本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

レース情報



全日本ロードレース選手権 JSB1000

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどJSB1000に関する情報をお届けします。

Rd.06 9月13日 オートポリス

RACE DATA

■大会名称:2015年 MFJ 全日本ロードレース選手権 第6戦九州
■カテゴリ:JSB1000
■開催日:2015年9月13日(日)
■会場:オートポリス(4.674km)
■天候:晴れ
■観客数:15,010人
■PP:中須賀克行(Yamaha)
■FL:中須賀克行(1分46秒638/Yamaha)

REPORT

中須賀克行が4戦連続でポールtoウィン!
JSB1000クラス4連覇に向けて大きく前進!

YAMAHA FACTORY RACING TEANの中須賀克行が、オートポリスで行われた全日本ロードレース第6戦で完全勝利した。

9月11日(金)の走り出しから、12日(土)の予選Q1、Q2、13日(日)の朝フリー、そして決勝レースのすべてでリーダーボードのトップに名前を連ねた。

スタートで珍しくミスをして順位を落とした中須賀だが、オープニングラップで3位に、そして2周目には高橋巧(ホンダ)に次ぐ2位でコントロールラインを通過。その後、7周にわたり渡辺一樹(カワサキ)、津田拓也(スズキ)を交えて激しいトップ争いを展開する。そして10周目の第1コーナーで中須賀は高橋をパスしてトップに立つと、すぐにペースを上げ、11周目には2番手に上がった渡辺に1秒095のタイム差を築く。

その後も中須賀はペースを緩めることなくトップを独走すると、19周目にはレース中のファステストラップ1分48秒638を記録するなど、2位の津田に3秒697の大差をつけて今季4勝目を記録した。

なお、YAMALUBE RACING TEAMの野左根航汰と藤田拓哉は、両者スタートで出遅れてしまうが、野左根は巻き返して5位でチェッカー。藤田はギリギリで加賀山就臣(スズキ)をパスして10位でレースを終えた。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 中須賀 克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM Yamaha 34'42.001
2 津田 拓也 ヨシムラスズキシェルアドバンス Suzuki 34’45.698
3 渡辺 一樹 TeamGREEN Kawasaki 34'46.864
4 高橋 巧 MuSASHi RTハルク・プロ Honda 34'46.982
5 野左根 航汰 YAMALUBE RACING TEAM Yamaha 34'53.384
6 山口 辰也 TOHORacingwithMORIWAKI Honda 34'55.843
7 柳川 明 TeamGREEN Kawasaki 34'58.824
8 JOSH HOOK F.C.C.TSR Honda Honda 35'09.769
9 中冨 伸一 HiTMAN RC甲子園ヤマハ Yamaha 35'13.897
10 藤田 拓哉 YAMALUBE RACING TEAM Yamaha 35'17.429
11 加賀山 就臣 Team KAGAYAMA Suzuki 35'17.751
12 今野 由寛 Moto Map SUPPLY Suzuki 35'36.133
13 渡辺 一馬 au&テルル・Kohara RT Honda 35'36.887
14 酒井 大作/武石 伸也 CONFIA Flex Motorrad 39 BMW 35'42.397
15 武石 伸也 CONFIA Flex Motorrad 39 BMW 36'13.716
16 寺本 幸司/児玉 勇太 Team Tras 135HP BMW 36'13.807
17 中津原 尚宏 オートテクニックスポーツPGR Honda 36'14.101
18 須貝 義行 チームスガイレーシングジャパン Ducati 36'14.813
19 吉田 光弘 Honda熊本レーシング Honda 36'14.936
20 Honda熊本レーシング Honda熊本レーシング Honda 36'32.474
21 北折 淳 Honda緑陽会熊本レーシング Honda -1 Lap
22 森 健祐 HondaブルーヘルメットMSC熊本 Honda -1 Lap
23 原田 洋孝/中山 智博 RS-ガレージハラダ姫路 Kawasaki -1 Lap
24 樋口 耕太 H.L.O RACING Suzuki -1 Lap

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 中須賀 克行 Yamaha 122
2 高橋 巧 Honda 85
3 津田 拓也 Suzuki 79
4 渡辺 一樹 Kawasaki 79
5 野左根 航汰 Yamaha 72
6 JOSH HOOK Honda 71
14 中冨 伸一 Yamaha 37
15 藤田 拓哉 Yamaha 31
17 伊藤 勇樹 Yamaha 29

COMMENT

YAMAHA FACTORY RACING TEAM
中須賀克行選手(優勝)

「スタートで失敗してしまい、追い上げのレースになってしまいました。高橋選手の後方で様子を見ていましたが、朝フリーほどタイヤがグリップしなくて、なかなかペースを上げることができませんでした。そうしたら渡辺選手に抜かれてしまい、このままではいけないとスイッチが入りました。トップに立ってからスパートをかけましたが、いいペースでマージンができたので、レース終盤では無理をせずに走りました。ウイークを通して完璧でした」

吉川和多留監督

「久しぶりの全日本仕様YZF-R1でのレースだったので、金曜日の走り出しは注意して行くようにと指示を出しました。しかし、そうした心配を払拭するように中須賀選手は好タイムをマークしてくれて、そのスキルの高さを示してくれました。決勝レースのスタートでは出遅れてしまいましたが、うまくレースをコントロールして、シリーズ後半戦のスタートレースをいい形で終えることができました。応援していただいたファンのみなさん、関係者の方々に感謝しています」

YAMALUBE RACING TEAM
野左根航汰選手(5位)

「スタートで出遅れてしまい、どうなることかと思いましたが、うまく挽回できてレース前半はトップ集団に加わることができました。ただ、レース終盤になると中須賀さんをはじめトップの数人はペースを上げて、自分はそのペースアップについていけませんでした。今回は自分の力を出し切っての5位でしたが、この上のポジションに行くためには、いろいろな課題をクリアしなければならないと思っています」

藤田拓哉選手(10位)

「今回、ようやく単独で出走することができました。ただ、ウイークを通してマシンをまとめきれませんでした。スタートでは経験がないほどに出遅れてしまい、第1コーナーではさらに後続に抜かれましたが、これで吹っ切れて、徐々にペースを上げるとこができました。セッティングが決まらないままでしたが、決勝レースで、レースウイークでの自己ベストを記録することができました。すでに残りのレース数が少ないですが、精一杯頑張ります」

難波恭司監督

「チームとして、やっと2人のライダーがそろっての戦いができました。ただ、2人ともスタートで失敗してしまい、レース内容も課題の残るものでしたが、こうした課題をいかにクリアして成長していくかが我々のチームの意義でもあるので、今回の2人のデータを分析して、次戦に臨みたいと思います。応援していただいた方々に感謝いたします」

ページ
先頭へ