本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

レース情報



ロードレース世界選手権 MotoGP(モトGP)

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどMotoGPクラスに関する情報をお届けします。

Rd.08 9月20日 エミリア・ロマーニャ

RACE DATA

■大会名称:MotoGP第8戦エミリア・ロマーニャGP
■開催日:2020年9月19日(土)予選結果
■開催地:ミサノ/イタリア
■コースコンディション:ドライ
■気温:26度 ■路面温度:40度(Q2)
■PP:M・ビニャーレス(1分31秒077/ヤマハ)

REPORT

Monster Energy Yamaha MotoGPのM・ビニャーレスがウイーク2日目に好調ぶりを発揮。ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリのラップレコードを更新してポールポジションを獲得した。チームメイトのV・ロッシはセカンドローまであと0.047秒。ヤマハで通算250回目となるグランプリ決勝にグリッド7番手から臨む。

PETRONAS Yamaha Sepang Racing TeamのF・クアルタラロがQ2で3番手を獲得し、今季6回目となるフロントロースタート。チームメイトのF・モルビデリは依然として体調が万全でないなかで8番手獲得と健闘した。

ビニャーレスが3戦連続のポールポジション獲得

Monster Energy Yamaha MotoGPのM・ビニャーレスとV・ロッシは、熾烈な戦いとなったQ2で懸命のハードプッシュ。ビニャーレスは今回もピットインを2回行う作戦が功を奏し、ヤマハで自己通算13回目のポールポジションを獲得。ロッシはセカンドローを目前にしながら、チェッカーが振られたあとに7番手に後退した。

ビニャーレスは真っ先にコースイン。1分31秒647でトップ浮上後、すぐさまピットに戻り、前回のサンマリノGPでポールポジション獲得をもたらした2ストップの作戦を今回も採用する。この時点で一旦4番手に後退していたが、前回同様、他のライダーがピットに入る間に十分なクリアスペースを確保すると1分31秒386で2番手に浮上。さらに0.118秒短縮してトップに返り咲いた。

最後の3分間は激しいポール争い。2回目のピットイン後、1ラップだけのチャンスに賭けたビニャーレスは、ついにラップレコードを更新する1分31秒077秒を記録。2番手に0.067秒差でポールポジション獲得に成功した。

一方のロッシもQ2序盤から上位争いに加わる果敢な走り。最初のアタックで6番手につけ、次のトライで1分31秒729を記録すると3番手に浮上した。

ピットインの間に再び6番手に下げ、もう一度、挽回を目指すも、大勢に行く手を阻まれる苦しい状況のなかで9番手まで後退。しかしここから1分31秒569に短縮して5番手。さらに1分31秒436に縮めてトップに0.359秒差まで迫るが、順位では6番手に下げてセッションを終了した。このあとにライバルが上回ったため、ロッシはひとつ下げて7番手。ヤマハ加入後、通算250回目となるグランプリをグリッド3列目からスタートすることとなった。

PETRONAS Yamaha Sepang Racing Teamのクアルタラロがフロントロ-獲得。モルビデリも8番手と健闘

フリープラクティス第3セッション終盤までソフトコンパウンドのリアタイヤを残していたF・クアルタラロは、1分31秒359で3番手を獲得して難なくQ2へ進出。Q2はトップ11台がコンマ5秒にひしめく熾烈な戦いとなったが、クアルタラロは最終ラップで1分31秒222に短縮して3番手を獲得し、今季6度目となるフロントロースタートを決めた。

チームメイトのF・モルビデリもフリープラクティス第3セッションで好調を維持。1分31秒429でクアルタラロに続く4番手を獲得してQ2に進出した。体調不良のためマシンテストの参加を見送ったモルビデリは今で万全の状態ではないものの、Q2では懸命の努力で1分31秒566を記録し8番手を獲得した。

RESULT

COMMENT

Monster Energy Yamaha MotoGP
M・ビニャーレス選手談(予選トップ/1分31秒077)

