本文へ進みます

全日本モトクロス選手権 IA

ヤマハの参戦ライダー、マシンなど全日本モトクロス選手権 IAに関する情報をお届けします。

Rd.05 6月16日 北海道

RACE DATA

■大会名称:2013全日本モトクロス選手権第5戦北海道大会
■カテゴリ:IA1クラス
■開催日:2013年6月16日(日)
■会場:北海道オフロードパーク
■レース時間:(30分+1周)×2ヒート
■天候:晴れ   ■観客: 5,500 人(2日間)

REPORT

2013年全日本モトクロス選手権・第5戦北海道大会が北海道オフロードパークにて開催された。雲の多い天気ではあったが、昼前後には気温も上昇。多くのファンが見守る中、行われた決勝では、IA1クラスの第1ヒートで「ヤマハ・YSP・レーシング・チーム」の平田優が3位、第2ヒートで今度はチームメイトの田中教世が同じく3位表彰台を獲得。先日、発表されたばかりの新型「YZ450F」で出走した尾崎友哉(RIDEZ Muc-Off YSP HO)は第2ヒートで今季自己ベストの11位に入った。またIA2クラスでは、17歳ルーキーの渡辺祐介(チーム ピットイン)が両ヒートを圧倒的な速さで制して総合優勝。さらにレディースクラスで安原さや(名阪レーシング)も3位表彰台に立ち、ヤマハライダーが活躍した1日となった。

第1ヒートで平田が、第2ヒートで田中が3位表彰台

第1ヒート、予選1位の平田は1周目を6番手で終えると2周目3周目とコンスタントに順位をあげ、4周目にはトップの熱田孝高(スズキ)、成田亮(ホンダ)に、続く3番手に着ける。6周目に一度は前を行く成田に仕掛けるも交わしきれず、翌7周目に成田をパスして2番手に上がる。すると同タイミングで成田を抜いて3番手に上がってきた小島庸平(スズキ)がその勢いのまま平田に接近。周回遅れのライダーが増えてきたタイミングでもあり、10周目に平田は8コーナでインを刺され一旦は順位を3番手に落としてしまう。しかし翌11周目に小島にトップを奪われた熱田を平田がパスして再び2番手に。トップを狙って果敢に攻め行くが、逆に15周を終えた直後の1コーナーで熱田に先行を許してしまう。その後、先行する2人に食らついていこうとするも徐々に離され、結局、小島、熱田に続く3位でフィニッシュした。

一方の田中は、平田同等のポジションで1コーナーを駆け抜けるも1周目4コーナで他車に接触されて転倒、14番手辺りで1周目を終えると丁寧に周回を重ねて7周目には三原拓也(カワサキ)、星野優位、小方誠(いずれもホンダ)に続く8番手に付ける。その後11周目に三原が転倒して一つ順位を上げた田中は、前を行く星野をマーク。13周目にこれを交わして6番手まで浮上する。しかし15周目に今度は星野にパスされてしまい、もう一度交わそうと詰め寄るもわずかに届かず7位でゴールとなった。

続く第2ヒートでは、田中が好スタートを切ってトップ集団に入り、2周目には小方、成田に続く3番手となる。4周目に熱田にパスされ4番手に一つ順位を落とすが、きっちり後ろに付けて様子を伺う。8周目に熱田に交わされ3番手を走行していた成田を追っていたところ、9周目にその成田が転倒し、田中は1つ順位を上げて3番手となる。前を行く小方、熱田に追いつこうとするも及ばず、田中はそのまま3位でチェッカーを受けた。

連続表彰台が期待された平田はスタートで大きく出遅れ、さらに1コーナーでエンジンストップ。最後尾からの追い上げを余儀なくされた。しかし、冷静に周回を重ねて3周目には9番手まで順位を挽回。5周目に星野に交わされて10番手となるも徐々に挽回していくかに見えたが、7周目に転倒を喫してしまう。再度スタートを切るも、10位でレースを終えた。

なお優勝は12周目に小方を制してトップに立った熱田。

IA2クラス:両ヒートで渡辺祐介が完全優勝

第1ヒート、予選8位の渡辺は、ホールショットこそ逃すものの1周目からトップに躍り出ると、2周目に予選のトップタイムに肉薄する1分45秒693と自己ベストタイムを叩き出す等、安定した走りで2番手以降を大きく引き離し、20秒以上の差をつけて圧勝した。2位は田中雅己(ホンダ)、3位は富田俊樹(ホンダ)。

第2ヒートでも渡辺は1周目を終えた直後にトップに立つと、第1ヒート同様に2位以下をどんどん引き離し、少しも乱れることなく圧倒的な速さを見せつけてそのまま優勝。2位は佐藤亮(ホンダ)、3位は竹中純矢(カワサキ)。

レディースクラス:安原さやが3位表彰台

セッション中に転倒を喫し予選21位だった安原だが、アウト側から見事なスタートを決めて1周目を邵洋子(スズキ)に続く2番手に付ける。すでに2周目から邵、安原、竹内優菜(ホンダ)の3台が抜きん出てレースをリードする展開。しかし4周目に安原は竹内に先攻を許してしまい、徐々に離されそのまま3位でチェッカーとなった。

次回の第6戦東北大会は約1カ月後の7月13日、14日に藤沢スポーツランド(岩手)で開催される。

IA1 RESULT Heat.1

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki 32'50.447(18Laps)
2 熱田 孝高 Team SUZUKI Suzuki 32'53.073
3 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha 33'06.463
4 成田 亮 TEAM HRC Honda 33'12.940
5 小方 誠 TEAM HRC Honda 33'31.741
6 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS Honda 33'33.784
7 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha 33'34.843
8 新井 宏彰 K.R.T. Kawasaki 33'56.158
9 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki 34'07.404
10 深谷 広一 TEAM MOTO SPORTS FUKAYA Honda 34'19.940
11 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM 34'38.246(-1Lap)
12 沼田 誠司 グリーンクラブ ジャッジメント Kawasaki 32'57.909(-1Lap)
13 尾崎 友哉 RIDEZ Muc-Off YSP HO Yamaha 33'00.097(-1Lap)
14 増田 一将 Team CRF & Kazu Racing Project Honda 33'07.907(-1Lap)
15 斉藤 崇 SRF関東オートスポーツ清水 Suzuki 33'43.034(-1Lap)
16 鈴木 正明 秀明道場 Suzuki 34'42.640(-1Lap)
17 中村 泰介 RACING TEAM MIKURAwith ALL-ONE Yamaha 33'37.856(-2Lap)
18 池谷 優太 Team SRM with マウンテンライダーズ Suzuki 33'45.846(-2Lap)
19 佐々木 雅規 エナジーXモトライフ Honda 33'58.934(-2Lap)
20 桒垣 竜斗 KTMうず潮レーシング福山 KTM 34'42.095(-2Laps)
21 伊田 井佐夫 KAMIKAZE 130 Honda 33'47.636(-3Laps)
22 小林 雅裕 KUMAMOTO 緑陽会熊本レーシング Honda 34'57.017(-3Laps)

IA1 RESULT Heat.2

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 熱田 孝高 Team SUZUKI Suzuki 33'20.764(18Laps)
2 小方 誠 TEAM HRC Honda 33'23.369
3 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha 33'49.461
4 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki 33'55.951
5 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki 33'57.184
6 深谷 広一 TEAM MOTO SPORTS FUKAYA Honda 34'04.357
7 新井 宏彰 K.R.T. Kawasaki 34'16.850
8 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS Honda 34'27.767
9 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM 35'06.654
10 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha 33'26.850(-1Lap)
11 尾崎 友哉 RIDEZ Muc-Off YSP HO Yamaha 33'28.058(-1Lap)
12 池谷 優太 Team SRM with マウンテンライダーズ Suzuki 34'08.636(-1Lap)
13 斉藤 崇 SRF関東オートスポーツ清水 Suzuki 34'17.649(-1Lap)
14 沼田 誠司 グリーンクラブ ジャッジメント Kawasaki 34'23.176(-1Lap)
15 増田 一将 Team CRF & Kazu Racing Project Honda 34'47.827(-1Lap)
16 鈴木 正明 秀明道場 Suzuki 35'15.258(-1Lap)
17 佐々木 雅規 エナジーXモトライフ Honda 33'22.614(-2Lap)
18 小林 雅裕 KUMAMOTO 緑陽会熊本レーシング Honda 34'31.232(-2Laps)
19 中村 泰介 RACING TEAM MIKURAwith ALL-ONE Yamaha 35'13.179(-2Lap)
20 桒垣 竜斗 KTMうず潮レーシング福山 KTM 33'23.835(-3Laps)
21 伊田 井佐夫 KAMIKAZE 130 Honda 34'33.522(-3Laps)

IA1 RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 小島 庸平 Suzuki 199
2 小方 誠 Honda 197
3 平田 優 Yamaha 186
4 熱田 孝高 Suzuki 183
5 成田 亮 Honda 174
6 田中 教世 Yamaha 157
13 尾崎 友哉 Yamaha 72
19 鎌倉 大樹 Yamaha 26
22 中村 泰介 Yamaha 14

COMMENT

田中教世選手(7位/3位:4位)

