本文へ進みます

全日本モトクロス選手権 IA

ヤマハの参戦ライダー、マシンなど全日本モトクロス選手権 IAに関する情報をお届けします。

Rd.01 4月8日 熊本

RACE DATA

■大会名称:2012全日本モトクロス選手権第1戦九州大会
■カテゴリ:IA1クラス
■開催日:2012年4月8日(日)
■会場:熊本県・HSR九州
■レース時間:(30分+1周)×2ヒート
■天候:晴れ ■観客: 7,800人

REPORT

IA1で田中教世が第2ヒートで2位表彰台を獲得!
レディースでは安原が優勝、伊集院が5位入賞!

2012年、全日本モトクロス選手権が、トライアル、ロードレースに続き4月8日熊本県はHSR九州にて開幕した。今シーズンからヤマハトップチームはヤマハ•YSP・レーシング・チームとなり、これに合わせてライダーは昨年ランキング5位の田中教世を迎え、新しい体制でシーズンを迎えた。

また、新たにトップチームへの登竜門として若手育成などを担うヤマハ•レーシング•ユースが発足。IA2には安原志、レディースに伊集院忍が参戦する。なお、シーズンオフの怪我により安原志は欠場となった。

レギュレーションの変更により25歳以上のライダーはIA2へのエントリーができなくなったことから、IA2のライダーがIA1へステップアップしたことにより、選手が増えただけでなく選手層が一段と厚くなり、ファンとしてはさらにエキサイティングなレースを期待させることとなった。この期待に応えるように両ヒートともに激しいレースが実現。特に第2ヒートはスタートで出遅れた田中が、多くのライバルをかわしトップに肉薄するスリリングな展開で開幕戦に相応しい盛り上がりを見せた。

IA1の第1ヒート、田中はスタートで出遅れてしまいちょうど中盤あたりからレースをスタートとなり、成田亮(ホンダ)を先頭にしたトップ集団から離されてしまう。しかし、田中は1周目に絶妙なリカバリーを見せて一桁台まで挽回すると、その後もライバルより速いペースで順位を上げ5番手まで回復する。
ところがその周にアクシデントが発生。大事には至らなかったものの後退すると、さらに翌周以降もアクシデントが重なり、大きく順位を落としてしまう。しかし田中は集中力を切らすことなく着実に挽回し、最後は13位でチェッカーを受けた。トップは成田、2位は小島庸平(スズキ)、3位は新井宏彰(カワサキ)となった。
なお、ヤマハのトップは小島太久摩。序盤は7番手から一時は10番手まで後退するも、終盤に入り積極的に攻めて順位を上げ8位でフィニッシュとなった。

第1ヒートの雪辱を晴らすべく臨んだ第2ヒート、田中はスタートで第1ヒートと同様集団に飲み込まれてしまう。しかし序盤の混戦のなか、テクニカルなHSR九州を巧みな技術で攻略しながら、他を圧倒するペースで次々とライバルたちをかわすと、5周目に小島庸平をかわして4番手に浮上する。残るはトップの成田、2番手の平田優(ホンダ)、そして新井の3人を残すのみとなった。
田中はレースが序盤であることからYZ450Fのプッシュを続け。新井に肉薄をすると、8周目、一気に新井、平田をかわして2番手としさらにトップの成田に照準を合わせる。2人の差は4〜5秒と膠着状態が続くが、田中は終盤に入り追撃を試みてその差を縮めたがおよばず成田に続く2位でフィニッシュ。しかし開幕戦で表彰台を獲得し、次回への期待を膨らませるレースとなった。3位は第1ヒートに続き新井となった。
なお総合成績で田中は、成田、新井、小島庸平、平田に続く5位を獲得した。

25歳以上のライダーが抜け若手中心となり、次代のモトクロス界を引っ張っていく新いスターの誕生が期待させるIA2。その候補の一人とも言える安原志は怪我により欠場となったが、シーズン序盤での復帰を予定している。なお、ヤマハライダーでは原田翼が総合13位を獲得。総合優勝は1/2位の星野優位(ホンダ)、2位は3/1位の三原拓也(カワサキ)、3位は4/3位の富田俊樹(ホンダ)となっている。

