本文へ進みます

全日本モトクロス選手権 IA

ヤマハの参戦ライダー、マシンなど全日本モトクロス選手権 IAに関する情報をお届けします。

Rd.04 5月27日 宮城

RACE DATA

■大会名称:2012全日本モトクロス選手権第4戦SUGO大会
■カテゴリ:IA1クラス
■開催日:2012年5月27日(日)
■会場:宮城県・スポーツランドSUGO
■レース時間:(30分+1周)×2ヒート
■天候:晴れ ■観客:3,600人

REPORT

全日本モトクロス選手権•第4戦が、スポーツランドSUGO(宮城県)にて開催された。傾斜角30度の大坂やビッグジャンプ、高速コーナーなど様々なセクションが入り交じった約1.5kmのコースは、新たにリズムセクション(通称ルンバルンバ)などが設定され、さらにバラエティに富んだコースへと進化。観客にとっては、ライダーたちの激しいバトルとともに見所の多い大会となった。
第2戦の怪我の影響に苦しんできたヤマハ•YSP・レーシング・チームの田中教世(IA1)は、今大会も万全ではないものの、第1ヒートは5位、第2ヒートは7位、総合成績でも6位を獲得し順調に回復している姿を見せた。IA2ではヤマハ•レーシング•ユースの安原志が、第1ヒート24位、第2ヒート14位。レディースは、ヤマハ•レーシング•ユースの伊集院忍が7位、安原さやは4位となった。

IA1:田中教世が総合6位を獲得!

第1ヒート、田中教世はスタートで中盤あたりと遅れたが、1周目を8番手でクリア。序盤は上位の4人、そして5番手に単独走行する熱田孝高(スズキ)、田中その後方で稲垣佳樹(スズキ)、北居良樹(KTM)とともに続く。田中は稲垣、北居とともに熱田に接近していくなかで稲垣をパス。さらに後半に入り北居がアクシデントで脱落し6番手に上がると、熱田に照準を合わせてYZ450Fをプッシュしていく。2人の差は着実に縮まり、田中は熱田のテールをとらえると、その勢いのまま熱田をかわして5番手に浮上する。その後熱田も食らいついてくるが、しっかりとマージンをとり5位でフィニッシュした。

トップ争いは成田亮(ホンダ)と新井宏彰(カワサキ)にしぼられ、後半に成田が転倒で一度2番手に後退したが、翌周に新井を逆転して優勝。2位は新井。3位は小島庸平(スズキ)と平田優(ホンダ)の争いとなり、小島が制して3位を獲得した。

第2ヒート、田中はスタートで大きく出遅れ、後方から4番手当たりで第1コーナーを抜けるが、1周目に大きく挽回し17番手で2周目に入る。その後も周を重ねるごとに着実に順位を挽回、レース序盤のうちに11番手までポジションを上げる。
ここからは、簡単に順位を上げることができなかったが、12周目に10番手とすると上位陣2人がアクシデントで脱落して8番手に浮上。さらに上位を目指してマシンをプッシュした田中は、ラストラップに1人をかわし7位でフィニッシュした。なお総合成績は6位となり、第2戦以降苦しんできた田中は、本来の走りを取り戻しつつあることを証明した。
上位は、新井がスタートから抜け出して独走優勝し成田の連勝をストップ。2位は成田、3位は熱田となった。

IA2:安原志が両ヒートで14位

第1ヒート、安原志はスタートで出遅れながら1周目で12番手まで追い上げるがその2周目に転倒があり、24番手まで一気にダウン。しかし安原は諦めることなく再びアグレッシブに攻め続け、11人のライバルをかわして13番手までジャンプアップしラスト3周を迎える。ところが再び転倒により順位を落としてしまうが、それでも最後まで走りきり24位でゴール。なお、ヤマハでは原田翼が14位でフィニッシュした。

トップ争いは、終始トップを独走していた星野優位(ホンダ)がレースを後半に転倒。この間に逆転した山本鯨(スズキ)が優勝。2位は星野、3位は三原拓也(カワサキ)となった。

第2ヒート、安原はスタートでミスして大きく出遅れ、ほぼ最後尾からのスタートとなる。しかし1周目を17番手で終えると、次の2周目に15番手に浮上。その後は徐々に順位を上げていき12番手とするが、終盤に順位を落とし最後は14位でゴールした。なお優勝は星野、2位は田中雅己(ホンダ)、3位は三原拓也(カワサキ)となった。

レディース:安原が4位、伊集院が7位!

