NEWS

1998年の衝撃をもう一度、20周年特別カラーの鈴鹿8耐参戦車両「YZF-R1」をアンベール

ヤマハ発動機株式会社は、2018年6月16日、宮城県・スポーツランドSUGOで「2018 YAMAHA鈴鹿8耐 参戦発表会」を開催し、7月26-29日に鈴鹿サーキットで行われる"コカ・コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会に参戦する「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」、「GMT94 Yamaha Official EWC Team」、「YART Yamaha Official EWC Team」の体制、および「YZF-R1」の発売20周年を記念した赤と白の特別カラーを採用した「YZF-R1」を初公開しました。

発表会では、MS戦略部の堀越慶太郎部長が各チームの体制を発表。続いて「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の中須賀克行選手と吉川和多留監督が登場し、多くの報道陣とファンの目の前で「YZF-R1」をアンベールするとともに、それぞれが「YZF-R1」について、鈴鹿8耐に向けての抱負を語り、4連覇に向けてスタートを切りました。

中須賀 克行選手

「この発表会に出席し、非常に身の引き締まる思いです。また、これまで僕は数々の節目に携わってきて、それぞれでよい結果を残してきました。今回もまた4連覇という形で、R1の20周年という記念すべき年に華を添えたいと思います。ここまで3連覇中ですが、気持ちはチャレンジャー。チーム一丸となり、このカラーリングでてっぺんを目指します」

吉川和多留監督談

「ファンにとってヤマハの印象はブルーが強いと思いますが、私が現役の頃はヤマハといえば、この赤白のカラーリングがベースであり、私自身も"いつかあのカラーに乗るぞ"という憧れを持っていました。私自身はチーム監督という立場になりますが、20周年カラーをまとったR1が今年も最初にチェッカーを受けられるよう、ライダーと一丸となってがんばります」

堀越慶太郎談(MS戦略部長)

「初代R1は1998年に発売しましたが、その時のカラーがこの赤白と青でした。青は全日本のファクトリーマシンに採用し、この8耐では初代R1を象徴する赤白のカラーを採用することで、当時の衝撃を再び呼び起こすことが狙いです。また、6月23日には、スポーツランドSUGOでYZF-Rオーナーズミーティングが開催されますが、世界各地のファンやオーナーに感謝の気持ちを表すため様々なプロモーションを計画しており、今回のカラーリングもそうしたプロジェクトの一環となります。初代R1を彷彿とさせる赤と白のスペシャルカラーで4連覇を目指すヤマハの戦いに、今年もぜひご期待ください」