本文へ進みます

全日本トライアル選手権 IAスーパー

ヤマハの参戦ライダー、マシンなど IAスーパーに関する情報をお届けします。

Rd.04 7月19日 北海道

RACE DATA

■開催日:2015年7月19日
■開催地:和寒町・わっさむサーキット
■観客:700人
■気温:31度
■天候:晴れ
■競技:8セクション×3ラップ+SS-2セクション
■持ち時間:4時間30分(8セクション×3ラップ)
■最多クリーン数:黒山健一(ヤマハ)19

REPORT

黒山健一が今季2勝目を獲得、野崎史高は4位

YAMAHA FACTORY RACING TEAMの黒山健一はチャンピオン奪還をめざして第1戦は優勝し開幕ダッシュに成功したが、第2戦と第3戦は小川友幸(ホンダ)が連勝、黒山は3位、2位となりタイトル争いでトップの小川に5ポイント差をつけられていた。黒山にとって第4戦はこれ以上負けられない大会になった。今年もわっさむサーキットで行われた北海道大会は、台風11号の影響で雨の予報だったが快晴に恵まれ、暑さとの戦いにもなった。国際A級スーパークラスの競技は4時間30分の持ち時間で8セクションを3ラップした後、より難易度が高く観客がみやすいように設定された2つのスペシャルセクション(SS)に挑んだ。

トップライダーたちにとってほとんどのセクションはクリーン(減点0)可能なものだったが失敗して減点5となるリスクも高く、互いにクリーンしたかと思えば失敗するなどして抜きつ抜かれつ、最後まで見る者をハラハラドキドキさせる大接戦となった。1ラップ目は小川毅士(ベータ)がわずか減点5点でトップに立ち、黒山が1点差の6点で2番手につけていた。野崎史高(YSP京葉×KEN OKUYAMA)は10点で3番手、小川(友)は14点で4位と出遅れていた。しかし、2ラップ目は小川(友)が最少減点4で追い上げる。一方、小川(毅)と黒山、野崎の3名はそれぞれ減点10を加算。2ラップ目終了時点のトータルでは小川(毅)15点がトップのまま、1点差で黒山16点、小川(友)18点、野崎20点と接戦が続いていた。そして3ラップ目、黒山がなんと最少減点2をマークして、3ラップ目は6点を加えた小川(毅)を逆転。減点18点の黒山が小川(毅)に3点差をつけてトップに躍り出た。ところが、小川(友)も3ラップ目は最少減点2で激しく追い上げ、トータル20点で小川(毅)を逆転して2番手に浮上していた。

こうして迎えたSSはまさに最後の大決戦。トップの黒山18点から2番手の小川(友)20点、3番手の小川(毅)21点、そして4番手の野崎27点までそれぞれに優勝の可能性が残されていた。注目のSS1つ目のセクションは非常に難易度が高く、結果的に上位4名は全員減点5となった。この時点で、優勝争いは黒山23点、小川(友)25点、小川(毅)26点の3名にしぼられた。そして最終セクションでハッキリと明暗が分かれることになった。ここを見事にクリーンした黒山が、小川(友)のトライを待たずに優勝を決定、待望の今季2勝目を上げるとともに通算80勝の偉業を達成した。黒山と同じく最終セクションをクリーンした小川(毅)が2位、最後に失敗した小川(友)は3位となったため、ポイントランキングで黒山は小川と同ポイントに並び、最新の大会で勝った黒山が第1戦以来3戦ぶりのランキングトップに返り咲いた。

次回第5戦・中国大会は9月6日、岡山県の原瀧山トライアルパークで行われる。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン 減点/クリーン
1 黒山健一 YAMAHA FACTORY RACING TEAM Yamaha 減点23/クリーン19
2 小川毅士 So7WiseBetaTeam Beta 減点26/クリーン18
3 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 減点30/クリーン17
4 野崎史高 YSP京葉×KEN OKUYAMA Yamaha 減点37/クリーン19
5 柴田暁 HRCクラブMITANI Honda 減点44/クリーン12
6 田中善弘 So7WiseBetaTeam Beta 減点55/クリーン10
7 野本佳章 モトベント&Beta Beta 減点59/クリーン12
8 吉良祐哉 チームナミタ Gasgas 減点83/クリーン6
9 藤原慎也 Trial Team Fujiwara&ぱわあくらふと Ossa 減点86/クリーン5
10 砂田真彦 オートテクニックスポーツ(ATS) Honda 減点88/クリーン4
11 加賀国光 トライアル エクスチェンジ Sherco 減点90/クリーン6
12 成田亮 ハザードブレーカーズBETA Beta 減点92/クリーン3
13 佐藤優樹 HRCクラブ関東SWまるやま Honda 減点93/クリーン5

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 黒山健一 Yamaha 72
2 小川友幸 Honda 72
3 野崎史高 Yamaha 60
4 小川毅士 Beta 56
5 柴田暁 Honda 43
6 田中善弘 Beta 41

COMMENT

黒山健一選手談(優勝)

「勝てて良かったです、ホッとしました。小川(友)選手や小川(毅)選手、野崎選手もそうだと思いますが誰が勝ってもおかしくなく、クリーンするか5点になるか本当に紙一重の勝負でした。SS1つ目のセクションをクリーンか1点で終え、楽にしたかったのですが5点になってしまったのが残念でした。それでも結果的に、久しぶりに勝って今季2勝目を上げることができて良かったです。年間7戦しかない全日本での通算80勝は、優勝を積み重ねた結果ですし、長年やっているなぁというのが実感です。でも今シーズンはまだあと3戦あるのでしっかり体調を整えて臨みたいですし、オートバイの調子は非常に良いので、このペースを守っていきたいと思います」

野崎史高選手談(4位)

「今日はクリーンと5点しかなかったので、これではダメですね。5点は一発のダメージがかなり大きいので、悪くても3点のセクションを増やせば順位も変わったはずですから。タイムオーバーで5点になるセクションもあったのが痛かったですね。調子は悪くないのですが、今日はラッキー、アンラッキーが全部アンラッキーの方に向いちゃったかなという感じです。これから挽回できるように頑張ります」

木村治男監督談

「今日はホッとしたというか、黒山選手は前回ケガをして心配していましたが、今回はケガも治りました。心臓が止まりそうな接戦でしたが、これで振り出しに戻った感じです。これからまた選手たちを応援していこうと心を新たにしたところです。野崎選手も良い感じなのが結果に結びつかないので、その点でも気持ちを新たにして後半戦に向かいたいと思います」

ページ
先頭へ