本文へ進みます

全日本ロードレース選手権 JSB1000

ヤマハの参戦ライダー、マシンなどJSB1000に関する情報をお届けします。

Rd.02 4月15日 鈴鹿

RACE DATA

■大会名称:2012全日本ロードレース選手権シリーズ第2戦鈴鹿
■カテゴリ:JSB1000クラス
■開催日:2012年4月15日(日)
■開催地:鈴鹿サーキット(5.821km)
■天候:薄曇り ■コース:ドライ
■周回数:15周
■PP:加賀山就臣 (スズキ/2分07秒255)
■FL:高橋 巧 (2分07秒044)

REPORT

中須賀克行が2位入賞を果たす

ヤマハYSPレーシングチームからヤマハYZF-R1を駆り参戦した中須賀克行が、2位入賞を果たした。

4月14日(土)のノックアウト方式の予選は、1台のマシンのオイル漏れの影響でコース修復に時間を擁し、30分間のタイムアタック方式でグリッドが決定。中須賀は加賀山就臣(スズキ)、高橋巧(ホンダ)に次ぐ3番グリッドからレースを迎えた。

決勝は、絶好のコンディションとなり、好スタートを切った中須賀は、1周目を加賀山に次ぐ2番手で終了。3周目のS字コーナーで、中須賀は高橋にパスされて3番手に下がる。6周目には、200Rでマシンが振られてしまい、2番手の加賀山に約1秒の差をつけられてしまった。だが、8周目からリズムを取り戻すと、13周目に加賀山をパスしてスパート。徐々にトップ高橋とのタイム差を縮めるが、結果、1秒623差で2位のチェッカーを受けた。

RESULT

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 高橋 巧 MuSASHi RT ハルクプロ Honda 31'59.184
2 中須賀 克行 ヤマハYSPレーシングチーム Yamaha 32'00.807
3 加賀山 就臣 Team KAGAYAMA Suzuki 32'07.121
4 柳川 明 TEAM GREEN kawasaki 32'22.215
5 山口 辰也 TOHORacingwithMORIWAKI Honda 32'38.563
6 安田 毅史 Honda鈴鹿レーシングチーム Honda 32'38.732
7 津田 拓也 ヨシムラスズキレーシングチーム Suzuki 32'39.001
8 出口 修 エヴァRT弐号機トリックスターFRTR Kawasaki 32'41.439
9 辻村 猛 テルル & イー・モバイル★KoharaRT Honda 32'55.351
10 酒井 大作 Team Motorrad39 BMW 32'56.337
11 今野 由寛 Moto Map SUPPLY Suzuki 32'57.704
12 須貝 義行 チームスガイレーシングジャパン Ducati 32'58.686
13 徳留 和樹 Honda鈴鹿レーシングチーム Honda 32'59.365
14 東村 伊佐三 RS-ITOH&ASIA Kawasaki 33'03.904
15 藤田 拓哉 DOG FIGHT RACING・YAMAHA Yamaha 33'25.616
16 片平 亮輔 8810RwithMCR Honda 33'25.990
17 須磨 貞仁 CONFIA HMF Suzuki 33'38.758
18 久保山 正朗 Honda浜友会浜松エスカルゴ Honda 33'39.421
19 鈴木 大五郎 BKRS☆ファクトリーヒロ Suzuki 33'44.282
20 大内田 実 DOGFISHオーテックスズカ Honda 33'53.829

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 高橋 巧 Honda 47
2 中須賀 克行 Yamaha 47
3 加賀山 就臣 Suzuki 38
4 柳川 明 kawasaki 38
5 山口 辰也 Honda 32
6 須貝 義行 Ducati 23
8 藤田 拓哉 Yamaha 16
22 澤村 元章 Yamaha 6

COMMENT

中須賀克行選手(2位)

「マシンのセットアップが難しく、2分7秒台前半での勝負ができない状態でした。周回を重ねるたびにリズムが出てきて、うまく乗れるようになりましたが、今度は200Rでマシンが振られてしまい、ペースを戻すのに時間がかかってしまいました。マシンの完成度を上げるにはもう少し時間がかかりそうですが、次の筑波は、チーム一丸となってマシンを仕上げ、頑張ります。応援ありがとうございました」

長野靖浩テクニカルディレクター

「今回は、ライダーの望むマシンを作ることができず、本当に迷惑をかけてしまいました。前回の優勝、今回の2位は、ライダーの力に助けられたものです。次の筑波までに、我々スタッフは、出来ることを精一杯やって、現在の問題点に立ち向かっていきます。今回は、YSP河内の板倉昌監督をはじめ、総勢81名の方に応援に駆けつけていただきましたが、応援してくださった全国のYSPのみなさん、ファンのみなさん、サポートしていただいた多くの方に感謝しています。ありがとうございました」

板倉昌監督談(YSP河内)

「81名の応援団を結成しましたが、その約半数がロードレース初体験ながら、みなさんロードレースは本当に楽しいと満足していただけました。今回は、バイクでツーリング気分で応援に来ましたが、優勝はできませんでしたが中須賀選手は2位に入る走りを見せてくれましたし、興奮しました。サーキットには、バイクを楽しむ原点があると感じました。鈴鹿8耐にも中須賀選手が出場するそうですし、全日本ロードレースの最終戦がここ鈴鹿なので、また応援に来られたらと思っています。中須賀選手をはじめスタッフのみなさん、これからも頑張ってください」

ページ
先頭へ