FACTORY TEAMS

#21YAMAHA FACTORY RACING TEAM

  • クラスFormula EWC
  • マシン2016 YZF-R1
  • タイヤブリヂストン
#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM

ヤマハ発動機創立60周年を迎えた2015年、13年ぶりにファクトリーチームを復活。かつて鈴鹿8耐に挑み、そして勝利を掴み取ってきたチームに劣らぬ、全日本チャンプとMotoGPライダーが手を組んだ布陣は、1996年の芳賀紀行/コーリン・エドワーズ以来、19年ぶり5回目の優勝を獲得した。そして2016年、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」が最速のチャレンジャーとして、1987年のマーチン・ウイマー/ケビン・マギー、1988年のウェイン・レイニー/ケビン・マギーによって成し遂げられた鈴鹿8耐2連覇の再現に挑む。

そのチャレンジャーは、昨年の優勝メンバーである中須賀克行、ポル・エスパルガロに、新しくアレックス・ローズが加わった。3人とも、実力は世界クラス。中須賀は、2015年の鈴鹿8耐の優勝をリーダーとして牽引し、全日本最高峰JSB1000では史上初の4連覇を達成した絶対的エース。昨年のTOP10 TRIALで見せたスーパーラップが記憶に新しいエスパルガロは、二輪ロードレース最高峰MotoGPのライダー。そしてローズは、今シーズンより活動を再開したスーパーバイク世界選手権におけるヤマハのエースである。監督は、全日本のファクトリーチームで指揮を執る吉川和多留。マシンは、鈴鹿8耐2年目で、さらに熟成が進んだ「YZF-R1」。まさに、最速のチャレンジャーに相応しい布陣で、大会2連覇を目指す。

#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM
Katsuyuki Nakasuga

Katsuyuki Nakasuga中須賀 克行

  • 所属県福岡県
  • 生年月日1981年8月9日

全日本ロードレース選手権の最高峰JSB1000で史上初となる4連覇、通算6回のチャンピオンを獲得している絶対的エース。今シーズンも同クラスに参戦しているが、その強さはますます際立ち、第5戦SUGO大会を終え、昨年第2戦以来10戦連続となるポール・トゥ・ウインでランキングトップに立ち、自身の持つ4連覇/通算6回目という記録を塗りかえようとしている。また、ヤマハのMotoGPマシン「YZR-M1」の開発も担当、2012年のバレンシアGPでは2位表彰台、昨年の日本GPでは8位を獲得しており、日本が誇る世界レベルのライダーだ。

鈴鹿8耐は、2005年に第3ライダーとして登録されたが決勝は不出場。初の決勝出場は2006年で、2012/2013年にはポールポジションを獲得。順位は2014年の4位が最高だったが、初のファクトリー体制で参戦した2015年では、MotoGPライダー2人を従え、チームの中心として、またR1最速ライダーとして念願の優勝に貢献した。今大会も大黒柱として、チームを2連覇に導く。

Racing Careerレースキャリア
成績鈴鹿8耐での成績
2005年全日本JSB1000 ランキング 12位
2006年全日本JSB1000 ランキング 9位リタイア
2007年全日本JSB1000 ランキング 4位リタイア
2008年全日本JSB1000 チャンピオン5位
2009年全日本JSB1000 チャンピオン
2010年全日本JSB1000 ランキング 4位
2011年全日本JSB1000 ランキング 5位リタイア
2012年全日本JSB1000 チャンピオンリタイア
2013年全日本JSB1000 チャンピオン8位
2014年全日本JSB1000 チャンピオン4位
2015年全日本JSB1000 チャンピオン優勝
Pol Espargaró

Pol Espargaróポル・エスパルガロ

  • 国籍スペイン
  • 生年月日1991年6月10日

2006年、15歳でGP125にデビュー。同年には、スペイン選手権の125ccでチャンピオンも獲得。2007年からGP125にフル参戦し、2011年にMoto2へステップアップすると、2012年には年間4勝でランキング2位。2013年は6勝を含む10回の表彰台に立ちチャンピオンを獲得した。

2014年に「Monster Yamaha Tech 3」からMotoGP参戦を開始してランキング6位、そして2015年ランキング9位。今シーズンは、開幕からサテライトライダートップを守り続け、第8戦を終了しランキング6位に位置する。

鈴鹿8耐初出場となった2015年は、現役MotoGPライダーとしてその実力をいかんなく発揮。初のR1、初の鈴鹿8耐という中で、TOP10 TRIALではチームメイトの中須賀を抑え、かつ2分6秒フラットという驚異的なタイムでポールポジションを獲得した。決勝もハイペースで大活躍し、チームを優勝へと導く原動力となった。唯一の現役MotoGPライダーとして参戦する2016年も、その速さから目が離せない。

Racing Careerレースキャリア
成績鈴鹿8耐での成績
2006年GP125 ランキング 20位
2007年GP125 ランキング 9位
2008年GP125 ランキング 9位
2009年GP125 ランキング 4位
2010年GP125 ランキング 3位
2011年Moto2 ランキング 13位
2012年Moto2 ランキング 2位
2013年Moto2 チャンピオン
2014年MotoGP ランキング 6位
2015年MotoGP ランキング 9位優勝
Alex Lowes

Alex Lowesアレックス・ローズ

  • 国籍イギリス
  • 生年月日1990年9月14日

地元英国で腕を磨き、特に世界的にもハイレベルなブリティッシュスーパーバイクでは3シーズンを過ごし、2013年には、ポールポジション13回、8回の優勝を含む表彰台21回という強さでチャンピオンを獲得。翌年から世界の舞台、スーパーバイク世界選手権に参戦を開始し2シーズンを過ごした。そして2016年、ヤマハとして、2011年以来のSBK復帰に合わせて設立した「Pata Yamaha Official WorldSBK Team」に加入。怪我などの影響で8戦を終えランキングは10位であるが、スピードスターとして、大きな期待を背負うライダーだ。

鈴鹿8耐への初参戦は2015年、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」のライバルとして激戦を繰り広げた。2016年は、世界最高峰のプロダクションレースを戦うR1ライダーとして心強い味方となり、ヤマハを2連覇達成に導く大きな力になってくれることだろう。

Racing Careerレースキャリア
成績鈴鹿8耐での成績
2008年ヨーロッパ選手権スーパーストック600 ランキング 16位
2009年ヨーロッパ選手権スーパーストック1000 ランキング 26位
2010年ブリティッシュスーパースポーツ ランキング 12位
2011年ブリティッシュスーパーバイク ランキング 20位
2012年ブリティッシュスーパーバイク ランキング 4位
2013年ブリティッシュスーパーバイク チャンピオン
2014年スーパーバイク世界選手権 ランキング 11位
2015年スーパーバイク世界選手権 ランキング 10位5位

YZF-R1

#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM