本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 JSB1000

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどJSB1000に関する情報をお届けします。

Rd.08 10月7日 岡山

RACE DATA

■大会名称:2012全日本ロードレース選手権シリーズ第8戦岡山大会
■カテゴリ:JSB1000クラス 
■開催日:2012年10月7日(日)
■開催地:岡山国際サーキット(3.703km)
■観客:5,500人 ■天候:晴れ ■コース:ドライ
■PP:中須賀克行(Yamaha/1分29秒111)
■FL:秋吉 耕佑(Honda/ 1分28秒872)

REPORT

中須賀克行、今季4勝目を飾る

YZF-R1を駆る中須賀克行が今季4勝目を飾った。前大会でポールポジションを獲得して優勝している中須賀は、今回の岡山国際でもポールポジションからスタート、終盤では後続を引き離して独走して優勝。4戦連続ポールの2連勝で今季4勝目を飾った。

土曜日のノックアウト予選では、Q1、Q2、Q3と全セッションでトップタイムをマーク。これで筑波、SUGO、オートポリスに続き4戦連続でのポールポジション獲得となった。日曜日の決勝では、好スタートでホールショットを奪う。2番手には秋吉耕佑(ホンダ)が続き、中須賀と秋吉が接戦を演じながら後続を引き離していく展開。5周目ころまでは、両者ともに1分29秒台のラップが続いたが、徐々に秋吉のラップタイムが落ち始め中須賀との差が広がっていく。8周目にはトップ中須賀と秋吉との差は約1秒となり、以後も速いペースを維持する中須賀が独走体制を築く。17周目終了時点で、トップ中須賀と2番手・秋吉とのタイム差は7秒7。中須賀がゴールラインを通過すると、最終コーナーに秋吉が現れるというほどのタイム差となった。そして最終的に8秒2差で中須賀はウイリーでゴールした。なお、柳川明(カワサキ)は3位となり、ランキングポイントでは、トップの中須賀と2番手の柳川との差は28ポイントに広がった。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 中須賀 克行 ヤマハYSPレーシングチーム Yamaha 30'04.975
2 秋吉 耕佑 F.C.C.TSR Honda Honda 30'13.201
3 柳川 明 TEAM GREEN Kawasaki 30'19.133
4 山口 辰也 TOHORacingwithMORIWAKI Honda 30'32.946
5 今野 由寛 MotoMap SUPPLY Suzuki 30'51.482
6 清水 郁巳 ホンダドリームRT高崎 B'WISE RT Honda 30'56.843
7 武田 雄一 Team KAGAYAMA Suzuki 31'04.640
8 吉田 光弘 Honda緑陽会熊本レーシング Honda 31'06.021
9 東村 伊佐三 RS-ITOH&ASIA Kawasaki 31'06.197
10 須貝 義行 チームスガイレーシングジャパン Ducati 31'10.765
11 須磨 貞仁 CONFIA HMF Suzuki 31'15.465
12 片平 亮輔 8810RwithMCR Honda 31'15.686
13 原田 洋孝 RSガレージハラダ姫路 Kawasaki 31'38.848
14 戸田 隆 ファーストスター>RIBE BMW 31'42.191
15 田村 武士 テイクアップOIRF Suzuki 30'14.296 (-1 Lap)
16 村上 雅彦 チームムラカミ&ウッドストック Kawasaki 30'14.490(-1 Lap)
17 西中 綱 HondaDREAMRT和歌山 Honda 30'17.129 (-1 Lap)
18 高田 速人 TEAM Tras&8810R BMW 30'33.877(-1 Lap)
19 岸本 悟 39くまHKF&ウッドストック Suzuki 30'44.744 (-1 Lap)
20 藤本 悦生 TeamFuji☆LunRei Suzuki 30'47.610(-1 Lap)
21 吉田 和憲 救急救命戦隊!icu RT Yamaha 30'58.619(-1 Lap)
22 今津 比呂志 プラスワン MCRT Kawasaki 31'04.433(-1 Lap)
23 藤枝 稔 バナナハンズレーシング Yamaha 31'07.878(- 1 Lap)
24 和多瀬 邦治 スピードハート&オーテック鈴鹿 Honda 31'40.943(-1 Lap)
藤田 拓哉 DOG FIGHT RACING・YAMAHA Yamaha 30'26.645 (-9 Laps)

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 中須賀 克行 Yamaha 144
2 柳川 明 Kawasaki 116
3 山口 辰也 Honda 102
4 加賀山 就臣 Suzuki 85
5 須貝 義行 Ducati 75
6 今野 由寛 Suzuki 68
12 藤田 拓哉 Yamaha 42

COMMENT

中須賀克行選手談(優勝)

「レースウイークに入ってから、シフトがニュートラルに入ってしまうというトラブルが続いていたので、レースでは、意識してシフト操作するようにしていました。それでもレース中盤で一度、その症状が出てしまい、そのときに後方を確認したのですが、この段階で秋吉選手が離れていたので安心しました。チャンピオン獲得に向けて、手応えはありますが、やはり最後まで勝利にこだわっていきたい。最終戦の鈴鹿のフルコースでは優勝経験がないので、今年はぜひとも優勝してチャンピオンを決めたいです」

櫛田好信監督談(YSP大阪箕面)

「中須賀選手とは以前から何度かお会いしていますが、今回サーキットでお会いしたとき、とてもいい表情をしていたので、やってくれると感じていました。レースが始まってしばらくは秋吉選手との接戦となり、少しハラハラしましたが、終わってみれば完璧なレースでしたし、チャンピオン獲得に向けて大きな1勝でした。ここまで来たら、最後までビシッと決めていただきたい。中須賀選手のことですから、決めてくれると思っています。チームのみなさんも、本当にご苦労さまでした」

ページ
先頭へ