R1 History 1998–2017


1998年、スーパースポーツの世界に革命を起こした「YZF-R1」。「ツイスティロード最速」から「サーキットNo.1」へ。20年という歳月の中、「速さ」と「強さ」を求め、時代を追い越しながら進化を続けてきた。その真価を存分に解き放ってきたのが世界中のサーキット。ここでは製品の足跡に加え、「YZF-R1」がこれまでサーキットで残してきた数々の輝かしい戦績、そしてR1史に残るレーシングエピソードとともに20年を振り返る。

1998

初代:新カテゴリーの提唱

“次世代スーパースポーツ"の提唱として開発をスタートした初代R1は、600cc並みの177kg超軽量ボディに軽量・コンパクトな150PSの998cc水冷DOHC4気筒5バルブエンジンを搭載。GPマシンのセオリーを反映させたロングリアアーム、スポーツモデルの世界を変革するパワーウエイトレシオ「1.18」などが特徴だった。

最大出力:150PS/10,000rpm   車両重量:177kg(乾燥)

2000

第2世代:材料置換による進化

すべてを見直し、エンジン・車体トータルで250点ものパーツを変更した第2世代。外装パーツの一新による空力特性の向上、チタンマフラー採用などによる一層の軽量化、ドライバビリテイ向上などポテンシャルをアップし、持ち味のツイスティロード最速をさらに高次元へと押し上げた。

最大出力:150PS/10,000rpm   車両重量:175kg(乾燥)

2002

第3世代:FI採用などによる熟成

量産二輪車初のフリーピストン併用FIを採用。フリーピストンの作動を利用して低速から最適な吸入空気量を制御し、自然吸気の滑らかさを残してリニアなスロットルレスポンスを引き出し、電子制御による優れた応答性と信頼性を獲得した。フレームは捩じれ剛性値を約30%アップした「デルタボックスⅢ」を採用。新技術・軽量化技術の投入、ディメンションの最適化等を通じコーナリング性能に磨きをかけた。

最大出力:152PS/10,500rpm   車両重量:174kg(乾燥)

2003
Suzuka 8H:R1を初の表彰台に導いたYSP Racing Team sponsord by PRESTO Corporation(吉川和多留)
レース戦績
WSBKアレサンドロ・グラミーニ:19位
EWCYamaha GMT 94:3位、Endurance Moto 38:6位、Yamaha Austria R.T.:7位
Suzuka 8HYSP Racing Team sponsord by PRESTO Corporation:総合2位/JSB1000クラス優勝
クレバーウルフレーシングチーム:6位
JSB1000中冨伸一:6位、大崎誠之:10位
2004

第4世代:スタイリッシュデザインNo.1

アップマフラーなど、“エキサイティングパフォーマンス&スタイリッシュデザインNo.1"を具現化。ボア・ストロークは従来比でボアを拡大し、12.4:1の高圧縮比を支えるためシリンダーはクローズドデッキータイプに。高出力に呼応しヤマハ二輪車初のFSコンロッドを導入し、FIはサブスロットルバルブに進化。フレームはMotoGPマシン「YZR-M1」の設計思想及び3Dキャド解析技術の投入で誕生した高剛性のデルタボックス・(ヴィクトリー)型の新設計とした。

最大出力:172PS/12,500rpm   車両重量:172kg(乾燥)

EWC:R1にとって、チームにとっても初の世界チャンピオンを獲得したYamaha GMT 94
JSB 1000:R1の全日本初優勝を達成した中冨伸一
レース戦績
WSBKセバスチャン・ジンバート:18位、ジェームス・エリソン:19位
EWCYamaha GMT 94:チャンピオン、Endurance Moto 38:3位
Yamaha Austria Racing Team 7:4位
Suzuka 8HYamaha GMT 94:8位、Yamaha Austria Racing Team 7:13位
YSP Racing Team sponsored by PRESTO Corporation:14位
Club YAMAHA MOTORCYCLE RACING 17位
JSB1000中冨伸一:3位
2005
WSBK:R1に初優勝をもたらした芳賀紀行
WSBK:R1で走行するA・ピットと阿部典史
レース戦績
WSBK芳賀紀行:3位、アンドリュー・ピット:8位、阿部典史:13位
セバスチャン・ジンバード:16位
EWCYamaha Austria Racing Team 7:3位
Phase One Endurance:4位、Shell Endurance Academy:6位
Yamaha Folch Endurance:10位
Suzuka 8HYSP Racing Team sponsored by PRESTO Corporation:12位
伊藤レーシング・GMDスズカ:13位、Phase One Endurance:18位
JSB1000中冨伸一:4位、中須賀克行:12位
2006
EWC:ランキング2位を獲得したYamaha Austria Racing Team 7
JSB 1000:ヤマハトップチームからR1とともに参戦した中須賀克行
レース戦績
WSBK芳賀紀行:3位、アンドリュー・ピット:5位、阿部典史:13位
中冨伸一:17位、セバスチャン・ジンバード:19位
EWCYamaha Austria Racing Team 7:2位、Phase One Endurance:3位
Shell Endurance Academy:9位、Yamaha GMT 94:13位
Suzuka 8HYamaha Austria Racing Team 7:10位、TEAM 茶LLENGER:14位
Phase One Endurance:17位
JSB1000中須賀克行:9位
2007

第5世代:YCC-T・YCC-I採用

新4バルブ燃焼室・12.7の圧縮比で、量産二輪車初の電子制御式可変ファンネル(YCC-I)、電子制御スロットル(YCC-T)を採用しリニアな特性に一層磨きをかけた。アルミ製デルタボックスフレームも全面新設計。レイヤーカウルなど、エッジの効いた躍動感ある新デザインも採用した。アート感溢れるスタイルやツイスティロードでの最高性能と旋回性の両立という初代からの特徴に加え、サーキット性能を飛躍的に向上し、総合性能をさらなる高みに引き上げた。

最大出力:180PS/12,500rpm   車両重量:177kg(乾燥)

WSBK:R1での自己最高となるランキング2位を獲得した芳賀紀行
Suzuka 8H:R1で初参戦し今大会ヤマハ最上の9位を獲得した81 YAMAHA RACING(阿部典史)
レース戦績
WSBK芳賀紀行:2位、トロイ・コルサ−:5位、中冨伸一:15位
EWCYamaha Austria Racing Team 7:3位、Endurance Moto 38:5位
Phase One Endurance:6位、Yamaha GMT 94:7位
Suzuka 8H81 YAMAHA RACING:9位、Phase One Endurance:15位
Yamaha Austria Racing Team 7:36位
JSB1000中須賀克行:4位、阿部典史:8位、大崎誠之:10位
AMA SBエリック・ボストロム:7位、ジェイソン・ディザルボ:9位
2008
WSBK:このシーズン、ヤマハ最上位となるランキング2位を獲得したT・コルサー
JSB1000:全日本においてR1初、自身初のチャンピオンを獲得した中須賀克行
レース戦績
WSBKトロイ・コルサ−:2位、芳賀紀行:3位、中冨伸一:19位
EWCYamaha Austria Racing Team 7:2位、Ymes Folch Endurance:3位
Phase One Endurance:8位、BK Maco Moto Racing:10位
YAMAHA GMT94:21位
Suzuka 8H218 YAMAHA RACING:5位、Yamaha Austria Racing Team 7:11位
Ymes Folch Endurance:12位、Phase One Endurance:13位
JSB1000中須賀克行:チャンピオン、大崎誠之:2位、横江竜司:9位、佐藤裕児:11位
AMA SBエリック・ボストロム:3位、ジェイソン・ディザルボ:4位
2009

第6世代:クロスプレーン型クランクシャフト採用

MotoGPマシン「YZR-M1」の技術に基づいて開発したクロスプレーン型クランクシャフトを採用。スロットル操作に対しいっそうリニアに駆動力を引き出すことを可能にし、ディメンションを一新した新設計のアルミ製デルタボックスフレームと相まって、卓越したコーナリング性能を実現。このほか、R1初のツイン・インジェクター、ヤマハ独自のCFマグネシウムダイキャスト技術で製造したリアフレーム、左右独立の減衰力機構採用フロントフォークなどが特徴となっている。