レディース、伊集院はスタートこそ出遅れたが、直後の1コーナーで順位を上げ3番手でレースを開始するも、1周目に順位を落とし5番手で2周目に突入する。その後は順位の変動があったが、大きく崩れることはなく上位陣に食らいついてチャンスをうかがう展開となる。そしてレース終盤を5番手で迎えた伊集院は、そこから4•3番手の背中をしっかり視野に捉えるまで接近、最終的には逆転はできなかったものの、自己最高タイの5位でフィニッシュし、次回の更なる活躍を期待させる結果となった。
一方、怪我から復帰した安原さやはホールショットから1周目をトップで終えると、その後も快調なペースで2番手以下を引き離して独走態勢を築く。レース中盤以降も他を寄せ付けなかった安原は、スタートから一度もトップを許すことのない完璧に近い走りで復帰戦を優勝で飾った。
なお、2位は畑尾樹璃(カワサキ)、3位は邵洋子(スズキ)となった。

次回の第2戦関東大会は、オフロードヴィレッジ(埼玉県)で4月21・22日に開催される。

IA1 RESULT Heat.1

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 成田 亮 TEAM HRC Honda 33'05.442 (19Laps)
2 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki 33'10.154
3 新井 宏彰 K.R.T Kawasaki 33'11.917
4 平田 優 TEAM HRC Honda 33'21.823
5 小方 誠 TEAM HRC Honda 33'24.177
6 増田 一将 kazu Racing Project×West wood Honda 33'25.402
7 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM 33'34.168
8 小島太久摩 TEAM KOH-Z Yamaha 33'36.667
9 熱田 孝高 Team SUZUKI Suzuki 33'39.853
10 島崎 大佑 SRF Team ブルーイーグルス Suzuki 33'40.221
11 深谷 広一 TEAM MOTO. SPORTS. FUKAYA Honda 33'49.160
12 稲垣 佳樹 SRF Team ブルーイーグルス Suzuki 33'53.961
13 田中 教世 YAMAHA YSP Racing TEAM Yamaha 33'55.916
14 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki 34'03.928
15 尾崎 友哉 RIDEZ Muo-Off Racing with YAMAHA Yamaha 34'41.550
16 高須 康市 Team SSC Suzuki 34'41.914
17 須田 純 グリーンクラブJUDGE MENT Kawasaki 33'17.315(-1Lap)
18 芹沢 翔悟 TEAM HAMMER Honda 33'37.717(-1Lap)
19 斉木 達也 RT鷹 Yamaha 33'44.214(-1Lap)
20 鈴木 正明 秀明道場 Yamaha 34'00.146(-1Lap)
27 林 友太 RT鷹 Yamaha 34'28.349(-2Lap)

IA1 RESULT Heat.2

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 成田 亮 TEAM HRC Honda 33'06.921 (19Laps)
2 田中 教世 YAMAHA YSP Racing TEAM Yamaha 33'11.090
3 新井 宏彰 K.R.T Kawasaki 33'13.189
4 平田 優 TEAM HRC Honda 33'31.523
5 深谷 広一 TEAM MOTO. SPORTS. FUKAYA Honda 33'36.450
6 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki 33'40.760
7 小方 誠 TEAM HRC Honda 33'41.394
8 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki 33'42.165
9 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM 33'45.792
10 熱田 孝高 Team SUZUKI Suzuki 33'53.280
11 稲垣 佳樹 SRF Team ブルーイーグルス Suzuki 33'57.875
12 小島太久摩 TEAM KOH-Z Yamaha 34'16.985
13 増田 一将 kazu Racing Project×West wood Honda 34'20.304
14 高須 康市 Team SSC Suzuki 34'22.161
15 斉木 達也 RT鷹 Yamaha 34'45.634
16 芹沢 翔悟 TEAM HAMMER Honda 34'49.944
17 増田 篤 Team SSC Suzuki 34'50.972
18 沼田 誠司 グリーンクラブJUDFE MENT Kawasaki 33'19.124(-1Lap)
19 尾崎 友哉 RIDEZ Muo-Off Racing with YAMAHA Yamaha 33'25.529(-1Lap)
20 須田 純 グリーンクラブJUDGE MENT Kawasaki 33'39.244(-1Lap)
21 鈴木 正明 秀明道場 Yamaha 34'26.903(-1Lap)
24 林 友太 RT鷹 Yamaha 34'23.296(-2Lap)

