本文へ進みます

全日本モトクロス選手権 IA

ヤマハの参戦ライダー、マシンなど全日本モトクロス選手権 IAに関する情報をお届けします。

Rd.03 5月12日 中国

RACE DATA

■大会名称:2013全日本モトクロス選手権第3戦中国大会
■カテゴリ:IA1クラス
■開催日:2013年5月12日(日)
■会場:広島・世羅グリーンパーク弘楽園
■天候:晴れ
■観客数:4,000人

REPORT

2013年、全日本モトクロス選手権・第3戦中国大会が広島県のグリーンパーク弘楽園にて開催された。土曜日は曇りで肌寒い天候となったが、決勝日は朝から快晴に恵まれ、気温もぐんぐん上昇。開幕、そして第2戦と雨によるマディコンディションから一転、3戦目にしてようやくドライコンディションでのレースとなった。

その決勝ではヤマハライダーが大活躍。まずIA1クラスでは「ヤマハ・YSP・レーシング・チーム」の平田優が、第2ヒートで自身初となるIA1クラス優勝を果たし、総合成績でも2位を獲得。また田中教世も第2ヒートで今季2度目となる3位表彰台に立ち総合4位とした。さらに併催されたレディースクラスでは、安原さや(名阪レーシング)が3位、IBクラスではTeam KOH-Zの大久保滉太がIB2・IBオープンともに優勝を果たした。

IA1クラス:平田が第2ヒートで今シーズン初優勝! 田中は第2ヒートで3位表彰台!

第1ヒート、ホールショットを奪ったのは小方誠(ホンダ)、これに三原拓也(カワサキ)、島崎大祐(スズキ)が続く。「ヤマハ・YSP・レーシング・チーム」の2人はともに遅れて後方からのレースとなり、平田が11番手、田中は13番手で1周目を終える。その後平田、田中は混戦の中、ライバルとのバトルを繰り広げ、7周目には7番手に田中、8番手に平田となる。一方トップの小方、それを追う成田亮(ホンダ)の2人が大きく先行する。

レースが中盤に入ると平田がペースアップ、チームメイトの田中も含め次々とライバルを捉え9周目には4番手とし、さらに前を行く小島庸平(スズキ)にも接近する。しかし終盤に入るとペースを落とし、表彰台には一歩及ばず4位でチェッカーとなった。

田中は平田に一歩遅れたが、6番手に浮上後、新井宏彰(カワサキ)とバトルを展開してこれをパスすると、その後は安定した走りで平田に続く5位でゴールした。優勝争いは小方、成田の一騎打ちとなったが、終盤に逆転した成田が優勝、小方が2位。

続く第2ヒート、1周目を制したのは成田、これに深谷広一(ホンダ)、新井となり、平田は4番手として序盤から積極的なレースで新井、順位を落とした成田、さらに深谷をかわして3周目にトップに浮上する。その後もペースは衰えることなく、5周目にはこの第2ヒートのベストタイムを叩き出すなど、2番手以降との差を一気に広げ中盤までに10秒近いマージンを築く。後半に入っても2番手に上がった小方を寄せ付けないどころか差を拡大し独走でチェッカーをくぐり抜けて優勝。ヤマハ加入からわずか3戦目にしてIA1クラスで初となるヒート優勝を達成した。

一方の田中は、スタートで遅れてしまい3周目で11番手。しかしそこからライバルを一人一人攻略し9周目に6番手とすると、その勢いのまま島崎、成田をとらえて4番手とする。さらに田中は3番手の小島に照準を合わせるとジリジリとその差を縮め、ラスト2周で小島のテールに接近してそのまま一気に逆転して3位とし、開幕戦に続き今季2度目となる表彰台を獲得した。なお2位は小方となり、その小方が総合優勝を獲得。総合2位は平田、田中は総合4位で続いた。

IA2クラス:安原志が総合10位

第1ヒート、ヤマハライダーの渡辺祐介(チーム ピットイン)、安原志(名阪レーシング)ともに出遅れてしまうが、渡辺が12番手、安原が13番手までポジションをアップする。しかし、その後渡辺がアクシデントで後退、安原は10番手まで挽回するも、終盤にひとつ順位を落として11位でレースを終えた。優勝は山本鯨(ホンダ)、2位は竹中純矢(カワサキ)、3位は能塚智寛(カワサキ)となった。

第2ヒートも、安原、渡辺ともに中団グループから追い上げるレース展開となった。その中で渡辺は1周目にアクシデントがありながらも粘り強く順位を上げて10位。安原は序盤こそ激しい追い上げを見せたが、後半はペースが上がらず渡辺に続く11位でチェッカーを受けた。優勝は第1ヒートに続き山本、2位も同様に竹中、3位は田中雅己(ホンダ)となった。

レディースクラス:安原さやが3位表彰台を獲得

ホールショットを奪ったのは邵洋子(スズキ)、これに高橋絵莉子(ホンダ)、延永若菜(ホンダ)らが続く。安原さや(名阪レーシング)、伊集院忍(RF NARIMASU)は出遅れ、それぞれ9番手、10番手で2周目へ入る。

レースは邵がトップをキープするなか、安原は序盤からハイペースで追い上げを開始。3周目に6番手、5周目には表彰台圏内の3番手に上がると、その後は邵、竹内優菜(ホンダ)のトップ2へ接近。後半にはこのレースのベストタイムでさらにその差を詰めたが届かず3位でフィニッシュとなった。

また、伊集院は中盤まで8番手となかなか順位を上げることができなかったが、後半に入り2人をかわし6位入賞を果たした。

次回の第4戦SUGO大会は、5月25・26日、宮城県のスポーツランドSUGOにて開催される。

IA1 RESULT Heat.1

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 成田 亮 TEAM HRC Honda 33'26.001 (20Laps)
2 小方 誠 TEAM HRC Honda 33'27.616
3 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki 33'41.729
4 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha 33'46.724
5 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha 33'59.536
6 新井 宏彰 K.R.T. Kawasaki 34'05.535
7 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM 34'17.258
8 熱田 孝高 Team SUZUKI Suzuki 34'19.456
9 三原 拓也 K. R. T. Kawasaki 34'21.197
10 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS Honda 34'23.169
11 島崎 大祐 Team DUNLOP MX Honda 34'25.337
12 深谷 広一 TEAM MOTO SPORTS FUKAYA Honda 35'02.965
13 尾崎 友哉 RIDEZ Muc-Off YSP HO Yamaha 35'13.369
14 斉藤 崇 SRF関東オートスポーツ清水 Suzuki 33'30.402(-1Lap)
15 沼田 誠司 グリーンクラブ ジャッジメント Kawasaki 33'32.968(-1Lap)
16 鎌倉 大樹 レーシングチーム鷹 Yamaha 33'56.080(-1Lap)
17 鈴木 正明 秀明道場 Suzuki 34'02.371(-1Lap)
18 中村 泰介 RACING TEAM MIKURAwith ALL-ONE Yamaha 34'55.344(-1Lap)
19 小林 雅裕 KUMAMOTO Racing Honda 33'34.205(-2Laps)
20 桒垣 竜斗 KTMうず潮レーシング福山 KTM 33'45.395(-2Laps)
21 高原 佳紀 SRFスポーツ九州 Suzuki 33'50.713(-2Laps)
22 佐々木 雅規 エナジーX Honda 34'31.736(-2Laps)
23 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki DNF(-3Laps)

IA1 RESULT Heat.2

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha 32'21.003(19Laps)
2 小方 誠 TEAM HRC Honda 32'27.757
3 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha 32'37.022
4 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki 32'39.362
5 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki 32'39.732
6 熱田 孝高 Team SUZUKI Suzuki 32'53.065
7 新井 宏彰 K.R.T. Kawasaki 32'54.658
8 三原 拓也 K. R. T. Kawasaki 33'00.187
9 島崎 大祐 Team DUNLOP MX Honda 33'03.403
10 成田 亮 TEAM HRC Honda 33'04.846
11 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS Honda 33'05.894
12 尾崎 友哉 RIDEZ Muc-Off YSP HO Yamaha 33'32.718
13 深谷 広一 TEAM MOTO SPORTS FUKAYA Honda 33'42.990
14 沼田 誠司 グリーンクラブ ジャッジメント Kawasaki 33'52.836
15 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM 33'57.618
16 池谷 優太 Team SRM with マウンテンライダーズ Suzuki 33'57.883
17 鎌倉 大樹 レーシングチーム鷹 Yamaha 32'24.415(-1Lap)
18 鈴木 正明 秀明道場 Suzuki 32'47.916(-1Lap)
19 斉藤 崇 SRF関東オートスポーツ清水 Suzuki 33'25.809(-1Lap)
20 高原 佳紀 SRFスポーツ九州 Suzuki 33'33.471(-1Lap)
21 中村 泰介 RACING TEAM MIKURAwith ALL-ONE Yamaha 34'02.535(-1Lap)
22 桒垣 竜斗 KTMうず潮レーシング福山 KTM 34'03.096(-1Lap)
23 小林 雅裕 KUMAMOTO Racing Honda 34'05.295(-1Lap)
24 佐々木 雅規 エナジーX Honda 33'05.061(-2Laps)

