本文へ進みます

ロードレース世界選手権 MotoGP(モトGP)

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどMotoGPクラスに関する情報をお届けします。

Rd.03 4月14日 アメリカズ

 

RACE DATA

■大会名称:第3戦アメリカズGP
■開催日:2019年4月12日(金)フリー走行、13日(土)予選、14日(日)決勝
■開催地:オースティン/テキサス州

CIRCUIT DATA

■開設:2012年
■コース長:5.513km
■サーキットレコードラップ:2分3秒575(2014年:M・マルケス)
■サーキットベストラップ:2分2秒135(2015年:M・マルケス)
■2018年の優勝者:M・マルケス(ホンダ)

REPORT

Monster Energy Yamaha MotoGP、第3戦出場のためテキサスへ

Monster Energy Yamaha MotoGPは、ヨーロッパ・ラウンド前の最後のフライアウェイ・レースとなるアメリカズGP出場のためテキサス州オースティンへ向かう。前回アルゼンチンでは明暗を分けたV・ロッシとM・ビニャーレスが、Circuit of The Americas(COTA)でともにトップバトルを目指す。

第2戦アルゼンチンGPでは、125ccクラスデビューからちょうど23年目にハードバトルを制して2位表彰台を獲得したロッシ。今回の目標は、現在のランキング3位からさらに順位を上げること。COTAは好きなコースのリストには入っていないものの、ここでグランプリが開催されるようになった2013年以来、2度、表彰台に上っている。2015年の3位と2017年の2位に続いて今回は、そのひとつ先を狙う。

一方、アルゼンチンでは転倒したビニャーレス。この結果としてランキングは11位に後退したが、幸い怪我はなかったため、心身ともに影響を引きずることなく強い決意を持って第3戦に臨む。COTAでは開催初年度の2013年にMoto3クラスで2位、翌2014年にはMoto2で優勝、そしてMotoGPでは昨年、2位を獲得してそれぞれ表彰台に上っている。

2013年に建設され、その年にMotoGPコースに加えられたCircuit of The Americas。全長5.513kmに高速ストレートとタイトなヘアピンが織り交ぜられており、チームとライダーにとっては攻略の難しいコースでもある。11の左コーナーと9つの右コーナー、そして1,200mのロングストレートにセッティングを合わせるため、精確なバランスが求められる。とくに旋回角度が急な第1コーナーは、スタート直後だけでなくレース中もオーバーテイクの最大の見どころのひとつとなるだろう。

PETRONAS Yamaha Sepang Racing TeamのクアルタラロとモルビデリがアメリカズGPで好成績を目指す

MotoGP World ChampionshipはアルゼンチンからUSAへ。PETRONAS Yamaha Sepang Racing TeamのF・クアルタラロとF・モルビデリは、テキサス州オースティンにあるCircuit of The Americasで第3戦に臨む。

COTAの愛称で知られるこのコースは、グランプリ・サーキットのなかで最多の合計20のコーナーを持つ。クアルタラロとモルビデリは過去に他のクラスに参戦して好成績も残している。

前回のアルゼンチンGPではMotoGPライダーとして初ポイントを獲得したクアルタラロ。この8ポイントによって第2戦終了時点でルーキー勢トップタイに立っており、第3戦を迎える今回は、2015年にMoto3参戦2回目で達成した表彰台への復活を狙っている。

チームメイトのモルビデリは2017年、COTAでMoto2優勝を果たしたあとチャンピオンに輝いた。昨年は21位に留まっているが、MotoGP参戦2シーズン目となる今シーズンは気持ちも新たに上位争いを目指す。

決勝は現地時間、日曜日の午後2時にスタート。全20ラップで行われる。

ページ
先頭へ