IA1 RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 成田 亮 Honda 50
2 新井 宏彰 Kawasaki 40
3 小島 庸平 Suzuki 37
4 平田 優 Honda 36
5 田中 教世 Yamaha 30
6 小方 誠 Honda 30
11 小島太久摩 Yamaha 22
16 斉木 達也 Yamaha 8
18 尾崎 友哉 Yamaha 8
22 鈴木 正明 Yamaha 1

COMMENT

IA1:田中教世選手談(13位/2位:総合5位)

「第1ヒートは、スタートで出遅れただけでなく、アクシデントにより順位を落としてしまったことが悔やまれます。でも20位以内はポイントを獲得できるため、気持ちを切り替えて一人一人丁寧にかわしていきました。第2ヒートも同様にスタートで遅れ正直焦りましたが、このレースに向けてチームがセッティングをさらに向上してくれたことや、昼休みにYSPのお客さまを中心に多くの応援をもらい、気持ちが乗っていたので一気に順位を上げることができました。しかし前半の追い上げで体力を消耗していたことから、後半は思うようにペースを上げることができず、スタートの重要性を改めて感じることとなりました。シーズンオフに辛い練習を重ねてきただけに結果には満足できませんが、表彰台に立てて正直ホッとしました。次の関東では表彰台はもちろんですが、何としも優勝して表彰台の真ん中に立ちたいです」

柴山勉監督談(YSP大濠店長)

「第1ヒートはアクシデントなどで13位という結果に終わり残念でした。しかし第2ヒートは、スタートで遅れながらも2位表彰台を獲得。私自身、感動したのですが、それ以上にお客さんたちが徐々に順位を上げ、さらにトップに迫っていく田中選手の姿にとても喜んでくれ本当にうれしいレースとなりました。優勝こそ逃したけれど、次戦以降に期待を感じていただけたと思うし、"ヤマハの田中"というイメージを強く残せたと思います。また伊集院選手は、順位の上下はあったけれど、常に上位でレースを展開してくれ今後の活躍•成長を楽しんで欲しいと思います。次回の関東大会以降も全国のYSPが一致団結してヤマハを、そしてレースを盛り上げていきますので、次もトップチームを含めた多くのヤマハライダーへの声援をお願いします」

レディース:伊集院忍選手談(5位)

「開幕戦ということもあり非常に緊張したけれど、これまでは転倒など自分の失敗を心配してのものでした。でも今年は自分がどこまでやれるかという部分での緊張にかわり、レースに対する姿勢が変わっていることを自覚できました。こうしたことからレースでも、後ろのことを心配するだけでなく、前に追いつくことを考えられるようになり、積極的に攻めることができたし、実際に追い上げにもつながったことは良かったです。結果は自己最高に並ぶ5位でしたが、ベストなコンディションではとったことがなかったので自信になりました。次回は地元でのレースなので、自己最高を更新して表彰台に立ちたいと思います」

レディース:安原さや選手談(優勝)

「まだ状況としては100%ではありませんが、復帰戦として結果よりモトクロスを楽しむことを重視してレースに臨みました。結果は独走優勝で完全復活をアピールできたし、何よりも楽しむなかで結果がついてきたことがうれしいです。ただ、まだまだ進化できると感じています。今回は昨年のチャンピオンが不在だったけれど、いつでてきても勝てるようにならなければいけないし、それ以上に今年は自分がチャンピオンになるためにさらに前進しなければなりません。次回の関東大会のコースはそれほど得意ではありませんが、今回の勢いでがんばりますので、応援をよろしくお願いします」

ページ
先頭へ