スタートは邵洋子(スズキ)がホールショットを奪うなどライバルたちが好スタートを切った一方、安原さやは第1コーナーでエンスト、その後方にいた伊集院忍もスローダウンし、最下位に近い位置から追い上げのレースとなった。安原はそのなかで14番手まで順位を上げたが、伊集院には転倒があり、17番手で1周目を終える。
その後伊集院は序盤に大きく順位を挽回し4周目までに8番手とすると、さらにひとつ順位を上げ7番手とに浮上。しかし、6番手との差が大きく開いていたため詰め切ることができず7位でレースを終えた。安原も、怒濤の追い上げをみせ3周目に5番手とすると、さらにマシンをプッシュ。6周目に4番手に上がると、3番手の畑尾樹璃(カワサキ)に照準を合わせ少しずつ差を詰めていく。しかし増えていくバックマーカーにてこずる場面もあり届かず、4位でレースを終えた。なお優勝は邵、2位は竹内優菜(スズキ)、3位は畑尾となった。

次回の第5戦北海道大会は、北海道オフロードパークで3週間後の6月16・17日に開催される。

IA1 RESULT Heat.1

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 成田 亮 TEAM HRC Honda 32'21.314 (17Laps)
2 新井 宏彰 K.R.T. Kawasaki 32'22.252
3 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki 32'35.653
4 平田 優 TEAM HRC Honda 32'36.418
5 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha 32'51.012
6 熱田 孝高 Team SUZUKI Suzuki 32'52.469
7 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM 33'04.906
8 増田 一将 Kazu Racing Project × West wood Honda 33'07.508
9 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki 33'17.775
10 稲垣 佳樹 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki 33'28.429
11 小方 誠 TEAM HRC Honda 33'30.262
12 中村 友則 グリーンクラブジュニアライダース Kawasaki 33'39.126
13 尾崎 友哉 RIDEZ Muc-Off Racing with YSP 浜北大橋 Yamaha 34'07.707
14 芹沢 翔悟 TEAM HAMMER Honda 34'31.495
15 Arnon Theplib A.P.Honda Thailand Honda 32'23.344(-1Lap)
16 井上 眞一 K.R.T. Kawasaki 32'28.913(-1Lap)
17 増田 篤 Team SSC Suzuki 32'34.363(-1Lap)
18 鈴木 正明 秀明道場 Yamaha 32'40.537(-1Lap)
19 小林 雅裕 KAMON Racing Honda 34'24.464(-1Lap)
20 片平 竜英 モトハウスレースチーム Yamaha 34'35.314(-1Lap)
22 中村 泰介 Yamaha 33'02.805(-2Laps)

IA1 RESULT Heat.2

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 新井 宏彰 K.R.T. Kawasaki 32'55.195 (17Laps)
2 成田 亮 TEAM HRC Honda 33'11.797
3 熱田 孝高 Team SUZUKI Suzuki 33'18.222
4 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki 33'21.030
5 稲垣 佳樹 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki 33'24.523
6 平田 優 TEAM HRC Honda 33'25.951
7 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha 33'28.368
8 小方 誠 TEAM HRC Honda 33'30.507
9 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki 33'33.561
10 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM 34'28.042
11 深谷 広一 TEAM.MOTO.SPORTS.FUKAYA Honda 34'33.620
12 島﨑 大祐 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki 34'37.368
13 増田 篤 Team SSC Suzuki 35'09.389
14 井上 眞一 K.R.T. Kawasaki 33'00.937(-1Lap)
15 芹沢 翔悟 TEAM HAMMER Honda 33'07.977(-1Lap)
16 尾崎 友哉 RIDEZ Muc-Off Racing with YSP 浜北大橋 Yamaha 33'13.451(-1Lap)
17 Arnon Theplib A.P.Honda Thailand Honda 33'15.079(-1Lap)
18 鈴木 正明 秀明道場 Yamaha 33'18.328(-1Lap)
19 片平 竜英 モトハウスレースチーム Yamaha 34'17.035(-1Lap)
20 須田 純 グリーンクラブJUDGEMENT Kawasaki 34'35.535(-1Lap)
24 中村 泰介 Yamaha 33'43.899(-2Laps)