「全力で仕事に取り組み、しっかり結果を出すことができました。明日もこのハードワークの成果が実を結ぶことを期待し、チーム全員で最大限まで力を出し切るつもりです。マシンはとても好調で満足しています。決勝とコンディションが同じフリープラクティス第4セッションで、非常にリラックスできていたので期待できます。今日はおもに、決勝用セッティングにフルタンクの状態で走ることに集中しました。明日はまた新たな改革のチャンスですが、もしもそうならなかったとしたら、次回また挑戦します。ポテンシャルは高く、しかもここからさらに高めることができると考えています。最高レベルを目指します」

V・ロッシ選手談(予選7番手/1分31秒436)

「ここミサノでの2戦目。ライバルたちがレベルを上げてきたなかで、私自身も同様に進化しており手ごたえを感じています。マシンセッティングを向上させて、より力強く走れるようになっています。午後のフリープラクティス第4セッションではフィーリングもペースも上々だっただけに、予選の順位には少しがっかりです。ポールに0.3秒差まで迫ることができましたが、マシンの好調ぶりを考えれば、もっと上を目指せるだけのポテンシャルがあるはずだからです。重要なタイムアタックのラップで十分に力を出し切れなかったことが残念です。それでもまだ7番手にいます。大勢が好調ですが、私たちもまた良いペースを持っています。グリッド3列目となれば、スタートからすべてをうまくやらなければならない厳しい状況ではありますが、さっきも話したように、私は先週より強くなり、先週、苦戦したところも改善できています。明日はまた上位を目指していきます」

M・メレガリ、チーム・ディレクター談

「全体的に非常に順調でした。MotoGPのレベルの高さと、先週以降の皆の進化ぶりを見せつけられ、Q2が非常に熾烈な戦いになることは予想できていました。マーベリックは初日の金曜日にやや苦戦しましたが、今日は再び調子を取り戻し、1ラップの速さもロングランのペースも先週以上に強くなっています。多くの周回数を気持ちよく走れているようなので、明日は大いに期待しています。バレンティーノのほうは、すべてのセクターのベストタイムを総合すればコンマ2秒も速いので、わずか0.047秒差で2列目を逃したことは残念です。とは言え、フリープラクティス第3セッションで見せたようにマシンの好調ぶりに自信を持っていますし、彼はいつでも、決勝になれば何か特別なことをやってくれることを私たちは知っています。今回も非常にタフなレースになることは間違いありませんが、100%の決意でトップを目指していきます」

PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team
F・クアルタラロ選手談(予選3番手/1分31秒222)

「非常に厳しい予選セッション。マシンのフィーリングもあまり良くない状態でした。そのなかで、第14コーナーでミスをしたにもかかわらず好タイムが出たときには自分でも驚きました。一番の目標にしていたフロントローを獲得でき、しかもペースも上々なのでハッピーです。フリープラクティス第4セッションでは多くのことを試していたので苦労もありましたが、ペースが良く、自信を持つことができました。決勝では7~8台が優勝を狙える状況。スタートが非常に重要になるので、昨日からしっかり取り組んできたつもりです。非常に見応えのある面白いレースになるでしょう。そのなかで好成績を勝ち取りたいと思います」

F・モルビデリ選手談(予選8番手/1分31秒566)

「体調は昨日よりは良くなっていますが、まだ100%回復したわけではありません。走行中は苦しいところもあり、予選セッションではエネルギー不足で思い通りのアタックができませんでした。明日までもう少し休養し、決勝にできるだけ備えたいと思います。ペースはそれほど悪くないのですが、タイヤについてはまだ決まっていません。ウイーク中ずっと体調が優れず、テストも欠席し、未だ100%の状態ではないなかで、先週以上に過酷なレースになりそうです。大勢のタイムが接近しており厳しい戦いです」

ページ
先頭へ