本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 JSB1000

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどJSB1000に関する情報をお届けします。

Rd.02 4月23日 鈴鹿

RACE DATA

■大会名称:2017年 MFJ 全日本ロードレース選手権第2戦 SUZUKA 2&4 RACE
■カテゴリ:JSB1000
■開催日:2017年4月23日(日)
■会場:鈴鹿サーキット(5.821km)
■観客数:35,000人
■周回数:35周 ■天候:晴れ ■コース:ドライ
■PP:中須賀 克行(2分05秒616/Yamaha)
■FL:中須賀 克行(2分07秒032)

REPORT

中須賀がポールポジションを獲得するもYAMAHA FACTORY RACING TEAMの2人はリタイア
YAMALUBE RACING TEAMの藤田が3位表彰台獲得

昨年と同様に鈴鹿サーキットでの200km耐久レースで2017年のJSB1000シリーズが開幕。YAMAHA FACTORY RACING TEAMには今年から野左根航汰が加わり、6連覇8度目のチャンピオンを狙う中須賀克行との2台体制となり、YAMALUBE RACING TEAMは藤田拓哉の1台体制となった。

予選でポールポジションを獲得したのは中須賀で、藤田が3番手。ルマン24時間耐久レースで2位に入り、帰国後すぐに鈴鹿サーキットに入った野左根は予選6番手となった。

200km=35周レースは、ルマン式スタートで始まったが、そのオープニングラップのバックストレートで清成龍一(ホンダ)が転倒。これでセーフティーカーがコースに入り、レースは追い越し禁止の隊列走行となった。そして2周目のシケインで、3番手につけていた中須賀がまさかの転倒を喫してしまう。中須賀はピットに戻ってマシンをチェックし、トップから約6周遅れて再スタートすると、自身9周目に2分07秒032というレース中のベストタイムを記録。しかし、その後にセーフティーカー介入中の転倒によりストップアンドゴーペナルティが科せられると、直後にピットに戻ってレースを終えた。

一方の野左根は、7周目の5番手から8周目には4番手に上がり、9周目には3番手に、そして10周目には2番手に浮上。この時点でトップ高橋巧(ホンダ)とは約5秒のタイム差があり、その後もその差はなかなか縮まらない。そして20周目に高橋がルーティンのピットインをすると、これで野左根がトップに立つ。その後、22周目に野左根がルーティンのピットインをするが、ピットワークを終えてコースに復帰した際、目前にトップ高橋がいた。だが、野左根はアウトラップのダンロップコーナーで痛恨の転倒。そのままリタイアになってしまった。

レース中盤以降では、トップ高橋、2番手の津田拓也(スズキ)が単独走行となり、渡辺一馬(カワサキ)、藤田、山口辰也(ホンダ)が僅差で3位争いを展開。そして27周目の逆バンクで藤田は渡辺をパスして3番手に上がると、徐々に渡辺と山口を引き離して単独3位のままチェッカーとなった。

なお、藤田が表彰台に立つのは2015年のシリーズ第4戦SUGOでの120マイルセミ耐久レース以来で、このときは野左根とのペアで出場していたため、単独で表彰台に立つのは今回が初めてとなる。

RESULT

RIDERS RANKING

COMMENT

YAMAHA FACTORY RACING TEAM
中須賀選手(リタイヤ)

「隊列走行中だったのでスピードが出ていたわけではなく、自分でもまったく理解できない転倒です。大きな怪我がなかったのが幸いですが、みなさんの応援に応えることとができず、これがいちばん辛いです。2017年シーズンインは次戦のSUGOとなりましたが、改めて気持ちを引き締めて戦いますので、応援、よろしくお願いします」

野左根選手

「ルーティンのピットワークを終えてコースに復帰したとき、目の前にトップの高橋選手が見えて、離されてはいけないと焦ってしまったかもしれません。タイヤは十分に温まっていなかったし、ダンロップコーナーにあるギャップも影響して転倒してしまいました。中須賀選手が転倒したことは知っていて、気持ちが先に行ってしまいました。次戦のSUGOでは、過去に表彰台にも立っているので、中須賀選手と1-2フィニッシュができるようにがんばります。改めて応援をお願いします」

吉川和多留監督

「今年から野左根航汰選手が加わりましたが、中須賀選手も含めて、チームとしてはいつも通りにレースに向けて準備を進めました。レース結果は、中須賀選手は転倒後にピットインリタイア、野左根選手は転倒リタイアに終わりましたが、何が起きるかわからないのがレースなので、結果をしっかりと受け止めて次戦SUGOに臨みます。
応援していただいたファンのみなさま、関係者のみなさまには、結果を出せずに申し訳ない気持ちで一杯ですが、この悔しさをバネにして、SUGOでは再びチーム一丸となって優勝を目指します。引き続き、応援をお願いいたします」

YAMALUBE RACING TEAM
藤田拓哉コメント

「スタートで大失敗してポジションを落とし、さらにすぐにセーフティーカーがコースに入ったので、絶対に焦らないこと、そしてタイヤが冷えているからリスタート時は無理をしないことだけを考えていました。今年はYAMALUBE RACING TEAMで3年目のシーズンなので、とにかく結果にこだわっていきたいです」

難波恭司監督コメント

「藤田選手は、予選3番手、決勝レースではスタートでこそ出遅れましたが、冷静に落ち着いたライディングで着実に順位を上げていき、しっかりと3位に入ったことは、これまでの2年間での戦いで得た経験を生かしてくれたものと考えています。
チームとしては、ライダーが集中してレースに臨める環境を整えることを目指していますが、200kmの耐久レースを想定した事前テストができたことが、ライダーにとってもチームにとっても大きかったと思います。
ルーティンのピットイン後は、チームからのサインは"GO"のみで、藤田選手も我々の期待に応えてくれました。
応援、そしてサポートしていただいたみなさんには本当に感謝していますし、チームとしてはこの順位に満足することなく、しっかりと準備を進めて次戦SUGOに臨みますので、さらなる応援をよろしくお願いします」

ページ
先頭へ