IA1 RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 成田亮 Honda 197
2 新井宏彰 Kawasaki 168
3 平田優 Honda 143
4 小島庸平 Suzuki 128
5 増田一将 Honda 108
6 熱田孝高 Suzuki 106
12 田中教世 Yamaha 70
14 小島太久摩 Yamaha 58
15 尾崎友哉 Yamaha 40
19 斉木達也 Yamaha 21
23 鈴木正明 Yamaha 10
27 片平 竜英 Yamaha 3

COMMENT

IA1:田中教世選手談(5位/7位:総合6位)

「今回は、両ヒートともにスタートで出遅れてしまい追い上げのレースになりました。ただしまだ体調が自分の感覚では7〜8割程度だったこともあり、思い通りの走りができないままレースが終わってしまったという感じです。自分のなかではもっとタイムを出せる、もっと行けるという感じもあったのですが、まずは体調を戻すことが先決かなと思います。出るからにはやはり優勝を目標としていますが、しっかり自分の体調を戻さない限りはトップ争いをできないこともわかったので、次の北海道までの3週間は、しっかりトレーニングと練習をして、体も直して元気な姿を見せられるようにしたいと思います。毎戦YSPさんをはじめ多くの応援をいただき、本当に励みになっています。結果が残せず悔しく申し訳ない気持ちでいっぱいですが、次はトップ争いをして表彰台を目指すので応援よろしくお願いします」

佐藤伸一監督談(YSP東大和南店長)

「負傷した状態でここまでやってくれたことは本当にすばらしいと思います。今回の応援団のみなさんも田中選手の走りを見てレースに対する熱意を感じてくれたと思います。これからまだまだレースは続きます。まずは体調を完全に直して、これまでのフラストレーションを吹き飛ばすようなレースを、そして表彰台に立つ姿を見せてくれると思います。我々YSPも田中選手を最大限にサポートして盛り上げていきますので、これからも応援よろしくお願いします。一方の安原志選手、伊集院選手ですが2人は若くまだ伸び代のあるライダーです。今が完成形ではなく、これからドンドン成長することを考えれば、今日の結果を悔やみ続けるよりも気持ちを切り替え、またこの結果を土台にして成長してもらうことを期待しています。モトクロスファンの皆さんには、田中選手とともに若い2人も応援してもらえたらと思います」

IA2:安原志選手談(24位/14位:総合18位)

「第1ヒートは、スタートが中盤くらいで追い上げの展開をイメージしていたのですが、序盤に転倒があり順位を落としてしまいました。その後も10番手付近まで追い上げたのですが、ラスト3周のところで再び大きな転倒があり順位を落としてしまいました。第2ヒートはスタートでミスしてほぼ最後尾からのレースとなりました。ただそこで諦めてしまったら終わりなので、気持ちを切り替えて走りました。でも前にいきたい気持ちとは裏腹に中盤から集中力が切れ、終盤には疲れもあり悔しさが残るレースとなりました。次の北海道までは3週間の時間があるので、練習もトレーニングもしっかりやって、怪我をして落とした分を取り戻すつもりでがんばります」

レディース:伊集院忍選手談(7位)

「今回はスタートで出遅れてしまい、追い上げのレースになってしまいました。スタート後の1コーナーで安原選手のマシンが止まっていて、その後ろにいた自分もストップすることになってしまいました。さらにその1周目に転倒もあり、順位を落として苦しい展開になりました。SUGOは得意なコースなので気合いが入っていたのですが、楽しく走ることができず順位も目標に届かずとても残念です。次の北海道は初めてのコース。イコールコンディションなのでチャンスもあると思います。まずスタートを決めて楽しく走りたいと思います」

レディース:安原さや選手談(4位)

「今日はスタート直後の1コーナーでマシンが止まってしまいほぼ最後尾からの追い上げになりました。昨日から乗れていただけに悔しかったですが、まだレースが最初だったので追い上げることができると思い全力で走りました。4番手まで上がったあと3番手を視界に捉えることができましたが、バックマーカーとラインが重なってしまう場面もあり届きませんでした。次回の北海道はサンドコースと聞いています。私の得意なコンディションなのでガンガン走って勝ちたいと思いますので、今回と同様、たくさん応援してください、よろしくお願いします」

ページ
先頭へ