最大出力:182PS/12,500rpm   車両重量:206kg

WSBK:ヤマハにとって初の世界チャンピオンを獲得したB・スピース
EWC:チーム初の世界チャンピオンを獲得したYamaha Austria Racing Team 7
レース戦績
WSBKベン・スピース:チャンピオン、トム・サイクス:9位
EWCYamaha Austria Racing Team 7:チャンピオン
Phase One Endurance:8位
Amadeus X-One:9位
Suzuka 8HYamaha Austria Racing Team 7:4位、Phase One Endurance:12位
Ymes Folch Endurance:12位、Phase One Endurance:13位
JSB1000中須賀克行:チャンピオン、大崎誠之:5位、横江竜司:12位
AMA SBジョシュ・ヘイズ:2位、ベン・ボストロム:5位
2010
WSBK:ヤマハ最上のランキング5位を獲得したC・クラッチロー
EWC:ランキング3位となったYamaha Austria R.T.
レース戦績
WSBKカル・クラッチロー:5位、ジェームズ・トーズランド:9位
EWCYamaha Austria R.T.:3位、Ymes Folch Endurance:7位
Yamaha France GMT 94 Ipone:9位
Suzuka 8HTeam Frontier Cleverwolf Racing:14位
Yamaha Austria R.T.:16位
JSB1000中須賀克行:4位、武田雄一:8位
AMA SBジョシュ・ヘイズ:チャンピオン、ベン・ボストロム:5位
2011
WSBK:ランキング2位と4位を獲得したM・メランドリとE・ラバティ
JSB1000:ランキング5位となった中須賀克行
レース戦績
WSBKマルコ・メランドリ:2位、ユージン・ラバティ:4位
EWCYamaha France GMT 94 Ipone:3位、Monster Energy Yamaha – YART:5位
Ymes Folch Endurance:7位、MACO RACING Team:9位
Suzuka 8HYAMAHA RACING FRANCE GMT94 IPONE:7位
JSB1000中須賀克行:5位
AMA SBジョシュ・ヘイズ:チャンピオン、ベン・ボストロム:5位
2012

第7世代:トラクション・コントロール・システム搭載

クロスプレーン型クランクシャフト採用エンジンに加え、ECU で前・後輪の車速差から後輪の空転状態を把握し、点火時期・燃料噴射量・スロットル開度(YCC-T)を統合制御するトラクション・コントロール・システムを新たに採用しトラクション特性をさらに向上させたモデル。加えて、F.I.及びECUセッティングを変更するなど、ドライバビリティと燃費の向上を両立。ボディデザインの刷新も行いスーパースポーツフラッグシップにふさわしい進化を遂げた。

最大出力:180PS/ 12.500rpm   車両重量:206kg

EWC:Suzuka 8Hでの3位など、ランキング3位を獲得したYamaha – GMT 94 – Michelin
JSB1000:通算3度目のチャンピオンを獲得した中須賀克行
レース戦績
EWCYamaha – GMT 94 – Michelin – Yamalube:3位
Monster Energy Yamaha – YART:6位
Yamalube Folch Endurance:8位
Suzuka 8HYAMAHA FRANCE GMT94 MICHELIN YAMALUBE:3位
JSB1000中須賀克行:チャンピオン、藤田拓哉:9位
AMA SBジョシュ・ヘイズ:チャンピオン、ジョシュ・ヘリン:4位
2013
EWC:ランキング4位を獲得したGMT94 YAMAHA
JSB1000:通算4度目のチャンピオンを獲得した中須賀克行
レース戦績
EWCGMT94 YAMAHA:2位、Monster Energy Yamaha – YART:5位
MACO RACING Team:7位
Suzuka 8HYAMAHA FRANCE GMT94 MICHELIN YAMALUBE:5位
MONSTER ENERGY YAMAHA -YART:8位
JSB1000中須賀克行:チャンピオン、藤田拓哉:11位
AMA SBジョシュ・ヘリン:チャンピオン、ジョシュ・ヘイズ:2位
2014
EWC:チームとして2度目、ヤマハとして3度目のチャンピオンを獲得したGMT94 YAMAHA
JSB1000:通算5度目のチャンピオンを獲得した中須賀克行
レース戦績
EWCGMT94 YAMAHA:チャンピオン、Monster Energy Yamaha – YART:6位
Suzuka 8HMONSTER ENERGY YAMAHA with YSP:4位
YAMAHA RACING GMT94 MICHELIN:9位
MONSTER ENERGY YAMAHA -YART:10位
JSB1000中須賀克行:チャンピオン、野左根航汰:8位、藤田拓哉:9位
中冨伸一:10位
AMA SBジョシュ・ヘイズ:チャンピオン、キャメロン・ボビエ:3位
2015

第8世代:No Excuse.

