本文へ進みます

全日本トライアル選手権 IAスーパー

ヤマハの参戦ライダー、マシンなど IAスーパーに関する情報をお届けします。

Rd.06 10月11日 中部

RACE DATA

■開催日:2015年10月11日
■開催地:愛知県・キョウセイドライバーランド
■観客:2,400人
■気温:25度
■天候:雨のち曇り
■競技:12セクション×2ラップ+SS-2セクション
■持ち時間:5時間(12セクション×2ラップ)
■最多クリーン数:黒山健一(ヤマハ)/21

REPORT

黒山健一、激しく追い上げて2位
野崎史高は惜しくも3位

残り2戦となったうちの1戦、第6戦中部大会は昨年と同じ愛知県のキョウセイドライバーランドで行われた。昨年の黒山健一(ゼッケン2)は第6戦中部大会でまさかの4位となり、最終戦で勝ちながらもタイトルを逃す結果となった。その雪辱を晴らすべく臨んだ今大会だが、今季の黒山は前回第5戦中国大会で2位となりポイントランキングトップ小川友幸(ゼッケン1)との差は3ポイント。黒山が自力でタイトル獲得するためには、今回何としても勝たなければならなかった。一方、野崎史高(ゼッケン3)は前回の4位を挽回すべく今大会に挑んだ。

大会当日は朝から雨で昼前にはやんだが、雨による路面状態の悪化が考慮されてセクションはやさしめに設定されていたため、ミスが許されない戦いとなった。国際A級スーパークラスの競技は5時間の持ち時間で12セクションを2ラップした後、インターバルをおいて観客がより見やすく難易度が高くて見ごたえのある2つのスペシャル・セクション(SS)で最後の勝負が行われた。

1ラップ目の黒山は第1セクションから第8セクションまでを唯一人すべてクリーン(減点0で走破)して、ライバルたちをリードしていた。ところが後半に失敗を重ねた黒山は1ラップ目終了時点の暫定結果で4位にまで落ちてしまう。1ラップ目1位は昨年の中部大会で初優勝した小川毅士(ゼッケン4)。小川(毅)と同じ減点3ながらクリーン数が少ない小川(友)が2位。野崎が1点差の減点4で3位につけ今季初優勝を狙った。黒山は減点13で大きく出遅れていた。 しかし、2ラップ目の黒山は今度は第9セクションまで唯一人9連続クリーンをマークして、激しく追い上げた。だが、黒山は後半で再びミスが目立ち追い上げきれない。2ラップ終了時点の暫定結果は1位小川(友)減点11、2位野崎・減点14、3位黒山・減点19となり、SSでの優勝争いはこの上位3名にしぼられた。

SSの1つ目のセクションは小川(友)と黒山がクリーン、この時点で小川(友)と黒山は8点差のため黒山の優勝はなくなった。一方、野崎はここで減点2となったが、トップの小川(友)とは5点差で、SSの2つ目の最終セクションでの逆転優勝の可能性は残された。巨大なタイヤや高さ170cmの壁に挑む最終セクションでは、野崎が惜しくも失敗。黒山はこの難関を唯一人クリーン、野崎を逆転して2位を獲得した。小川(友)は最後に減点1となったが優勝。これで小川(友)と黒山のタイトル争いは6ポイント差になったため、小川(友)は次の最終戦SUGOで3位以内に入ればチャンピオンとなる。黒山は最終戦で勝つことが求められている。 黒山は今回2位となったが、4位からの猛追と最多クリーン数21、最終セクション唯一のクリーンで観客を沸かせた。野崎も優勝まであと一歩の活躍を見せた。

次回第7戦(最終戦)・東北大会は11月1日、宮城県のスポーツランドSUGOで行われる。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン 減点/クリーン
1 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 減点12/クリーン18
2 黒山健一 ヤマハファクトリーレーシングチーム Yamaha 減点19/クリーン21
3 野崎史高 YSP京葉×KEN OKUYAMA Yamaha 減点21/クリーン18
4 小川毅士 So7Wise Beta Team Beta 減点34/クリーン16
5 田中善弘 So7Wise Beta Team Beta 減点81/クリーン6
6 柴田暁 HRCクラブMITANI Honda 減点83/クリーン5
7 野本佳章 モトベント&Beta Beta 減点90/クリーン2
8 加賀国光 トライアル エクスチェンジ Gasgas 減点101/クリーン3
9 成田亮 ハザードブレーカーズBETA Beta 減点102/クリーン1
10 吉良祐哉 チーム ナミタ Gasgas 減点114/クリーン0

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 小川友幸 Honda 112
2 黒山健一 Yamaha 106
3 野崎史高 Yamaha 88
4 小川毅士 Beta 84
5 柴田暁 Honda 64
6 田中善弘 Beta 60
7 野本佳章 Beta 50
8 加賀国光 Sherco 34
9 成田亮 Beta 30
10 吉良祐哉 Gasgas 20

COMMENT

黒山健一選手談(2位)

「後半の第9~第12セクションが上手くいけば勝てたのですが、残念でした。第1~第8セクションは2ラップとも全てクリーンしたので、調子の方は全然問題ないです。SSで野崎選手を逆転することができたのはラッキーでした。SS最後の170cmの壁上りは去年は全然上がれなかったので、気持ち良くクリーンすることができて良かったです。最終戦はタイトルのことはあまり意識せずに、“最終戦は僕が絶対に勝つ”という気持ちでいきたいと思います」

野崎史高選手談(3位)

「今日は優勝を狙える位置の2位から、最後のセクションで3位まで滑り落ちてしまったのが悔しくて残念ですね。不本意な減点もありましたが、走り自体は全然悪くなかったと思います。今年から2サイクルに乗り換えたマシンがかなり良い形に仕上がってきているので、この調子をキープして最終戦は優勝できるように頑張ります」

木村治男監督談

「今日は露骨に勝ちたかったですけれども、選手も別に調子が悪いわけではなくて。アンラッキーなところがあって結局2位3位で残念だったですけれども。あと1戦ありますし、黒山選手の最終セクションの素晴らしい走りもありましたので。気持ちを切り替えて、最後まであきらめないで目標に向かっていきます」

ページ
先頭へ