IA1 RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 小方 誠 Honda 127
2 成田 亮 Honda 121
3 平田 優 Yamaha 112
4 小島 庸平 Suzuki 109
5 熱田 孝高 Suzuki 102
6 田中 教世 Yamaha 99
14 尾崎 友哉 Yamaha 39
18 鎌倉 大樹 Yamaha 23
23 中村 泰介 Yamaha 7

COMMENT

平田優選手談(4位/優勝:総合2位)

「事前テストで弘楽園のハードな路面に対してYZが良いフィーリングを示し、手応えをもって臨めたため、5・6番手でスタートできれば優勝のチャンスがあると感じていました。しかし、第1ヒートはスタートで遅れ、さらに序盤は調子が上がらずトップに逃げられてしました。でも中盤に入るとペースが上がり3位も視界に入っていたので狙っていったのですが、序盤の追い上げで疲れて電池切れとなりました。第2ヒートは1周目に4番手につけることができ、ライバルとラインが異なっていたためとてもスムーズにトップに立てました。大きなマージンを築いたのですが、そこからも自分のやるべきことをやるという意識で、常にベストを尽くしてレースを進めました。だから優勝を意識したのはラスト1周で、ゴールした瞬間はやっぱりうれしかったですね。ただ、この優勝はあくまでもスタートラインに立っただけで、本当の戦いはこれからだと思っています。自分をそしてチームを進化させ常勝チームに変えていくこと、それが今後の課題です」

田中教世選手談(5位/3位:総合4位)

「第1ヒートはスタートで熱田選手が目の前で転倒し、その影響で後方からのレースとなりました。とにかく序盤は挽回しようと最大限マシンをプッシュし順位を上げることができたのですが、中盤に入って抜けない時間帯があり、それが5位という結果になったと思います。第2ヒートもスタートは出遅れ、序盤で抜きあぐねた時間帯もあったのですが、さまざまなラインを駆使して4番手まで上がることができました。その時に小島選手が見えていたので、限界までやってみようと勝負を決断。正直体力的には辛い状況だったのですが、リスクの大きいラインも使いなんとか前に出ることができました。諦めないという気持ちで勝ち取った表彰台だったと思います。もちろんこれで満足している訳ではありません、やっぱり勝つことが目標なので、平田選手に続き今度は僕が優勝したいと思います」

森石知治監督談(YSP岡山南代表)

「第1ヒートは2人が出遅れ、どうなることかと思いましたが、着実に順位を上げていく展開に、私も応援団も非常に盛り上がり、表彰台こそ逃しましたが、ヤマハライダーの底力を見せるレースとなりました。そのため、第2ヒートへの期待が高まりましたが、正直に言うとここまでのレースになるとは思いませんでした。まず平田選手はとにかく“速かった”の一言。他を圧倒するとはこのことであり、本当にうれしい勝利でした。IA1クラス初の優勝ということですが、勝利を経験することで、また一回り大きくなるはず。今シーズン後何勝してくれるか楽しみです。一方の田中選手もねばりと気迫が伝わってくる本当にすばらしい走りでした。最後の逆転劇は、平田選手の独走に負けないくらい感動していただけたのではないでしょうか。次のSUGOはヤマハのホームコース。今回以上に青い旗を振って2人を応援してください。きっと期待に応える走りをしてくれるはずです」

安原さや選手談(3位)

「GWにこの弘楽園を走り込んだ時は、とても調子が良かったのですが、ウィークに入ってからはなかなか調子が上がらず、今日の朝イチの練習では全くタイムが出ず不安を持ったままレースに臨むことになりました。決勝ではその不安が的中してしまい、スタートで遅れしかもランキング上位陣が前にいたため今回は厳しいかと思っていました。でも走るうちに調子が良くなり3位になれたのですが、2番手の選手が見えていたにもかかわらず攻めきれなかったことは悔やまれます。次回のSUGOは正直、相性の良くないコース。でも、ここまでの勢いのままに、最低でも表彰台という気持ちでランキング上位陣に食らいついていきます」

ページ
先頭へ