本文へ進みます

ロードレース世界選手権 MotoGP(モトGP)

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどMotoGPクラスに関する情報をお届けします。

Rd.02 7月19日 スペイン

RACE DATA

■大会名称:MotoGP第2戦スペインGP
■開催日:2020年7月18日(土)予選結果
■開催地:ヘレス/スペイン(4.423km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:33度 ■路面温度:54度
■PP:F・クアルタラロ(1分36秒705/ヤマハ)

REPORT

Monster Energy Yamaha MotoGP TeamのM・ビニャーレスとV・ロッシは前後タイヤにソフトコンパウンドを選んでQ2セッションに出場。ビニャーレスはポールポジションにあと一歩届かず2番手・フロントロー、ロッシは午後の暑さのなかでも進化を見せ11番手となった。PETRONAS Yamaha Sepang Racing TeamのF・クアルタラロは、自己通算7度目、3戦連続となるポールポジションを獲得。F・モルビデリは10番手となった。なお、A・リンス(スズキ)が負傷により決勝出場を取りやめたため、ロッシは10番グリッド、モルビデリは9番グリッドからスタートすることとなった。

猛暑のスペインでビニャーレスが予選2番手獲得!

2020シーズン初のポールポジションを狙っていたビニャーレスは2番手。チームメイトのロッシはアンダルシア地方のうだるような暑さのなかでフィーリングを向上したが、思い通りのタイムには届かず11番グリッドからのスタートが決定した。

ビニャーレスはほとんどのライダーがピットを出て行くのを待ってからYZR-M1に跨り、コースに出るやすぐさまペースを上げて2番手に浮上。しかし前後ソフトコンパウンドのタイヤの影響もあり次のトライで更新できなかったため、そのままピットに戻ってきた。約4分半後に復帰した時点で4番手に後退しており、フロントローから外れたことでますます士気を上げたビニャーレス。ふたつのセクションでファステストタイムを記録し、さらに難しい第3セクションでも自己ベストを更新して、1分36秒844で2番手を0.018秒上回り、ポールポジション決定かに思われたが、チェッカーフラッグが提示された後、クアルタラロに逆転されて2番手となった。トップとの差は0.139秒差。

一方のロッシは早々にピットを離れて最初のトライで6番手につけたが、そのあとは更新ならず、残り7分強の時点でピットイン。1分半後に2度目の走行を開始し、しばらく10番手を維持したあと1分37秒741へ更新して8番手に浮上した。しかしライバルたちが最後のアタックをはじめると少しずつ後退し、トップから1.036秒差の11番手となったが、負傷したリンスが決勝の欠場を決めたため、明日は10番グリッドからスタートすることとなった。

クアルタラロがシーズン初戦のポールポジションを獲得

ウイーク初日は苦戦するところもあったクアルタラロだが、2日目の今日はまさに完璧な走り。FP3では自らのラップレコードを更新し、1分36秒台に入れた3人のうちのひとりとなった。Q2でもほとんどの時間帯でトップをキープ。終盤で一旦、3番手まで後退したが、最後のアタックで1分36秒705を叩き出してポールポジションを獲得した。

一方のモルビデリはFP3・4ともに好調で、トップ7を維持してQ2に進出。ところが午後の暑さによるコンディション変化が影響して実力を出し切れず、1分37秒674秒の10番手に留まった。その後、リンスが決勝出場を取りやめたため、明日は9番グリッドからスタートすることとなった。

RESULT

COMMENT

Monster Energy Yamaha MotoGP
M・ビニャーレス選手談(予選2番手/1分36秒844)

「非常に好調です。マシンがとても良くなっていて、とくに暑さのなかで強さを発揮できるようになりました。Q1の間も作業を続けていて、そのときに何らかの答が見つかったのだと思います。FP4でもフィーリングは最高で、ラップタイムも良かったので、明日の決勝がとても楽しみです。明日を待ちきれません」

V・ロッシ選手談(予選11番手/1分37秒741)

「今日は大幅な前進が見られました。昨日はマシンバランスに良いフィーリングがなかったのですが、今日はそれが改善されています。データを見るとマーベリック(ビニャーレス)とファビオ(クアルタラロ)はすべてにおいて強さを発揮しています。とくにマーベリックはブレーキングで非常に速く、うまくマシンを止められているようで、私にとってはここが課題のひとつになりそうです。昨日と比較すると大きな進化ですが、これで十分というわけではありません。もう一歩、前へ進むために、このあともハードワークを続けていきます。でも今はトップ3が飛び抜けていて、ヤマハのなかではマーベリックとファビオが好調です」

M・メレガリ、チーム・ディレクター談

「ビニャーレス選手は、このような暑さのなかでも非常にスムーズで、午前中のセッションでは好みのマシンを使えなかったにもかかわらずタイムが落ちることはありませんでした。ここまで常に速さをキープし、しかもさらに強さを増してきているので明日のレースがとても楽しみです。ロッシ選手も一歩、前進し、FP3ではトップ10に入っています。FP4ではふたりともタイヤスペックのテストに取り組み、ロッシ選手もかなり良いところまできていたのですが、残念ながらQ2ではそれを十分に発揮することができませんでした。改善すべき点はわかっているので、明日の決勝スタートまで休むことなく作業を続けてベストを目指します」

PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team
F・クアルタラロ選手談(予選トップ/1分36秒705)

「今日は絶好調。昨日のFP1は私史上、最も厳しいものでしたが、FP2で少し改善されました。そして今日のFP3で、シーズン前のカタールテスト以来、初めてタイムアタックを行い、ポールポジションを獲得できました。こんなに長い間レースがなかったあとなので、今は最高の気分です。でもまだ土曜日で、明日の日曜日もまた同じことができなければなりません! チーム全員でベストを尽くし、最高の結果を目指します。非常に順調でタイヤの耐久性も心配ありませんが、ライバルたちもかなり手強いので気持ちを集中して勝利を目指していきます。でも開幕戦優勝に固執しているわけではありません。明日もいつもと同様、表彰台獲得が目標です。今年は短期間に13レースが行われるので、コンスタントに結果を出していくことが重要だと考えています」

F・モルビデリ選手談(予選10番手/1分37秒674)

「予選で思うようにフィーリングがつかめなかったなかで、最善を尽くすことができたと思っています。午前中のFP3は好調だったのですが、予選はそうはいきませんでした。コンディションの変化、タイヤの変化などによって、フィーリングもセッションごとに変わってしまいます。重要なのは決勝用セッティングでのペースで、そのための課題はわかっています。今日はフロントエンドに少し問題があってコースのいくつかの場所で思い通りのプッシュができませんでしたが、明日は改善できると思います。順位には満足しています」

ページ
先頭へ