本文へ進みます

ロードレース世界選手権 MotoGP(モトGP)

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどMotoGPクラスに関する情報をお届けします。

Rd.10 10月11日 フランス

RACE DATA

■大会名称:MotoGP第10戦フランスGP
■開催日:2020年10月11日(日)決勝結果
■開催地:ル・マン/フランス
■コースコンディション:ウエット
■気温:12度 ■路面温度:14度
■PP:F・クアルタラロ(1分31秒315/ヤマハ)
■FL:J・ザルコ(1分43秒301/ドゥカティ)

REPORT

ウエットレースでクアルタラロとビニャーレスが9・10番手、ロッシ、モルビデリはDNF

ウエット・コンディションのなか行われたフランスGP決勝は様々なドラマが展開された。そのなかでMonster Energy Yamaha MotoGPのM・ビニャーレスは20番手に後退したあと10位まで挽回してチェッカー。チームメイトのV・ロッシは1周目に転倒してレースを終了した。PETRONAS Yamaha Sepang Racing TeamのF・クアルタラロが冷静なレース運びに徹して9位を獲得し、チャンピオンシップのリードを拡大した。クアルタラロのチームメイトのF・モルビデリは19ラップ目、第4コーナーで転倒してリタイアとなった。

Monster Energy Yamaha MotoGPのビニャーレスが10位、ロッシは転倒リタイア

ドラマは早々に始まっていた。決勝スタート5分前に雨が降り始めたためライダーたちは一旦ピットへ。その後ウエットレースが宣言されて進行スケジュールが変更になり、1ラップ減算の全26ラップで競われることが決定。そしてわずか60秒後にピットレーンが開かれてサイティングラップがはじまった。

グランプリ最高峰クラス100戦目に挑むビニャーレスは、5番グリッドからのスタートで出遅れ、続く第3コーナーでは、チームメイトのロッシの転倒を避けるためさらに大きく後退してしまう。この結果、1ラップ目終了時点で20番手。しかしすべてのチャンスが失われたわけではなかった。難しいコンディションのなかで淡々とミスなく周回を重ねていったビニャーレスは少しずつ順位を回復。残り5ラップでは4台による8位争いに追いついた。そして最終ラップまで懸命に走り切り、トップから16.895秒差の10位でゴールした。

一方のロッシは10番グリッドから好スタートを切ったが、第3コーナーで集団に飲み込まれるなか、スリッピーな路面で転倒。すぐさま立ち上がり再スタートを試みたが、かなわなかった。

この結果、チャンピオンシップではビニャーレスがトップから19ポイント差のランキング4位。ロッシは57ポイント差の13位へ後退している。ヤマハはコンストラクターズ・ランキング1位をキープしたが、Monster Energy Yamaha MotoGPはチーム・ランキングでひとつ下げて4位となっている。

クアルタラロ9位、モルビデリは転倒リタイア

雨によりスタート時刻が遅れ、難しいコンディションのなかで行われた決勝。クアルタラロはスタートで出遅れて4番手に後退するも、難しいコンディションのなかで自分の走りに集中。レース中盤では一時、11番手まで順位を下げたが、その後もチャンピオンシップを念頭に、ランキング争いのライバルを後方に置いて淡々と走行を続けていた。そして最後までミスなく走り、最終的には9位まで挽回してチェッカー。この結果、チャンピオンシップのリードを10ポイントに拡大している。

チームメイトのモルビデリは、オープニングラップで他車の転倒を避けて17番手まで後退。ウエット・コンディションでの挽回に苦戦するなかで、さらに19番手まで下げてしまった。19ラップ目の第4コーナーで転倒、メカニカル・トラブルもありリタイアを強いられた。

次回は10月16日~18日、スペインのモーターランド・アラゴンで開催される。

RESULT

LAP CHART

RIDERS RANKING

CONSTRUCTORS RANKING

COMMENT

Monster Energy Yamaha MotoGP

M・ビニャーレス選手談(10位)

「スタートでいつもと違うことを試してみたのですが、思うような効果を得ることができませんでした。電子制御システムを使わずに、自分自身でスタートさせようとしたのです。昨日まではこの方法がとてもうまくいっていて、非常に速いスタートが可能になっていました。しかし決勝では、グリッド上の多くのマシンのエンジン音によって自分のマシンの音が聞こえなくなってしまったため、精確な操作ができなかったのです。次回からは電子制御に戻し、そちらのほうの改善を目指すしかありません。バッドラックはさらに続き、ロッシ選手の転倒を避け、最後尾まで後退しました。ここから大勢のライダーとバトルすることになったわけですが、なかなか良いリズムをつかめませんでした。それでも終盤は速さを取り戻し、ウエットでマシンがよく走ってくれたことには満足しています。このときはクアルタラロ選手に1秒ずつ近づいていたので、もう1ラップあったらと悔やまれますが、少しでも成果があったわけですからポジティブに考えるべきでしょう。ランキングトップとの差は1ポイント広がっただけ。これが重要な結果です。次回のアラゴンは大好きなコース。すべてを賭けて挑みます」

V・ロッシ選手談(DNF)

「悔しい気持ちでいっぱいです。ハーフ&ハーフのコンディションのなかでは、このような転倒が容易に起きてしまいます。マシンの速さやフィーリング、自分自身のポテンシャルもまだ何もわからないうちの出来事です。しかし今日は、スタートは好調でしたし、すでに良いポジションにつけていました。他のみんなと同様にスローペースで第2コーナーに進入。冷たい雨の、とても難しいコンディションだったので、誰もが慎重になっていたのです。ところが私はリアが流れて転倒し、3戦連続でノーポイント。スピードもポテンシャルも決して悪くなかっただけに非常に残念な結果です。来週のアラゴンでまたチャレンジします」

M・メレガリ、チーム・ディレクター談

「今日の出来事は残念でなりません。難しいレースになることは初めからわかっていましたが、雨は予想外の変化で、私たちの味方にはなってくれませんでした。ロッシ選手は10番グリッドからの挽回を狙っていましたが、転倒で早々にチャンスを失いました。ビニャーレス選手もスタートがうまくいかず、さらに第3コーナーではロッシ選手の転倒を避けるために後退しながらも10位獲得は称賛に価するものです。ウエットコンディションのなか、レース序盤で大きく後退してしまった彼にとって、現実的に最大限の結果だと思います。今日の不運を引きずることなく、前を向いて次のアラゴンに挑みます。そしてチャンピオンシップのランキングアップを目指します」

PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team

F・クアルタラロ選手談(9位)

「全員がグリッドに並び、スタートを待っていました。そこに雨が降り始めたのです。ドライ・コンディションのほうが良かったことは間違いなく、非常に厳しいレースになりましたが、それでも最後まであきらめずに走り切れたことに満足しています。最終ラップではミル選手に抜かれたものの、すぐに抜き返すことができました。今日はできるだけ多くのポイントを持ち帰ることが最も重要で、実際、わずかですがチャンピオンシップのリードを広げることができました。このようなコンディションは初めてでしたが、自分の走りには満足しています。母国ファンの前でのポールポジション獲得は特別なこと。観客席は5千人だけでしたが、彼らが大きな支えになってくれました」

F・モルビデリ選手談(DNF)

「スタートは良かったのですが、ロッシ選手の転倒で大きく遅れてしまいました。そこからは本当に厳しいレース展開で、私としてはとにかく一歩一歩、前へ進みながらリズムを見つけていくしかありませんでした。最後の10ラップでプッシュを決意。前のグループを追っていこうとしたところで、第4コーナーでフロントから転倒してしまいました。8位か9位は可能だったはずなので本当に残念です。でもこれは自分のミス。ポイント獲得のチャンスを逃してしまったのです。このミス以外は、ウイークを通じてすべてが順調で、とくに今日の午前中は絶好調でした。この勢いを次のアラゴンへつなぎます」

R・ラザリ、チーム代表談

「予想外の展開でした。そしてそれ以上にクアルタラロ選手のダメージコントロールが素晴らしかったのです。彼は依然としてチャンピオンシップをリードし、しかもその差を10ポイントに拡大しています。このような難しいコンディションのなかで、今日の私たちにできる最大限のパフォーマンスと言っていいでしょう。このようなときライダーにできることは、とにかくマシンに乗り続けること。そして、そのなかでできるだけ上を目指すだけでよいのだと考えます。モルビデリ選手のほうは不運にも、転倒のあとメカニカルトラブルも出てリタイアを強いられましたが、私たちは依然として、ライダーランキング、チームランキングともにリードして次のアラゴンへ向かうことができます。より一層の厳しい戦いが予想されますが、1ラップ1ラップ勝負します」

ページ
先頭へ