従来の「セカンダリーロード最速」から「サーキット最速」を目標にMotoGPマシン「YZR-M1」の技術思想を体感できる市販車として開発。高い出力性能に加え、市販二輪車初の6軸センサーを搭載するなど、高度な制御技術により高次元のハンドリングと走行性能を実現。上級モデルの「YZF-R1M」には、電子制御サスペンションやカーボン素材の軽量カウル、レースで役立つ各種情報を記録するインターフェイスを搭載している。

最大出力:200PS/13,500rpm   車両重量:199kg

EWC:ランキング2位となったGMT94 YAMAHA。R1は60周年記念カラー
Suzuka 8H:19年ぶり通算5回目の優勝を果たしたYAMAHA FACTORY RACING TEAM
JSB1000: 60周年記念カラーのR1で通算6度目のチャンピオンを獲得した中須賀克行
MotoAmerica:R1とともに初代チャンピオンとなったC・ボビエ。R1は60周年記念カラー
レース戦績
EWCGMT94 YAMAHA:2位、Monster Energy Yamaha – YART:10位
Suzuka 8HYAMAHA FACTORY RACING TEAM:優勝、GMT94 YAMAHA:6位
JSB1000中須賀克行:チャンピオン、野左根航汰:7位、中冨伸一:9位
伊藤勇樹:16位、藤田拓哉:18位
MotoAmericaキャメロン・ボビエ:チャンピオン、ジョシュ・ヘイズ:2位
2016
WSBK:2011年以来の復帰。ランキング11位・12位を獲得したS・ギュントーリとA・ローズ
Suzuka 8H:2連覇、通算6度目の優勝を果たしたYAMAHA FACTORY RACING TEAM
JSB1000:前人未到の5連覇、通算7度目のチャンピオンを獲得した中須賀克行
MotoAmerica:2連覇を果たしたC・ボビエ
レース戦績
WSBKシルバン・ギュントーリ:11位、アレックス・ローズ:12位
EWCGMT94 YAMAHA:2位、YART Yamaha Official EWC Team:6位
TEAM 3ART YAM'AVENUE:8位
Suzuka 8HYAMAHA FACTORY RACING TEAM:優勝
YART Yamaha Official EWC Team:4位
GMT94 Yamaha Official EWC Team:14位
JSB1000中須賀克行:チャンピオン、野左根航汰:5位、藤田拓哉:9位、中冨伸一:13位
MotoAmericaキャメロン・ボビエ:チャンピオン、ジョシュ・ヘイズ:2位
2017
WSBK:復帰2年目、ランキング5位・6位としたA・ローズとM・ファン・デル・マーク
EWC:チーム通算3回目、ヤマハとして4回目の世界チャンピオンとなったGMT94 YAMAHA
Suzuka 8H :3連覇、通算7回目の優勝を獲得したYAMAHA FACTORY RACING TEAM
JSB1000:ランキング5位・6位の野左根航汰と中須賀克行
レース戦績
WSBKアレックス・ローズ:5位、マイケル・ファン・デル・マーク:6位
EWCGMT94 YAMAHA:チャンピオン、YART – YAMAHA:3位
MACO RACING Team:6位、Yamaha Viltaïs Experiences:7位
MOTO AIN CRT:8位
Suzuka 8HYAMAHA FACTORY RACING TEAM:優勝
YART Yamaha Official EWC Team:5位
GMT94 Yamaha Official EWC Team:11位
JSB1000藤田拓哉:4位、野左根航汰:5位、中須賀克行:6位
中冨伸一:10位、近藤湧也:12位
MotoAmericaキャメロン・ボビエ:3位、ジョシュ・ヘイズ:4位
Episode 1

2003 – 鈴鹿8耐でJSB1000クラス優勝

2003鈴鹿8耐、ヤマハはトップチームから初めてR1をJSB100クラスに投入
2003鈴鹿8耐、ヤマハのライダーは中冨(左)と、現在、全日本ファクトリーチーム監督を務める吉川
2003鈴鹿8耐、総合2位・JSB1000優勝の表彰台に立つ中冨(左)と吉川