「両ヒートともにまずまずのスタートが切れていただけに、第1ヒートの転倒が残念です。第1ヒート、スタートが決まってよしと行くぞと思っていた矢先、4コーナー立ち上がりで接触されて転倒。コースも得意な方ではないし、負い上げるのはとても大変でしたね。その分第2ヒートで挽回したいと、スタッフのみなさんも気合いをいれてくれていたので、3位表彰台に立ててよかった。前を行く成田選手が疲れているように見えチャンスをうかがっていたところ転倒。前を行く2台からは少し離されてしまったし、後ろもいなかったから、単独で走り続けるのに気持ちだけは切れないようにしようと集中していました。新しいYZが発表された直後ですし、僕らがそれぞれ両ヒートで表彰台に立ったことでYZの性能の高さをアピールできたのではないでしょうか。

次戦の藤沢は過去に優勝経験のあるコースです。後半戦に入ってランキング上位を行くライダーたちにこれ以上離されないよう、両ヒート優勝目指してがんばります」

平田優選手(3位/10位:5位)

「第1ヒートではトップに届きそうでありながら、最後には上位2人に少し離されてしまいましが、あれはもういっぱいいっぱいでしたね。その分を第2ヒートで取り返そうと思っていたのですが、その第2ヒートのスタートでギアミスしてしまい、さらに1コーナー進入でエンスト。その後、気持ちを切り替えて10番手くらいまで挽回しつつあったのですが、転倒して集中力が切れてしまいました。怪我がなくてよかったと思います。

サンドコースは好きですし、去年の両ヒート2位の成績よりも上をと望んだ大会でしたが、自分で自分に期待し過ぎてしまったというか、自分をコントロール仕切れなかったのが原因かな。

コースサイドでYSP応援団のみなさんがフラッグを振って応援してくれる姿がとても励みになります。嬉しいです。僕の成績は僕ひとりのものではなく、気持ちよく走れる環境づくりに徹してくれるチームやスタッフ、そしてこうして駆けつけてくれるファンのみなさんがあってのこと。だから“今日応援に来てよかった”と思ってもらえるようなレースができるよう、これからも一生懸命がんばるだけです。後半初戦となる岩手にもぜひきてください」

尾藤真誠監督(YSP帯広)

「両ヒートでYSPチームが表彰台に上り、それぞれに結果を残してくれてとてもよかったです。第1ヒートはまさに予選通りの結果とでも言うのでしょうか。予選1位と好調の平田選手が魅せてくれました。その勢いのまま第2ヒートも期待していたのですが、スタートでのミスや転倒で残念な結果でした。でもその分、第2ヒートは今度は田中選手ががんばってくれて、YSP応援団としては応援のしがいがありました。モトクロスはコース脇の選手に近い場所で観戦できるので、自分たちの声がライダーにきっちり届いているような手応えが感じられます。応援に駆けつけてくれたお客さまの中には、今回初めてモトクロスを観戦するという方もいらしたのですが、両選手ともに優勝に絡む上位争いの展開だったこともあって、モトクロスの魅力に気づき、楽しんでくれたようです。我々応援団みんなの声援が選手を盛り上げ、その結果、いい成績に結びついたら嬉しい限りですね。また先日、YZのニューモデルが発表されましたが、両選手の好成績から、転倒さえなければ確実に表彰台を狙えるポテンシャルを持ったマシンであることを証明して見せてくれたと思います」

渡辺祐介選手(優勝/優勝:1位)

「めちゃくちゃ嬉しいです。今日の優勝はマシンの調子がすごくいいことと、チームスタッフみんなの努力の結果です。色々な人のおかげでこうしてレースで走ることができているので、そうしたみんなの気持ちに応えるには自分の走りして結果で返すしかないなと。前回のSUGO大会で1回勝てたことで、自信がついたこともありますが、“地元のコースだから勝てたんだ”と言われたくないという気持ちが強くありました。事前に練習していないし、サンドの攻略が難しいコースで結果を残せたことはさらに自信になります。ヒート1では予選の時よりもいいタイムが出せたくらいでしたから。次戦の藤沢は好きなコースなので、今の波に乗ってまた両ヒート優勝目指してがんばります」

安原さや選手(3位)

「予選で転倒してしまい、21位という不利な位置からでしたが、奇跡的にスタートで前に出ることができました。サンドコースは体力を使うので、なるべく均等のタイムでコンスタントに走ろうと思っていました。でもトップが見えていたのでこれはいけるかもと、思わずプッシュしすぎて、後半バテてしまった格好です。去年この北海道大会はリタイヤという結果でしたし、今回も大会前に怪我をしてしまって、事前にテスト走行もしていなかったから、無事に完走できたらいいなと思っていたくらい。ですので3位表彰台という結果は素直に嬉しいです。

次戦の藤沢も起伏の激しいハードなコースですが、ウエットだと少しは有利かな。今年はチャンピオンも夢ではありませんので、後半戦チャンピオン狙ってがんばります」

ページ
先頭へ