YAMAHA TEAMS

#14磐田レーシングファミリー

  • クラスSuperstock
  • マシン2015 YZF-R1M
  • タイヤダンロップ
#14 磐田レーシングファミリー

※写真は2015年の画像です

1970年代に、ヤマハ開発部内の有志が集まり結成されたロードレースクラブ。ヤマハおよびグループ会社の社員で構成され、各部門の垣根を越えた多くのサポートで成立っており、まさに社員代表チームと言える。主な活動は、鈴鹿サーキットを中心に地方選手権や全日本選手権などへの参戦。「鈴鹿8耐」はその中でも最も重要な活動であり、先輩・後輩が実体験を通して、モノ創りを楽しさ、難しさを経験する人材育成の機会と位置づけている。もちろん、実際のレースでも上位を目指し、1978年の第1回大会から出場、2002年にはXフォーミュラークラス優勝/総合9位という成績も残している。

今大会のライダーは、IRFの部長でありチーム監督も務め、一人三役をこなす西村一之。入社後にレースをはじめ、2006年の鈴鹿4耐でレースデビュー。鈴鹿8耐は2012年に初参戦し今回が3回目となる。これに、スポットながら全日本最高峰のJSB1000を走り、8耐は今回で6回目の挑戦となる澤村元章。さらに、鈴鹿サンデーレースなどで腕を磨き、初の鈴鹿8耐参戦となる宮腰武という、サラリーマンライダー3人で戦う。

レース経験を通した人材育成とR1の実力を証明するという狙いから、チームスタッフもまた、市販車の開発に関わるなどの若い社員が担当。社員が一丸となり、昨年のSuperstockクラス5位/総合39位を超える成績を目指す。

Riders

西村 一之

西村 一之

  • 生年月日1982年9月7日
澤村 元章

澤村 元章

  • 生年月日1973年11月1日
宮腰 武

宮腰 武

  • 生年月日1981年5月28日