「YZF-R1」は、1997年のミラノショーでベールを脱いだ1000ccスーパースポーツである。600ccクラスに相当する乾燥177kgの軽量な車体と150PSのハイパワーな4気筒エンジンなどにより、「リッターマシンを自在に操る楽しさ」が満喫できる「スーパーコーナリングマシン」として一気に世界を席捲。その後もさらに進化を遂げたR1は大排気量スーパースポーツ市場を牽引するモデルとなり、他社もあいついでこの流れに追随した。

そうなると、これまで4気筒・750cc、3気筒・900cc、2気筒・1000ccまでの市販モデルをベースとして開催されてきたスーパーバイクなどのプロダクションレースに、4気筒・1000ccモデルを組み入れようとする動きが出てくることは自然な成り行きだった。

世界に先駆けて導入の口火を切ったのは、ホンダ、スズキ、カワサキ、ヤマハ各社が本社を置く日本。1999年から従来のスーパーバイク(SB)と混走で、S-NK(X-Formula)という排気量・改造範囲が広い独自のリッターオーバークラスが全日本選手権に設定され、R1もさっそくプライベーターたちの手によってこのクラスに登場。さまざまなヤマハ系チームで活躍したベテラン、長谷川克憲が1999年ランキング6位、2000年4位を獲得するなど、着実にその存在感を示した。

そして2002年、ますます高まる4気筒・1000ccモデルの人気を反映し、プライベーターでも参加しやすいよう改造範囲を厳しく制限したJSB1000が新設され、2003年には全日本選手権の最上位クラスとして位置付けられた。それと同時に、ヤマハトップチームもマシンを750ccのYZF-R7から第3世代のR1にマシンをスイッチし、新加入した中冨伸一とともにJSB1000クラスへの参戦を開始。他社系列の有力チームがずらりとそろうなか、ランキング6位に入る活躍を見せた。

さらにこの年、ヤマハは1994・99年の全日本SBチャンピオン吉川和多留と中冨、JSB1000仕様のR1によるトップチームを編成して鈴鹿8時間耐久レースに参戦。排気量や改造範囲が異なる5クラスの混戦をくぐり抜け、みごと総合2位、JSB1000クラス優勝を果たした。

Episode 2

2004 – 世界耐久シリーズを初制覇

2004鈴鹿8耐、ヤマハチーム最上位となる総合8位に入ったGMT94
2004鈴鹿8耐、GMT94はEWCシリーズポイント24を獲得し、チャンピオンに大きく前進
2004鈴鹿8耐に参戦するGMT94。左のライダーが若き日のチェカ

2004年、YZF-R1はクローズドデッキシリンダー採用の新型エンジンを新設計デルタボックスVフレームに搭載する第4世代へと進化し、数多くのエリア、カテゴリーのレースで活躍を見せた。
まず全日本選手権、R1とともにヤマハトップチームでJSB1000クラス参戦2年目を迎えた中冨伸一は、開幕戦こそリタイアに終わったものの第3戦筑波でみごと初優勝を果たし、ランキング3位となった。また欧州選手権スーパーストッククラスではロレンソ・アルフォンシがチャンピオンを獲得するなど、R1ライダーがランキング4位までを独占。さらにアメリカでも、R1を駆るアーロン・ゴバートがAMA選手権スーパーストックチャンピオンに輝いた。

だが、それだけではない。世界の舞台で眩しい輝きを放ったのが、フランスに本拠を置く耐久チーム、ヤマハGMT94である。その名のとおり1994年からレース活動を開始し、2002年、世界耐久選手権(EWC)ランキング3位。1000cc・4気筒マシンの参戦が可能となった2003年には、さっそくR1を投入し、ドイツのオッシャースレーベン24時間耐久で優勝を果たした。
そして翌年、ヤマハGMT94はデビッド・チェカ、ウィリアム・コステス、セバスチャン・ジンバートに新型R1を託し、第2戦・中国6時間耐久で優勝。ポイントリーダーとして乗り込んだ真夏の鈴鹿8時間耐久でも、序盤から転倒が相次ぐなかヤマハチーム最上位の総合8位/クラス3位に入り、着実にポイントを加算。さらに第5戦ドイツ・オッシャースレーベン24時間耐久でシーズン2勝目を挙げ、ライバルチームを大きく突き放したGMT94は、最終戦を待たずヤマハチームとして初のEWCチャンピオンに輝いた。
またこのシリーズで、同じR1を走らせたヤマハ・エンデュランス・モト38とヤマハ・オーストリア・レーシングもランキング3位、4位に顔をそろえ、ヤマハはマニュファクチャラーチャンピオンを獲得。これからのR1躍進を予感させるシーズンとなった。

Episode 3

2008 – 伝説の始まり。中須賀JSB1000を初制覇

2008全日本JSB1000最終戦、思わぬアクシデントに見舞われながら、走り抜いて初タイトルをつかんだ中須賀
2008全日本JSB1000最終戦、中須賀は右ステップを欠いたマシンで、ゆっくりとウイニングランを味わった
2008全日本JSB1000開幕戦、中須賀はチャンピオンをめざして会心の勝利を挙げた
2007全日本JSB1000第4戦、JSB1000参戦3年目の中須賀が初優勝を遂げた

2003年以降、世界的に1000cc・4気筒マシンのレース導入が本格化するなか、YZF-R1はモデルチェンジごとにレースを意識した性能開発のウェイトを高め、2007年にはYCC-T、YCC-Iという独自の電子制御技術を投入した新型エンジン、新設計フレームなどの採用により、いっそう大きく進化した。

このマシンを得て、全日本選手権で飛躍のきっかけをつかんだライダーが、中須賀克行である。250ccクラスでキャリアを重ね、2005年からJSB1000にステップアップした彼は、2006年、スーパーバイク世界選手権(WSBK)へ闘いの場を移した中冨伸一に代わってヤマハトップチームに加入。1年目こそランキング9位にとどまったものの、新型R1が投入された2007年、第4戦で初優勝。さらに第6戦で2勝目を挙げ、ランキング4位にジャンプアップした。

そして翌年、R1と良好なコンビネーションを築き上げた中須賀は、開幕戦から一気に2連勝。大雨の第4戦こそ転倒・リタイアを喫したが、そのほか最終レースを除くすべてで表彰台に上る盤石の強さを見せ、初めてのJSB1000チャンピオンに輝いた。

特にドラマチックだったのは、2レース制で行われた雨の最終戦。第1レースを着実に3位でフィニッシュした中須賀は、計画どおり後続とのポイント差をキープ。第2レースで12位に入ればチャンピオンが決まる……。しかし「その余裕から中盤で集中力を欠いた、その瞬間転んでしまって、もう終わりだと思った」(中須賀)。ところが、マシンを確認すると「右側ステップが折れていたけれど大丈夫!」「何としてもあと7周を走り切るんだ」そう心に決めて再スタートし、6位完走を果たした。

今なお続く“R1マイスター"中須賀克行の伝説は、こうして始まった。

Episode 4

2009 – “クロスプレーン"R1、世界を制す!

2009年最終戦ポルトガルでWSBKチャンピオンを決めたB・スピースとヤマハチーム
#19B・スピースはWSBK初参戦ながら優勝14回、ポールポジション11回を記録
2005年第7戦チェコで、芳賀がYZF-R1初優勝を果たした
2006年第3戦、WSBK参戦2年目の♯3阿部はシーズンベストの4位/4位を獲得
2007年、ヤマハ初のWSBKマニュファクチャラーチャンピオンに貢献した#11T・コルサーと♯41芳賀

世界耐久、JSB1000でチャンピオンを獲得し、ベースマシンとしてポテンシャルの高さを証明してきたYZF-R1だが、より高度なマシンづくりと連戦を戦い抜くタフなチーム力が求められるプロダクションレースの最高峰、スーパーバイク世界選手権(WSBK)でも躍進を見せた。

まずヤマハ発動機創立50周年にあたる2005年、フランスとイタリアの現地法人がサポートするチームから、元MotoGPライダーの阿部典史とセバスチャン・ジンバート、芳賀紀行とアンドリュー・ピットの4人が参戦。なかでも、750cc時代にYZF-R7を駆りランキング2位まで進出した経験を持つ芳賀は、シーズン序盤こそ低迷したものの、第7戦で優勝を飾ると後半一気に盛り返し、ランキング3位となった。

