YAMAHA TEAMS

#7YART Yamaha Official EWC Team

  • マシンYZF-R1
  • タイヤブリヂストン
#7 YART Yamaha Official EWC Team

「#7 YART Yamaha Official EWC Team」の運営母体であるYamaha Austria Racing Team(YART)は、その名の通り、オーストリアを拠点に、元ライダーのマンディ・カインツが率いるエンデュランスレースのスペシャリスト集団。2001年より活動を開始し、翌2002年に世界耐久選手権へ本格参戦をスタートした。2005年にランキング3位を獲得すると、2位、3位、2位とチャンピオン争いを繰り広げ、2009年には4勝をあげシリーズチャンピオンに輝いている。

2016-2017シーズンは、開幕戦でリタイアとなったが、第2戦のル・マンでは「#94 GMT94 Yamaha Official EWC Team」とトップ争いを繰り広げ2位、第3戦のオッシャースレーベンでも同様に2位、そして最終戦となる鈴鹿8耐では「#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM」に続くヤマハ勢で2番手の5位を獲得してランキング3位となった。今年は第1・2戦とリタイアに終わるも第3戦で優勝、しかし第4戦では無念のリタイアとなり最終戦を残しランキング13位となっている。

鈴鹿8耐を走るライダーは、チームの精神的支柱であり、世界トップを知るベテランのブロック・パークス。ドイツの若手トップライダーで、今年EWC参戦2年目となるマービン・フリッツ。そして昨年まで若手育成を担う「YAMALUBE RACING TEAM」で全日本のJSB1000に参戦してきた藤田拓哉選手、また今シーズンYARTの一員としてシリーズを戦ってきたマック・ノイキルヒナー選手という4人を招集。事前テストや体調などを考慮しベストな3人で本番に出場することとなる。

マシン「YZF-R1」は、YARTが独自に磨いた耐久レースのノウハウを詰め込んだ車両を使用。なお鈴鹿8耐では、R1・20周年を記念し「#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM」と同様の特別カラーで参戦。EWCの上位進出のためにも、昨年の5位を上回る表彰台圏内でのフィニッシュを目指す。

EWC戦績
2003年ランキング 7位
2004年ランキング 4位
2005年ランキング 3位
2006年ランキング 2位
2007年ランキング 3位
2008年ランキング 2位
2009年チャンピオン
2010年ランキング 3位
2011年ランキング 5位
2012年ランキング 6位
2013年ランキング 5位
2014年ランキング 6位
2015年ランキング 10位
2016年ランキング 6位
2017年ランキング 3位

Riders

ブロック・パークス

ブロック・パークス

  • 国籍オーストラリア
  • 生年月日1981年12月24日
マービン・フリッツ

マービン・フリッツ

  • 国籍ドイツ
  • 生年月日1993年4月10日
藤田 拓哉

藤田 拓哉

  • 国籍日本
  • 生年月日1994年11月28日

YZF-R1

#7 YART Yamaha Official EWC Team