本文へ進みます

ロードレース世界選手権 MotoGP(モトGP)

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどMotoGPクラスに関する情報をお届けします。

Rd.12 9月4日 イギリス

 

RACE DATA

■大会名称:MotoGP第12戦イギリスGP
■開催日:2016年9月2日(金)フリー走行、3日(土)予選、4日(日)決勝
■開催地:シルバーストーン/イギリス

CIRCUIT DATA

■開設:1948年
■コース長:5.902km
■サーキットレコードラップ:2分01秒941(2013年:D・ペドロサ)
■サーキットベストラップ:2分00秒234(2015年:M・マルケス)
■2015年の優勝者:V・ロッシ(ヤマハ)

REPORT

Movistar Yamaha MotoGP、シルバーストーンへ向けて準備万端

Movistar Yamaha MotoGPのV・ロッシとJ・ロレンソが、イギリスはシルバーストーンで開催される第12戦に臨む。

ロッシは前回のブルノで2位とし今季5回目の表彰台を獲得。好調を維持したままシルバーストーンに挑む。流れるような高速コーナーがお気に入りで、2015年に初優勝を成し遂げた。また過去にはドニントン・パークでも多くの好成績を残しており、2002年、2004年、2005年はMotoGPで、2000年と2001年にはGP500でそれぞれ優勝を果たしている。

一方、前回は苦しいレースを強いられたロレンソ。今回は、2010年、2012年、2013年と、過去6年間で3回の優勝を果たしてきた相性の良いサーキットで、チェコGPでの雪辱を果たすべく、4回目の優勝を目指す。

シルバーストーンは、2010年からMotoGPを開催。レイアウトの変更を受けてMotoGPサーキットのなかでも最も速いコースのひとつに生まれ変わり、ライダーたちからの評価も高い。ここにイギリスの熱狂的ファンが作り出すすばらしい雰囲気も相まって、シーズンにおける重要な大会のひとつとなっている。

COMMENT

Movistar Yamaha MotoGP
V・ロッシ選手談

「シルバーストーンにはすばらしい思い出がある。特に去年は非常に難しいコンディションのなかでいいレースをして、結果的に優勝することもできたから、とてもうれしかったんだ。今年は好天を期待しているけれど、イギリスの天気はあてにならなくてね... シルバーストーンは大好きで、とても楽しいけれど、体力的には厳しいところで、非常に長いコースのなかに多くのハイスピード・コーナーがある。低速にも高速にもしっかり対応できる完璧なセッティングが求められるので、いつものようにあらゆる要素と向き合いながらベスト・リザルトを目指していきたい」

J・ロレンソ選手談

「オーストリア、チェコと2週連続のレースは、期待したものとはほど遠い結果になってしまった。でもこの記憶を消すことはできないのだから、これからもひとつひとつのレースを大事にして、日々ベスト・リザルトを目指すだけだ。シルバーストーンはお気に入りのひとつなので、僕らの力を最大限に発揮して、楽しんで走りたいと思っている。でも残念ながら、変わりやすい天候にいつも翻弄されてしまうんだ。ここでまた好レースを見せることができるとうれしいね」

M・メレガリ、チーム・ディレクター談

「今回は、YZR-M1には相性の良いシルバーストーンが戦いの舞台。ここ数年は常に好成績をあげてきた場所なので、今年も自信を持って臨むことができる。また先週の月曜日に行ったIRTAテストでは、いくつかのニュー・アイテムを試して良い結果を得ることもできた。それらを投入することで、さらなるパフォーマンス向上が期待できるだろう。ふたりのライダーはこのコースのレイアウトを気に入っており、走りをエンジョイできるはず。最近はイギリス人ライダーが活躍するようになってきているので、いつも以上に多くの観客が集まってくれることを期待している」

ページ
先頭へ