本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

レース情報



全日本ロードレース選手権 JSB1000

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどJSB1000に関する情報をお届けします。

Rd.01 4月19日 鈴鹿

RACE DATA

■大会名称:2015年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦 鈴鹿2&4レース
■カテゴリ:JSB1000
■開催日:2015年4月19日(日)
■会場:鈴鹿サーキット(5.821Km)
■周回数:20周
■天候:曇り ■コース:ドライ
■観客数:28,000人
■PP:津田 拓也(2分06秒103/Suzuki)
■FL:津田 拓也(2分07秒049)

REPORT

中須賀克行&新型YZF-R1が開幕戦で2位表彰台を獲得!!

今年からファクトリー体制が復活し、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」からの出場となった中須賀克行。新しい体制、新しいヤマハ「YZF-R1」での戦いとなったが、マシンはまだ完璧には仕上がっておらず、予選は4番手となった。

決勝日朝のウォームアップラップ走行では、中須賀はウエット路面の中で2番手タイムを記録。しかし決勝までに雨は止み、レースはドライ路面でスタートした。

1周目を5番手で戻ってきた中須賀は、2周目に山口辰也(ホンダ)を抜き4番手に上がる。そして翌3周目には高橋巧(ホンダ)をパスして3番手に浮上、さらに4周目のシケインでは津田拓也(スズキ)をも抜き去り2番手となった。

しかし、ここから中須賀、渡辺一樹(カワサキ)、津田の激しいトップバトルが始まる。5周目に中須賀は津田にパスされて3番手に順位を落とす。その津田は6周目に渡辺をパスしてトップに立ち、中須賀はこの後、渡辺との激しい2位争いを展開する。そして13周目のヘアピンに登場したバックマーカーを、渡辺と中須賀が挟み込むようにパス。バックストレートから130Rで渡辺が中須賀の前を走るが、続くシケインで中須賀が渡辺を抑えると二人の勝負は決着する。

13周目を終えて、トップ津田と中須賀とのタイム差は1秒1。中須賀はジワリとその差を縮め始めるのたが、17周目に中須賀はバックマーカーに引っかかっると、この周を終えた段階でその差は1秒7に広がっていた。さらにこの後も中須賀は要所でバックマーカーに引っかかると、単独2位でチェッカーを受けた。

また、若手育成を担う「YAMALUBE RACING TEAM」の野左根航汰は、スタートで出遅れて15〜16番手。1周目を11番手で終えると、その後も着実に順位を挽回して5位でチェッカーを受けた。なお、チームメイトの藤田拓哉は金曜日の走行中に転倒して左膝を負傷。大会審査委員の裁定で出走不可となった。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 津田 拓也 ヨシムラスズキシェルアドバンス Suzuki 42'32.065
2 中須賀 克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM Yamaha 42'34.381
3 渡辺 一樹 TeamGREEN Kawasaki 42'40.785
4 高橋 巧 MuSASHi RTハルク・プロ Honda 42'43.860
5 野左根 航汰 YAMALUBE RACING TEAM Yamaha 42'53.153
6 JOSH HOOK F.C.C.TSR Honda Honda 42'55.798
7 山口 辰也 TOHORacingwithMORIWAKI Honda 42'56.140
8 中冨 伸一 HiTMAN RC甲子園ヤマハ Yamaha 42'56.753
9 柳川 明 TeamGREEN Kawasaki 42'57.580
10 浦本 修充 MuSASHi RTハルク・プロ Honda 43'16.853
11 秋吉 耕佑 au & テルル ・ Kohara RT Honda 43'40.573
12 今野 由寛 MotoMap SUPPLY Suzuki 43'43.147
13 生形 秀之 エスパルス・MFDレーシング Suzuki 43'47.329
14 渡辺 一馬 au & テルル ・ Kohara RT Honda 43'47.848
15 酒井 大作 CONFIA Flex Motorrad 39 BMW 43'50.945
16 寺本 幸司 Team Tras 135HP BMW 43'59.634
17 Troy HERFOSS Honda DREAM RT 桜井ホンダ Honda 43'59.771
18 小島 一浩 Honda熊本レーシング Honda 44'00.318
19 高橋 英倫 桜プロジェクト&MF Kawasaki 44'10.373
20 吉田 光弘 Honda熊本レーシング Honda 44'10.584
30 澤村 元章 磐田レーシングファミリー Yamaha 43'18.357
31 吉田 和憲 icu racing team & モトキッズ Yamaha 43'24.122

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 津田 拓也 Suzuki 25
2 中須賀 克行 Yamaha 22
3 渡辺 一樹 Kawasaki 20
4 高橋 巧 Honda 18
5 野左根 航汰 Yamaha 16
6 JOSH HOOK Honda 15
8 中冨 伸一 Yamaha 13

COMMENT

YAMAHA FACTORY RACING TEAM
中須賀克行選手(2位)

「新しいチーム体制、新しいマシンで開幕戦優勝を狙っていたので悔しいけれど、まだマシンをまとめきれていない状態で、2位に入れたのだからシーズンを考えれば満足しています。来週はオートポリスでのレース、なんとかマシンを仕上げてレースに臨みたい」

吉川和多留監督

「中須賀選手は、現在置かれた環境の中で最高の成績を残してくれました。マシンをまとめきれていない状態で不安もありましたが、レースではチャンピオンらしい戦いを見せてくれました。もちろん狙うのは優勝であり、次のオートポリスではしっかりとマシンを仕上げて臨みます。応援していただいたみなさんに感謝しています」

YAMALUBE RACING TEAM
野左根航汰選手(5位)

「スタートでの失敗から、自分でもよく5位にまで挽回できたなと思っています。最後まであきらめずにプッシュし続けた結果だと思います。新しいチーム、新しいR1とも、とてもいい感じで、この体制で開幕戦鈴鹿で5位に入れたのは自信になりました。次戦オートポリスは、事前テストで調子が良かったので、なんとしてでも上位フィニッシュしたいです」

難波恭司監督

「野左根選手が開幕戦で5位に入りましたが、最後までラップタイムを落とすことなく走り続けてくれて、ライダー自身の、そしてマシンのポテンシャルをフルに発揮してくれました。一方で、藤田選手が怪我をしてしまいましたが、チームとして精神面でのコントロールができなかったと反省しています。ただ、事前テストで藤田選手は好タイムをマークしていて、ライダーとしての速さを証明しているので早く復帰してほしい。二人のライダーがそろって表彰台に立つことがチームの目標でもあります。また、多くの方のサポートがあってこの開幕戦を迎えられたことに感謝しています」

ページ
先頭へ