページ
先頭へ