そして2007年、芳賀がランキング2位、チームメイトのトロイ・コルサーも5位に入り、ヤマハは初のWSBKマニュファクチャラーチャンピオンを獲得した。さらに2008年は、コルサーと芳賀がランキング2位、3位に食い込む活躍を見せたが、マニュファクチャラータイトルの連覇はならなかった。

すると2009年、ヤマハはさらなる飛躍をめざしてチーム体制を一新。アメリカのAMA選手権スーパーバイクで3連覇を果たしたベン・スピースとイギリス選手権からステップアップしてきたトム・サイクスをライダーに抜擢し、マシンもMotoGPマシンYZR-M1から技術フィードバックしたクロスプレーン型クランクシャフト採用の第6世代YZF-R1にスイッチした。

その成果はさっそく開幕戦から表われる。第1レースこそアクシデントで16位に終わったスピースが、第2レースで初優勝。続く第2戦も完璧なレース運びで第1、第2レースを制し、3連勝を果たした。その後、ポイントを失うレースもありながら着々と優勝、表彰台を重ねていくスピースは、ヤマハから移籍した芳賀と激しいチャンピオン争いを展開。10ポイントのビハインドを負って最終戦にもつれ込み、第1レースで優勝。ノーポイントに終わった芳賀を逆転すると、第2レースは慎重に5位でフィニッシュし、ヤマハ、R1ととともに初のWSBKチャンピオンに輝いた。

Episode 5

2010-2016 – ヘイズ、ヘリン、ボビエが繋いだ7連覇

2012年、AMAスーパーバイク3連覇を達成したJ・ヘイズ
2010年、スーパーバイクにステップアップして2年目のJ・ヘイズが、YZF-R1で初のチャンピオンを獲得
R1とともにスーパーバイクでのキャリアを重ねたJ・ヘイズが、2014年、4度目の王座に返り咲いた
MotoAmerica最初のシーズン、スーパーバイクチャンピオンもJ・ヘイズからC・ボビエに世代交代
C・ボビエがMotoAmericaスーパーバイクを連覇した2016年、YZF-R1も7年連続チャンピオンとなった

市販車ベースのマシンで行われるプロダクションレース、特に750cc、1000ccを超える大排気量カテゴリーにおいて、アメリカは1937年に始まったデイトナ200を源流に持つ先駆者であり、AMA統括のもとで独自の発展を果たしてきた。

そうしたなか、さらなる活性化をめざしてロードレース選手権の改編がはかられた2009年、ヤマハモーターUSAもチーム体制を強化。ジョシュ・ヘイズとベン・ボストロムの二人にクロスプレーン型クランクシャフト採用の第6世代YZF-R1を託し、スーパーバイククラスでランキング2位、5位を獲得した。

これをきっかけに大きく飛躍したのがヘイズ。2010年、全19レースのうち7勝を挙げて初のスーパーバイクチャンピオンに輝くと、翌年も連覇。続く2012年には、シーズン中盤の10連勝を含む20戦16勝という圧倒的な強さで3連覇を果たした。

しかし翌年、4連覇を阻んだのは、同じマシンに乗るチームメイトのジョシュ・ヘリン。それでもヘイズは、二人で獲得した14戦12勝のうち8勝を挙げてアメリカの“R1マイスター”と呼ぶにふさわしい実力を見せつけ、新しいチームメイトとしてキャメロン・ボビエを迎えた2014年、再びチャンピオンに返り咲いた。

ところが2015年、アメリカのロードレースはまたも大きく改革され、MotoAmericaシリーズとして新たなスタートをきった。このシーズン、ヤマハチームは最新の電子制御技術を駆使して生まれ変わった第8世代R1を手に入れ、いっそう揺るぎない優位を構築。ヘイズとボビエが互いに譲らぬハイペースで勝利を積み重ね、無敵の18戦全勝を達成した。

またそのなかで、1度しか表彰台を外さない着実な走りを維持したボビエが10勝を挙げたヘイズを4ポイント上回り、MotoAmericaスーパーバイク初代チャンピオンの称号を獲得。さらに翌年もヘイズの追撃をかわしてタイトルを守り、YZF-R1はアメリカの最高峰クラス7年連続制覇という記録を達成したのである。